筆者の呟き

1/2ページ

「議会襲撃から1年 バイデンがトランプを非難」嘘で固めた歴史物語

〔メモ、常体記事〕 記事を書く時間がないので呟きとメモだけ上げさせていただく。 米国の議事堂襲撃事件から一年、左翼ロイターにこのような記事が上げられていて憤りを覚えた。 『米大統領、トランプ氏が「民主主義に脅威」と非難 議会襲撃から1年』 ……我々遠く離れた外国人の目には、どう見ても「バイデンジャンプ」のほうが民主主義の破壊だと感じられたが。よくもまあここまで正反対の言葉を堂々と口から出せるもの。 […]

蜀漢建国1800年後の年も暮れゆく

2021年は蜀漢建国からちょうど1800年後に当たる年でした。 そのことに触れたなら蜀が穢されそうで不謹慎だと感じるほど、世界はおぞましい嘘で汚れきっています。 三国志ジャンルには相変わらず歴史修正・歴史反転の嘘が溢れかえっています。たとえば曹操の虐殺は無かったことに歴史修正され、劉備・諸葛亮・関羽・張飛たち蜀漢人物はえげつない誹謗中傷で吊るし上げられている。まさに文化大革命の狂った集団リンチの再 […]

『忠臣蔵』が中国にて大ヒット! 忠義を認めたくない左翼「日本を分析したいだけ」

『忠臣蔵』が中国大陸人に大うけし大ヒットしているそうです。 当然そうなるだろう。中国人らしさ100%大爆発。――と、私は思ったのですが、一部の方々にとっては「何故だか分からない、理解不能」な結果のようです。いや、「絶対に認めたくない絶望的現実」と言うべきか。 〔アイキャッチ画像:パブリック・ドメインhttps://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=31 […]

ワニウエイブ、左翼記事へのtogetter突っ込みが羨ましい

雑談呟き。 夏頃に騒ぎとなっていたらしい、こんなツイートのまとめ(togetter)コメント欄を眺めていて羨ましくなった。 どうして他ジャンルにはこう、世の中のことを分かったうえで発言している真っ当な方々が大勢いるのに三国志ジャンルには皆無なのか? https://togetter.com/li/1750049 ――ああ、失礼だったらすみません。決して本気でディスっているわけではない。 「三国志ジ […]

お知らせと返信。メモ帳復帰と、加藤諦三のことなど

お知らせとメール返信です。 メモ帳入れ替えの件 Mediumで文章を書く余力がなくなったので先日サイドバーから撤去したのですが、やはり一言メモ(リンク共有など)のツールが欲しくなりtumblrを設定しました。 tumblrは前回、警告なしにいきなりアカウント削除された※ため使うのをやめたもの。しかし今のところ他にちょうど良いメモ帳ツールが無いのです。tumblrはMediumに比べればまだ日本人も […]

諸葛亮の性格をテキスト分析プログラムで診断した結果【資料】

〔過去に上げた雑談資料まとめです。再投稿〕 かつて、「AIがテキスト文から性格診断する」というIBM社が提供するサービスがありました。 こちらが当時のサイトトップ: アーカイブ https://web.archive.org/web/20200110184635/https://personality-insights-demo.ng.bluemix.net/ そのサイトにはサンプルとしてオバマ元 […]

【返信】江崎道朗氏や小泉信三氏の本、良書と思います

いただいたメールへの返信です。 M様、たくさんメールをいただいていたのに返信遅くなりました。記事にて返信、失礼致します。 (政治ブログの性質上、セキュリティの観点からこのような形での返信とさせていただいております。書籍を出されている方なのでお名前を掲載しても大丈夫かなと思いましたが、念のためイニシャルとしておきます) メール文を引用しながら返信致します: 興味ないかも知れないですが、将棋が伝統文化 […]

「聞く力」の強過ぎるリーダーがブレブレ過ぎて有害な件

諸葛亮について悪口を書き込んでいる集団の間では昨今、「孔明は人の意見を聞かない!」(※1)と大声で叫ぶことが流行っているようです。 どうやら「鞠躬尽力の安ちゃん」(※2)と呼ばれ中国一般民の人気を獲得した、安倍晋三さんのイメージを孔明に重ねて誹謗中傷しているらしい(※3)。安倍さんは左翼の話を聴かない首相として有名でしたからね。 しかし、「人の意見を聞く」タイプのリーダーが国民にとって最善の政策を […]

“事前孔明”の虚しさ。新型コロナやバイデン親中、デマと嘲笑した人は今何思う

呟きメモのため常体です。   バイデン、お友達に便宜はかってるってよ 米国大統領のバイデンが徐々に馬脚を現し、親友の習近平へ露骨に便宜をはかり始めた。 みるみるしぼむ強硬姿勢、バイデン政権に対中融和の兆し トランプ前大統領に対しても批判的だったボルトン氏は国際安全保障の権威だが、10月はじめにワシントンの政治新聞「ワシントン・エグザミナー」に「中国に対する米国の弱み」と題する論考を発表し […]

グーグルの中国共産党化と、ヤフコメ殺し計画について

メモ帳に書いた言論統制に関連する話。保存のため当ブログへ移動しておきます。 常体記事です。   「グーグルは仮想空間の中国共産党になるのか」…も、だと思う こちらの記事タイトル、 『グーグルは「仮想空間の中国共産党」になるのか』 “グーグルは” ではなく “グーグルも” だと思う。 引用: グーグルに科学的真理を判定する権限はない 科学的に不確実であっても政治的には行動が必要だという活動 […]

Translate »