筆者の呟き

諸葛孔明は⽯⽥三成に似ている、か︖

「諸葛孔明は⽯⽥三成に似ている」という論をネットで⾒かけて⾯⽩く眺めていました。 ⇒実際の諸葛孔明って⽇本の⽯⽥三成に似ていたって聞いたんだけど本当ですか︖ どう、なのだろう︖ 私は⽯⽥三成の⼈⽣に詳しくないし、諸葛亮のことは客観的に⾒られないのではっきりとは分からないのだが。 考えてみます。 ★2017年6月23日に他で書いた記事です。ここの雑談記事を増やすために上げておきます。(孔明の話ばかり […]

「偉大なる平凡人」という救いの言葉 吉川英治『諸葛菜』解説記事を読んで

「まとめ」のコメントで吉川英治の話が出たので、昔書いた記事をこちらへ転載。 筆者のことを「吉川英治の評価は許せない!」「演義の通りに孔明を神格化しろー」と叫んでいる者だと決めつけてコメント投稿しているアルバイター※が多いので、そうではないということを示すために掲載するものです。 ※Togetterでさっそくコメント投稿してきた者たちはアルバイトの方々のようです。何故そう分かるかと言うと、リンクをク […]

試しに「引き寄せ」たい未来を書いてみた

前回の記事では「引き寄せ」思想を批判しましたが。 もし「引き寄せ法則」が真実だとするなら、私は下記の通りの未来を引き寄せたいと思います。 これは本気で叶って欲しい… 否、人類のために絶対に実現されるべきことです。 引き寄せ願望リスト ●中国共産党は崩壊し、チベット・ウイグル・香港等の中共に弾圧されている人々は救われて人生を取り戻した。中国大陸の人々は自由と民主主義を得て伝統文化を取り戻した。 ●東 […]

佐野美代子本などのDS陰謀論にご注意を

気になったのでメモしておきます。 トランプ元大統領を支持する人々が唱える「DS(ディープステート)」陰謀論というものが以前よりさらに先鋭化して過熱しているようです。 “過熱”とは、どうも極端なスピリチュアルジャンルの方向へ突き進んで行っているようだ、ということ。 まあ以前から「Qアノン」と呼ばれる人々はスピリチュアル的な話――バイデンらはトカゲ型宇宙人だとか――を声高に叫んでいたのですが、それが今 […]

「オタクは軍師になりたがる」で一考。“軍師”向きの資質とは?

軽めの雑談、現代のネタです。(ビジネス・勉強)   オタクに軍師は無理、という意見 昨日こんなツイートを見つけ笑っていました。 オタクはすぐに軍師とかプロデューサーになりたがるけど、そこは人身掌握とか根回しとか一番必要になってくるポジションなので無理です。 アンザイさんのツイート 「オタクはコミュ力ない」という絶対的な決めつけ(概ね真実)のもと、「無理です」とバッサリ言い切ってしまうとこ […]

華流『晩媚と影(媚者無疆)』のあらすじと感想 コロナ拡散予言も!?

映像美と切ない恋愛ストーリーで人気の華流ドラマ、『晩媚と影~紅きロマンス(原題:媚者無疆)』。動画サイトで配信されていたので視聴してみました。 当記事は17話までの感想です。   東洋美溢れる世界観には魅了される 『晩媚と影』は日本で“ラブ史劇”と呼ばれているジャンルの華流ドラマです。 古代中国を舞台にした恋愛ストーリーで、色鮮やかな衣装や風景など東洋美を極めた世界観には魅了されます。 […]

2020年アメリカ不正選挙事件、本質は世界イデオロギー革命である

まとまらない記事ですが、今起きていることの核心をメモしておきましょう。 アメリカに中国の傀儡政権が誕生した 2021年1月。中国共産党の傀儡と言われているバイデンが、稚拙で分かりやすい不正選挙によって世界一の超大国・アメリカ合衆国首領の座に就きました。※ ※ここでは断定形で書いていますが、「バイデンは実質的に米国大統領になっていない」との話も囁かれています もしバイデンが本当に中共の傀儡なら、世界 […]

「興復漢室」で誤解しないでください。諸葛亮は(私も)伝統原理主義ではない

『出師表』解説、補足。筆者の考えに関する呟きです。 10/4推敲、引用追加。 『出師表』、香港人・台湾人は反射的に憎悪する可能性あり… 筆者の本日ツイートより: マニアックな話にリツイートくださった方々、本当にありがとうございます。 補足。『出師表』を取り上げているからといって、筆者は漢室復興を叫びません。統一主義者(中共支配容認)ではありませんし、伝統絶対の原理主義者でもありません。 中共による […]

私が“中華圏の民”を擁護する理由… 盗賊集団と国民は別物です

筆者keiは中国人が好きなのか? 「お前は中国の味方、スパイか??」との疑いを持つ方のために。 ここに本心を書いておきます。   狂ったカルト宗教の中国民族差別 今、凶悪な反人道行為で世界を踏み荒らしている中国という国が憎まれています。 このため、中国人への憎しみの声(ヘイト)は世界全体で高まるいっぽうです。 ヘイトは現代中国人に対するものだけで留まらず、古代に遡ってDNAが憎しみの対象 […]

諸葛亮は何の仕事をしていた? 現実の「軍師」はイメージとかなり違う!

『三国志』に出て来る用語でわかりづらいものはたくさんありますが、特に「軍師(ぐんし)」という役職はわかりづらいですね。 私が見たところ、90%の『三国志』ファンの方がこの用語を間違って使われているようです。 何故この言葉がわかりづらいのかと言うと、他の漢代役職名と違って、日本語にも「軍師」という言葉があるからだと思います。 しかし日本における「軍師」のイメージと三国時代の「軍師」はかなり違います。 […]

Translate »