Information-このブログについて

Pickup 未分類

このブログは長いあいだ三国時代を眺めてきた筆者が、古代史の苦手な現代中国ウォッチャーさんのために知識をご提供するものです。 他にも筆者自身が古代人感覚で現代中国~東アジア情勢を眺め、思ったことをメモしていきます。“1800年前からの通信”として、近未来を生きる東アジアの人々へメッセージが届けば嬉しく思います。 〔お知らせ〕20/12/3 Twitterでアカウント停止された経緯 最も伝えたいこと […]

DSとは何か? 世界支配を目論むビックブラザーの正体に迫ってみた

2020年末・米国選挙のあまりの不審さ故に日本でも一気に広まった「ディープ・ステート(DS)陰謀論」。 一時期は廃れたように思われたものの、今再びウクライナ戦争に疑念を抱く人々によってDS陰謀論が囁かれるようになりました。 なかには傾聴に値する話もあり、たかが陰謀論とレッテルを貼って無視してばかりもいられないようです。 ここで遅ればせながら当ブログでも「DSとは何か」考察した記事を上げておきます。 […]

「世論で政権を乗っ取る5つのステップ」現代共産クーデターを分析する動画

『世界的字路口(世界の交差点)』の動画によれば、共産主義者が現代にてクーデターを起こすとき、5つのステップを踏むと分析できるそうです。 この動画はM様からご紹介いただきました。ありがとうございました。動画は消される可能性があるため文章にて内容を一部引用し、ここでもシェア致します。   世界的字路口より これは『世界的字路口(世界の交差点)』というタイトルの動画シリーズ。繁体字の中国語なの […]

東映アニメ『三国志』(1992年)レビュー。天下三分計の改変に潜む現代計画

あまり知られていませんが、1992年~1994年に『三国志』の日本製アニメ映画があったそうです。 動画配信サイトGYAOで無料配信されていたため観てみました。 フィクション三国志を苦手とする私が最後まで観たのは快挙。せっかく我慢して観たのでレビューを書いてみたいと思います。 ざっくばらんに書きます、『演義』を揶揄するところもありますが本気で非難しているわけではないのでご容赦ください。 そんな小さな […]

「中国は台湾に侵攻しない」馬淵睦夫氏曰く

〔メモ帳に上げた話ですが転載しておきます。常体記事〕   これはちょっと何を言っているか分からない…… 『馬淵氏、中国は絶対に台湾へ侵攻したりしない』   中国が台湾へ侵攻するはずがないと仰る根拠が、ただ 「習近平にとって何の得もない」 「人民解放軍に犠牲が出るからあり得ない。人民解放軍は共産党の私兵だから国を護るための戦争などしない」 「国民党も侵略戦争などしなかった」 等々 […]

中華民族ヘイトに攪乱される日本保守、“批判的人種理論”に侵されたアメリカ…他

2021年のメモ帳記事より、世間話を転載。いくつかの記事をまとめます。   共産主義者が捏造した民族ヘイト主義に騙されまくる日本人“保守論客”たち こちらの記事を興味深く読んだが、なんだかズレている気がしたのでコメントしてみた。 『立ち位置を変える中国』(アゴラ、岡本 裕明氏) 習近平氏はどこを向いているのでしょうか?私にはアイデンティティへの回帰に見えます。共産党の本質に立ち位置を戻す […]

レビューとしての『超限戦』雑感メモ

〔これは2021/8/10メモ帳で書いた記事です。当ブログへ移動。本文常体〕 以前書いた『超限戦』に関する当ブログ記事は、SNS等で囁かれているこの本についてのイメージ――「中国共産党の汚い謀略」「シャドウ・ウォー」「目的のためなら手段を選ばない」等々に寄り添った一般論だった。 この記事もレビューと言うよりは雑感に過ぎないのだが、とりあえず読書感想として書いている。   超限戦について当 […]

中国、上海ロックダウンは「後顧の憂い」を断つ戦争準備か

ようやく東アジア情勢についてです。 裏取り情報を集めてから書こうと思っていましたが、なかなかその時間が取れないので短文メモとして上げておきます。思い付きメモのようなものでも書かないよりマシかなと。   報道されないから中国の脅威は無くなった…わけがない ウクライナへ世界の目が注がれるなか、中国の動静がほとんど聴こえてこなくなりました。 メディア曰く 「中国はロシアへの制裁を目撃して恐怖を […]

TBS『報道特集』ウクライナ動画から左翼プロパガンダ手法の雛形を学ぶ

そろそろウクライナから東アジアへ目を転じなければならないのですが、身近な“動画ポリス”(映像の真偽を見抜くことを得意とする人)から情報が届いているので上げておきます。 左翼プロパガンダ手法として雛形となる例ですので、後学のために法則を分析しておきましょう。   法則1.嘘が見つかりそうになると、逆に騒いで真相へスポットライトを当ててしまう 「雉も鳴かずば撃たれまい」という諺があります。 […]

そろそろ東アジアが危険です。読者の方々は食糧確保を!

今日は長文が書けないため詳細は省きますが、ウクライナ戦へ世界が注目する裏で東アジアの戦争可能性が高まっています。 前に私は「ウクライナ戦は茶番。主戦場は東アジア」と書きました。いずれその予測は現実となるでしょう。 これに備えて日本は強固な防衛を!――などと叫ぶつもりはありません。今さら遅いと言えます。半年~一年で国家を根本から作り変えることが可能でしょうか? 100年前からモラルが破壊され文化的に […]

必有隣。プロパガンダにまみれた現代、孤独ではないことを知る【返信】

12日にいただいたメールの返信です。「ファンレター」とのことで、恐縮致しました。 はじめまして! コロナが始まってからこちらに辿り着き、たくさん勉強させていただいてます。 割と勘がある方で、この世の違和感に苛まれて、きちんと分析をされている方を一生懸命探して keiさんの文章に出会えました。 ものすごくわかりやすく、すとんと腑に落ちます。 keiさんのブログで、おかしくなりそうな頭の中を正気に戻し […]

1 18
Translate »