Twitter、中国政府に不利となる言論の統制を強める

Twitter、中国政府に不利となる言論の統制を強める

Twitterの言論統制が過熱しているようです。

すでにトランプ大統領の言論にまで統制をかけて世間は騒然としていましたが、なんと私のような極小アカウントにまで弾圧をかけてきました。

 

怪し過ぎるアカウント制限

@kei20152

ついに制限です。

ログインしたところ「このツイートを削除してください」という画面が出て、バイデンに関するツイートと、中国共産党への批判に相当するツイートの削除を強いられました。

※1/14追記 具体的に削除を強いられたのは:中共による香港デモ弾圧を批判したツイート・バイデンの選挙不正の可能性に言及したツイート。メディアが報道しているように、「暴力を煽ったアカウントだから」凍結されたのではありません(私のアカウントが凍結されたのは1/6米国国会騒動より前です)。Twitter社は、人道に反する暴力や不正を非難したツイートの削除を強要したのです。

しかしそのような言論弾圧の証拠をスクショで残そうとしても、削除要請画面は最初の一度しか表示されず、以降は電話番号を登録しろという画面でストップしたままです。

Twitter社によれば「このままでもフォロワーにDMを送ることだけはできます」とのことでしたが全くの嘘で、個人情報を差し出さねばDMもさせないつもりらしい。

(このためフォオロワーさんと連絡が取れなくなりました。すみません)

 

「不審な行為が確認されている」? 中共に批判的な人を犯罪者として印象操作か

>このアカウントは不審な行為が確認されています

何よりこの表現に憤りを覚えます。

ただごく普通に、「このアカウントは我々が従う中国共産党とバイデン様を批判したため制限しました」と、事実の経緯を表示すればいいだけでしょうに。

それなのに「このアカウントは不審な行為が確認されています」と……。あたかも私が一般の人々に対して詐欺行為をはたらいていた犯罪者であると印象づける表現です。この表現によって私の名誉が汚されて現実のブログアクセスなどに支障が出たら、名誉毀損罪でTwitter社を告訴できると思います。

私は一般の人々に対して何も“不審”なことはしていませんよ。ただバイデン氏への疑いや中国共産党の犯罪をRTしていたり、中共の批判をしていただけです。

「我が中国様・我がバイデン様を批判する者=不審者、犯罪者」というわけですか。

なるほど。Twitter社が中国政府からの意向を受けて言論統制していることは明らかです。もはやTwitter社も中国共産党の代弁者、言論弾圧の代行屋となったわけですね。

 

参考:

〔筆者注〕引用文「中国日報」は「人民日報」のことと思われる

バイデン勝利で遠慮しなくなった中国共産党

バイデン氏が大統領に就任する見込みが高まったと見た中国共産党は、もはや外国勢力の目を少しも意識せずに傍若無人の振る舞いをするようになりました。

香港では、周庭さんや黄之鋒さんへの実刑判決が降されました

Twitter、Facebook、Google、YouTubeによる一般人への言論弾圧もこのように堂々と行われています
これから上記のプラットフォームで中国共産党への批判を呟いたアカウントは大量に凍結されるでしょう。
個人情報を登録、または呟いている方は注意してください。逮捕も有り得ます。

このような分かりやすい状況を見ても
「我がバイデン様が中国共産党の傀儡なんて嘘だ。デマデマデマ! バイデンまんせー」
と叫んでいる人たちは、よほどの馬鹿……失敬、かなり知能が低くてテレビや大手メディアの報道を鵜呑みにするタイプなのでしょう。
(実際、彼等がデマだと言う根拠は「テレビ局や有名ファクトチェック会社がデマだと言っていたから」というお粗末なもの。与えられた情報を何も考えず鵜呑み。怖い)
そうでなければ、お金をもらって書き込みしている人だと考えられます。

中共の手先となったTwitter社に電話番号など登録できない

今、Twitter社が私のような一般人アカウントにまで制限をかけ始めた目的は、中共にとって都合の悪いツイートを削除させることです。

さらに電話番号その他の情報を登録させ、個人情報を吸い上げることも目的としているでしょう。

もちろん当初からTwitterもFacebookも個人情報収集の目的で運営されていたと考えられます。しかしその情報がアメリカへ渡るか、中国へ渡るかでは大違いです。

上のアカウントはまだ中国の影響が低かったと考えられる2015年に登録してしばらく放置していたもの。あのようにしつこく「電話番号を登録しろ」と言って来るということは、もう最初に登録した電話番号情報は失っているらしい。

今後、私はTwitterへ電話番号を登録することはないでしょう。
中国共産党の手先となったTwitter社へ電話番号情報を渡すことは避けたいからです。

したがって、これにてTwitterでの活動は終了します。(何らか回避の方法が無い限り)

※2021/1/3 予備アカウントで連絡用として復帰しました

 

その後 12/21

tumblrのメモより転載です。

本日見に行ったところアカントが凍結されていた。

image

ログを閲覧されるのも嫌だということか…。

この、「言うことを聞かない奴は殺して意見消しちゃえw」という安直な存在抹殺。

中国共産党そのものとなったTwitter。恐ろしいディストピアになってきた。

 

お知らせ 2021/1/3

昔、予備で作っていたアカウントを発見したのでTwitter界へ転生します。(復帰するという意味。笑)

あまり自分の呟きはせず、ブログ更新お知らせと連絡用に使っていくつもりです。

転生後のアカウント:@cc11868061

 

【言論弾圧まとめ】1/6以降、大手テックによる一斉言論封殺

この後の話です。現在進行形の弾圧については記事末にまとめてあります。

「焚書(ふんしょ)」とは何か? 人類史に刻まれる言論弾圧

Translate »