用語定義

このブログで使っている言葉の定義を掲げておきます。

〔左翼、共産社会主義〕

このブログでは文章を簡略化するため、マルクス思想から派生した共産・社会主義思想に感化された者たちのことを、武闘派穏健派関わらず全て一括りに「共産(社会)主義者」または「左翼」と呼ぶことにしています(現代では全ての共産主義者がマルクス主義を源とした思想を学び、程度の差こそあれ影響されているため)。左翼という言葉の本来の意味「革新者」「進歩主義」は、当ブログでは含みません。

〔差別の定義〕

左翼の行いを批判することについて「差別だ!思想弾圧だ!」と言う人たちがいるでしょう。しかし「差別」とは、本人の意志ではどうにもならない民族・血統・文化・家系的宗教の属性を理由とする不当な扱いを指すものであり、自分の意志で選んだ思想(新興宗教)については含まないと筆者は考えます。

日本国憲法では「思想信条の自由」が保障されていますが、そもそも「自由とは他者の権利を害さない範囲において」許容されているものです。他者を誹謗中傷し人格を傷付ける・嘘をついて他者に危害を及ぼす・国家破壊のための工作を行う・他者に暴行を加える・他者の命を奪う……等々、左翼が行ってきた自己中心の犯罪まで無限に「自由」が与えられるという意味ではありません。

左翼団体はその破壊的活動を理由として「反社会的組織」と指定される対象です。それら犯罪を教唆している思想書があるなら批判せねばなりません。

なお、左翼思想を持つ者を死刑にする、マルクス思想書を発禁処分として現存の書籍は焚書する…等々などの過酷な弾圧までは必要ないと私は考えます。そのような人道に反することはやってはならないと思いますし、弾圧したところでかえって思想が正当性を得て逆効果となる場合があります。

だから弾圧に繋がることのないよう充分に注意せねばなりませんが、殺人を教唆する思想は批判してしかるべきもの。批判まで封じることこそ、「言論弾圧」です。

Translate »