keiの記事一覧

1/6ページ

「蒼天すでに死す」の意味とは? 蒼を漢王朝と訳すのは間違い〔香港水革命との関係〕

三国時代の直前、後漢末。乱世のきっかけとなる「黄巾の乱(こうきんのらん)」が起きます。 これは道教系の宗教集団である「太平道(たいへいどう)」を率いる教祖、張角(ちょう・かく)が起こした民衆蜂起です。 このとき、張角が掲げたスローガン 「蒼天已死 黄天當立」 (蒼天すでに死す 黄天まさに立つべし) は大変有名です。 しかし道教にあまり馴染みのない日本人には理解が難しいのか、中国史専門家やプロの作家 […]

中国武術、カンフーと思想の関係【ご質問回答4】

ご質問回答、第四弾です。今回はカンフーなど中国武術について。   前回のご質問回答記事: 中国「堀墓」風習と、死後世界に関する思想【ご質問回答3】   本当は今日「法家」について書こうと思っていたのですが(孔明の紹介はそのための準備)、少し疲れてしまったのでまた後日、時間のあるときに致します。 今日は肩の力を抜いて書けそうなこちらのご質問に回答させていただきます。   […]

孔明ってどんな人だったの?に回答。諸葛亮の性格、実像エピソード紹介

『三国志』フィクションで派手に描かれることの多い諸葛亮・孔明。 「奇策を弄する天才軍師」「冷たく厳しい法家」という描かれ方をされていますが、史実はその一般イメージと大きくかけ離れた人物です。 当記事では初心者さんから中級者さんのために、史書に記録されたエピソードを抜粋しながら諸葛亮の実像をご紹介していきます。   〔2018/1/20筆、移動。次回記事の準備としてトップ上げ。戦闘に関する […]

『三国志TK』陸毅さんは諸葛亮のイメージに合わない…ですか??(追記あり)

ちょっと息抜きで雑談。 当ブログのプロフィールを少し書き換えました。 記事で年寄りぶっているわりに年齢を書いていなかったことに気付き、このブログに来られる方なら分かりやすいだろう例にて、ぼんやりと世代を示してみたもの。 ほぼ年齢そのものを書いているようなものですが(笑)、数字を書かない事情は察してください。 ※数字を書くとネット上で色々不都合があるゆえ   上のプロフィールでリンクするた […]

中国「堀墓」風習と、死後世界に関する思想【ご質問回答3】

前回に引き続き、若い方々からいただいたご質問に回答していきます。 今回は中国人が「悪人の墓を掘る」風習と、死後世界に関する思想について。長い話となりましたので単記事としました。 前回のご質問回答記事: 中国ってなんであんなに残虐なの? 皆の疑問【ご質問回答2】 〔アイキャッチ画像:兵馬俑 byacworksさん〕   質問:中国には悪人や暗愚の墓を壊したり掘り起こしたりするのはどんな思想 […]

三国志展のガイダンス映写から読む、中国共産党の思惑

東京国立博物館で開催されている※『特別展 三国志』も残すところ本日のみとなった。 祝日でもあり相当に混雑することが予想される。 本日行かれる方は押し合って怪我などされないよう、気を付けてください。   ※2019/9/16筆です。前記事の関連としてこれも新着に上げておきます。〔常体記事〕 『三国志展』ネットの反応 『三国志展』について私は良い印象を持てなかったが、 ネットの反応を見るとや […]

曹操、葬礼が華美ではないだけで名君扱いの謎と、孔明「七縦七擒」

先日※、NHKで真夜中にひっそりと放送された『古代中国英雄伝説「曹操と孔明」』という番組を観た。 前半は曹操の墓についての話だった。「人々に憎悪されている人物は墓を掘られて骨もバラバラにされてしまう」という実例を見た。 後半は諸葛亮。「蜀を攻撃してきた異民族たちを拘束しても、すぐに解放して客人扱いした(これを七回繰り返した)」エピソードについて。   ※これは2018年7月4日に書いた記 […]

中国ってなんであんなに残虐なの? 皆の疑問【ご質問回答2】

こちらは二十代くらい、若い方々からいただいたご質問です。おそらく現代ニュースを眺めて、多くの若い方が同じ疑問を抱いているのではと思います。 匿名にてご質問を引用、回答させていただきます。   質問:中国はいつから今のような独裁的な感じになったのか? 回答:1949年、中華人民共和国が建国したときからです。※ “独裁的”な王朝は古代から何度か興りましたが、民や豪族の反乱に遭って比較的に短命 […]

中国思想の歴史をポイント解説。中華、王朝ごとの思想は?【ご質問回答1】

ご質問をたくさんいただいています。感謝です。 各思想の基礎を解説する前ですが、全て書き終えるまで時間がかかるので、先に少しずつご質問の回答を書いていきます。 ※ご質問文は匿名で引用させていただきます 〔アイキャッチ画像:中国 桂林杉湖の日月塔 byTK Kurikawaさん〕   ご質問: 時の政権(王朝など)に最も影響を与えた思想は何か?(儒家と法家でしょうか? また政権が統治もしくは […]

儒教とは何か【中国思想をわかりやすくガイド!1】

現代中国~東アジア情勢を考えるのに、中国の思想知識は欠かせません。 これは古臭い漢文の話ではなく、たった今・現在を動かしている生きたエネルギーだからです。 特に東アジア情勢が大きく動き始めた昨今は中国思想の重要性が増しています。中国政府も、他の東アジア諸国も、同じ思想(近代思想含む)を前提として動いているのです。   でも思想の話は難しいし、本もたくさん出ているし、…「何から学んだら良い […]

1 6
Translate »