近代東アジア史

Nスぺ「中国共産党 一党支配の宿命~李鋭日記」に潜むプロパガンダ

10/3放送NHKスペシャル「中国共産党 一党支配の宿命~李鋭日記」を観ました。 建国前から毛沢東の側近として党を眺め続けてきた李鋭氏の、70年の日記をもとに振り返る中国共産党史です。 NHKの番組紹介ページより: 「中国共産党 一党支配の宿命」 創立から100年の節目を迎えた中国共産党。どのようにして一党支配を維持し続けてきたのか。それを知るための貴重な資料が眠っていた。おととし、101歳で亡く […]

「三国志、中国での一番人気は曹操」!? 周来友氏の話は虚偽か誤解か

昔『ここがヘンだよ日本人』というテレビ番組に出演していた有名中国人、周来友さん。 彼が書いたNewsweekの三国志コラムのなかで、私が大陸在住者から聞いた話や、中華圏SNSで眺めている事実とは異なる話がありました。 Twitterでもご本人に指摘させていただいたのですが、返信を読み、意図的な虚偽ではなく誤解の可能性もあるなと感じました。 (ところで周さんの完璧で美しい日本語には感動しました。在日 […]

中華圏は天下統一だけが正しいのか

twitterで思いがけず引き出された本音を転載しておきます。2020年3月7日の投稿。 本音が出てしまったツイート一連 中共について最も怒っているのは、中華の先祖です。 (「キリスト教の天使たちが中国共産党に対して怒っている」というツイートに対してコメント) March 3, 2020 【解説】 現代の中国共産党政府による横暴に怒っているのは、キリストなど外国の神などではなく中華の先祖ですよ、と […]

〔まとめ〕妄信的な曹操崇拝と孔明(蜀)貶め、歴史改ざんの裏事情

“昨今、妄信的で偏った曹操崇拝と蜀人物貶めの書き込みが増えました。ネットだけではなく渡邉義浩、柿沼陽平など学者たちが商業書籍で「蜀人物は悪人! 劉備と孔明はいがみ合っていた!」と声高に叫んでいます。さらに小説や映画、『三国志展』などで大々的に曹操崇拝・蜀貶めプロパガンダが行われている。これで国家政策の臭いを感じない人はかなりの現代オンチかもしれません。” ツイートまとめサイトhttps://min […]

なぜ孔明は貶められているのか?【回答】諸葛亮が“日本人に転生”したから

孔明が誹謗中傷されている件、背景事情のまとめ(核心)です。 ※この記事はスピリチュアル的な話ではありません。日本の近現代史について   これまでのお話 2000年代から三国志ジャンルで「曹操崇拝」の「アンチ蜀」が流行し、史実に基づかない偏った曹操称賛や、蜀の人物を貶める過激な悪口が書き込まれるようになったことをお話ししてきました。 特に、日本で人気一位だった諸葛亮・孔明は最も激しい誹謗中 […]

「興復漢室」で誤解しないでください。諸葛亮は(私も)伝統原理主義ではない

『出師表』解説、補足。筆者の考えに関する呟きです。 10/4推敲、引用追加。 『出師表』、香港人・台湾人は反射的に憎悪する可能性あり… 筆者の本日ツイートより: マニアックな話にリツイートくださった方々、本当にありがとうございます。 補足。『出師表』を取り上げているからといって、筆者は漢室復興を叫びません。統一主義者(中共支配容認)ではありませんし、伝統絶対の原理主義者でもありません。 中共による […]

この人たちが『出師表』の歪んだ解釈を声高に叫ぶ理由

〔中級以上マニアさん向け記事です。基礎知識はまた初心者さん向け記事で解説します。本文常体〕 初心者さん向けの解説はこちら: 「出師の表」とは何か? 世界で一番やさしい解説   『三国志をあびるように読みたい』というブログの『出師表』解説記事を読んだが、気持ち悪い解釈でおぞましいものを感じた。 『2020-06-01 「出師の表」とは何か-劉禅の動きを封じ北伐に集中するための呪縛-』htt […]

「中華思想」の嘘を暴く。漢民族は恐怖の侵略民族だった!?

最近ネットで「中華思想」という言葉をよく見かけます。 「漢民族の思想である中華思想こそが、現在の中国共産党(=漢民族)の残虐性と侵略志向の根拠だ。漢民族は人類の敵、諸悪の根源だ」と声高に叫んでいる人たちがいるからです。でも、果たして本当にそうなのでしょうか? 【参考】Twitterで見かけた「中華思想ガ―」捏造史観をばらまく人々 ここでは根本的な誤解を解いて、「今・ここに在る現実の中国」を読み解く […]

諸葛亮は現代中国人(若い世代)にはどう思われているか?

中国在住の方より、現代人の諸葛亮評価について情報をいただきました。ここにご報告致します。 本題の前に現状解説から書きます。 前置きを飛ばしたい人は目次をお使いください。 〔2021/8/2 投稿後に知った事実に基づき修正・加筆しました〕 日本における諸葛亮評 昨今の日本ではアンチの悪口の的となり、極めて低い評価で語られている諸葛亮・孔明。 まるでアイドルグループのセンターのごとく憎まれ、大量の悪口 […]

三国志ジャンルの捏造記事について +蜀ファンへメッセージ【拡散希望】

目に余る犯罪行為を黙っておれず記事を上げます。 これはもう歴史趣味を装った精神侵略の戦争。このジャンルは現代現実の代理戦争状態となりつつあります。   近年の反蜀と諸葛亮への下劣な悪口について 最近、三国志ジャンルでは蜀と諸葛亮の下劣な悪口を書くことが大流行しているようです。 全く筋の通らない論拠のない悪口で、なかには明らかな捏造記事もあります。 この人々に歴史的な推測をする目的など僅か […]

Translate »