「蜀通信+1800」の意味

当ブログタイトル、『蜀通信+1800』は“三国時代・蜀から1800年後への通信”という意味で名付けました。

三国時代には並々ならぬ思い入れを持つ(と言うより中華は三国時代の視点からしか見ることができない)筆者が、1800年前の感覚から現代を眺めて語るコンセプトを表します。

さらに以下のような意味とも重ね合わせています。

 

漢王朝滅亡1800年後のシンクロ

このブログを開設した現在、西暦2020年は古代中国の漢(かん)王朝が滅亡したとされる220年から、ちょうど1800年後です。

漢王朝のシンボルカラーは赤

「赤い王朝の滅亡」として何かシンクロするものを感じました。

さらに来年、2021年は、三国時代の蜀建国から1800年後の節目に当たります。

今この遠い未来で再び蜀の理念が蘇ることを、そして永遠に続いていくことを願います。

Translate »