未分類

4/4ページ

「曹操の歴史的役割を認め、諸葛孔明の虚像を暴いた本」の嘘と真相

〔2020/10/7解説〕これは昨今の日本で展開されている「諸葛孔明を侮辱して貶めろキャンペーン」へ、初めて言及した記事です。 この記事ではまだ控えめに書いているのが分かるかと思います。 気が狂っているとしか思えない妄想的な解釈、人間性の欠片もない誹謗中傷・侮辱を書き込む妖怪たちを“気色悪い奴らだなあ”と思って眺めていましたが、私には意見を述べる権利がないと思って黙っていました。それに当時はまだ頭 […]

三顧礼の真相。本当にあった? なかった? 考えてみる

この記事はかつて限定公開での投稿で書いたものですが、客観的な部分のみ公開しておきます。 かつて異説をバカにした歴史学者たちが、昔から自分が唱えてきたような顔をし始めた 正統な記録書とされる『蜀志/諸葛亮伝』には、劉備が諸葛亮の庵を訪れた時が初対面であった、と記録されています。 しかし何度も書くように、陳寿の記録書(本編に)は政策的な意図で事実を捻じ曲げた箇所が多いので、真実なのかどうか考えながら読 […]

孔明はHSPか?

孔明の性格記事で「HSP」と書きましたが、ご説明が必要と思うので他から転載しておきます。 HSPとは何か 「HSP」とは「ハイリー・センシティブ・パーソン(Highly sensitive person)」の略で、日本語に訳すと「超高感度人間」となります。 生まれつき感受性のセンサーが高いため、音や光が苦手だったり、少しのことで傷付いてしまったりします。いわゆる“繊細”タイプです。神経質と言われる […]

現代的“諸葛亮後世評価”考(諸葛亮の「後世評価」について)

陳寿ら後世の人々による諸葛亮への評価について、感想です。この記事では100%現代視点、現筆者の考えを書きます。   後世評価の引用と、久しぶりの陳寿評に思うこと リライト記事で引用追加するため、久しぶりにウィキペディアの「諸葛亮」項を覗いたところずいぶん改良されていて驚きました。 長いことフィクションの知識しか書き込まれない、幼稚で劣悪なページだったのが数年でここまで改良されるとは。 特 […]

諸葛亮の後世評価、引用

この記事は資料としての後世評価引用です。 三国志初心者の方で、「孔明ってどんな人?」ということを簡単に知りたい方はこちらの記事がおススメです。 孔明ってどんな人だったの?に回答。諸葛亮の性格、実像エピソード紹介   『諸葛亮伝』陳寿評 全文訳 諸葛亮は相国(大臣)になると、人民に安居楽業を保証し(国民に安心の暮らしを保証し)、礼法や規律を明確にし(規則などをはっきりと示した)、官吏の権限 […]

1 4
Translate »