(補足)苫米地英人氏についての印象

(補足)苫米地英人氏についての印象

昨日発言を引用させていただいた苫米地氏ですが、私は彼の意見に完全同意ではないので念のため。

【昨日の引用記事】

「ロシア人がネオナチに虐殺されている」はデマ? 正反対テンプレの解

全く苫米地信者というわけではありませんし、彼の動画を観たのも実は昨日で二回目です。

「苫米地って何やってる人なのかよく知らない。実績ない人でしょ?」と言うひろゆき氏※ほど無知ではなくて、苫米地氏がオウム真理教のディープな洗脳を受けた被害者のカウンセリングをしていた心理学博士だ、という程度の知識はあります。その点では苫米地氏を尊敬しています。カルト思想に染まった人の洗脳を解いて目覚めさせるのは地上で最も難しく、貴重な仕事だと思いますので。

IQビジネスについては私も首を傾げますが、「大人向けIQテストは訓練で点数を上げることができる」という事実を知らしめたうえで攻略法を教えている点、資格試験講座を売る会社とあまり変わらないかもと思います(ただIQテストは国家資格と違って現実に全く役立ちませんが。趣味の資格と思えば良い)。

 

ひろゆき氏の動画での見解について述べています。動画のコメントにも殺到している通り、キッズカリスマに過ぎないひろゆき氏よりは苫米地氏のほうが遥かに高い実績があります。無知ほど他人をバカにするの典型と思いました。炎上事件でもそうだったが、ひろゆき氏は知識ある年上相手によくこんなマウントが取れるよなと呆れますね。ひろゆき氏のほうこそ実績は「パクったシステム掲示板2ちゃんねる運営者」というだけ、吊るしあげリンチの殺人で金儲けした人でしょう。自殺した遺族からの損害賠償を笑顔で踏み倒してきた。そんなサイコパスな過去を知らない子供を騙して今はYouTubeで金儲けしているキッズカリスマ…といったところ。過去のリンチ殺人事件を隠して子供向けに布教活動している共産主義者に似ていますね。実際、最近のひろゆき氏はフランスへ移住した結果、すっかりポピュラー気取りで左翼に染まっている印象。(真性共産主義者ではないがデュープスと言えるかな)

 

まあ、苫米地氏のビジネスについてはどうでもいいと私は思います。

それよりウクライナについて一方的な「正義」の報道で埋め尽くされている今、冷静に「ウクライナ側の圧倒フェイク」について指摘をしたことは本当にありがたかった。感謝です。彼はメディアに買収されていない数少ない識者のようです。

実は、苫米地氏の世界情勢についての見方には少々アメリカ礼賛的な考え方が目立ち、ゆえに近未来の予測ではずしているところも多々あるようです(たとえば、「ロシアは絶対にウクライナ侵攻しない」と断言したりなど)。

それはおそらく首謀者が見えていないから。世界情勢の本筋――長い歴史を眺めたうえでの本質的な骨組み――を観ないで現代の表層的な情報だけ分析されていることの表れだと思います。

「認知戦」が行われていることに気付いていても、具体的な謀略を読むのは難しいですね。

日々の情報分析、「今」の情報だけでフェイクか否かを判断しようとしても限度があります。長期の歴史から大きく構造を読んで現状と照らし合わせるべきかと。

 

今回の謀略は複雑なので私も読み誤っているかもしれませんが、一応構造を読んでいます。そのため今のところ近未来予測はだいたい実現しています。残念なことに。

【続き。認知戦を行っている首謀者たちの話】

認知戦とは? メディアが上から「民意」を強制、あなたが兵器となる時代

悪事を行っている者たちの本当の根っこ・真の首謀者については、私もまだ把握しきれていません。たいていの謀略に共産社会主義者が関わっているとはずっと指摘していますが、それすら近代限定の名。彼ら悪魔の本当の名ではないでしょう。

この人類に対する壮絶な罪を犯しているウソつきたちの“真の名”※は何であるのか、これからも探っていくつもりです。悪魔を滅殺するには真の名を呼ぶ必要があるようです。

 

※今のところ推測するに、彼らの真の名は「キリスト教」と思います。理由:

共産主義者が虐殺する理由と、対抗する方策を提言【共産社会主義の分析2】

 

【苫米地氏でおススメ動画】苫米地氏が個人で語る動画はあまり面白くありませんが、東京MX『バラダン』での発言は整理されていて有意義です。古い話ながら以下おススメ。2020年~21年おさらい。

・これ、覚えていますか? 初日から中国共産党に配慮した大統領令に署名しまくったバイデン大統領。米国ウイルス学者ファウチ博士、ダスザック博士による武漢への資金供与と武漢ウイルス研究所調査で行われた「忖度」について。トランプ政権が中国の犯罪をストップするために行ったことの全てが無効にされました:

 

・打ってしまった人には気の毒だけど、mRNAワクチンがいかに恐ろしいものか、その仕組みについて分かりやすく解説されています。これでも「陰謀論。デマデマ」か?:

(削除された場合)ニコ動リンク

Translate »