「はじめての三国志」が被害者? パクられたはずが加害者に!身を守る術を伝授

「はじめての三国志」が被害者? パクられたはずが加害者に!身を守る術を伝授

有志の方から教わってこのようなURLを知りました。

https://hajisan.fc2.net/

初心者向けを装った捏造三国志サイト、『はじめての三国志』がどういうことをしてきたのか分かるブログ。今は消されてしまった当初の批判ログから保存・掲載されているそうです。詳細はリンク先で。

『はじ三』に関して事実を指摘したネット書き込みは軒並み削除されてしまっているようなので、上のURLも潰されることでしょう。

それにしてもニコ百だけではなくて知恵袋、個人ブログまで潰されるとは……。異常です。

まったくどういう団体が運営しているのだか。この現状を見ただけでも、お里が知れますね。

 

ニコ百やTogetterが容赦なく削除するのは集団圧力がある証拠

上のブログ運営者が仰っているように、日本で法律上の手続きを経ずに個人ブログなどが潰されることなどほとんどありません

何故なら日本は法治国家で、表現の自由が保障されており、裁判所が違法であると認めない限り言論を潰すことは許されないからです。

実はネット掲示板などの運営者であっても、思想的な偏りでユーザーの言論を封じたり改変したりすることは人格権の侵害となり、憲法に抵触しかねない行為です。このため運営者は削除に慎重にならざるを得ません。だから誹謗中傷の書き込みで傷付いた被害者が訴えても、簡単に削除されない傾向にあるわけです。

「プロバイダ責任制限法」では、権利が侵害される恐れがあるときは通信運営事業者は裁量により削除すべき――つまり、掲示板などの運営者は誹謗中傷コメントを削除する責任を持ちます。これを怠ると損害賠償請求の対象となるので、近年は以前よりも削除される確率が高くなっています。

ただ、それにしても一方の当事者からの意見ですぐ削除してしまうことなどほとんどありません。特に個人ブログは削除が難しい。よほどひどい捏造話・人格を傷付ける悪口が書かれていたとか、相手方の営業を妨害する悪意が明らかな場合のみ、法律上の手続きを経て削除されることになります。この「法律上の手続き」とは、具体的に言うと裁判に訴えて削除命令を出してもらうなどです。

個人間トラブルで一方当事者だけのクレームを受けて削除していたら、その掲示板やレンタル会社が信頼を失います。そこからユーザーが集まらなくなり、まともに運営できなくなってしまうので簡単には消さないでしょう。

事実、大企業に対する誹謗中傷でさえ、なかなか削除に応じてもらえなくて弁護士たちは苦労しているのです。

いくら法人化しているといっても、『はじ三』のようなたかがキュレーションサイト運営会社ごときがちょっと文句を言っただけで、ニコ百やTogetterが「へいへい! かしこまりやした旦那様!」と平伏して全削除するのはおかしいでしょう。

これは集団的な、よほどの圧力があったと考えるのが現実的です。

圧力と言うのは国家権力による脅しや大金を送り付けての買収だけではなくて、匿名集団による大量クレーム発信やDoS攻撃も含まれます。原始的ではあっても大量の工作員を雇って攻撃すれば、日本のサイト程度なら打撃を受けます。

たかが三国志のお遊びサイトにそんな組織力があるのは変だと思いませんか?

もしかしたら、1クリック五毛(1.5円)で雇った大量の工作員がいるのかもしれませんね。あるいは、日給500円かもしれませんが。

 

被害者が加害者にされる可能性あり!! 三国志クラスタさんたち、今すぐ対処しましょう

さて本題。

上ブログにリンクされている新Togetterまとめを眺めていて私が最も気になったのは、こちらのtweetでした。

画像にて引用。

サイトの文章のほとんどがパクリで作られているらしい『はじめての三国志』が、まさかの善悪反転で「我々が被害者です~~!」と言い出した。

犯罪者が被害者の振り。三国志クラスタさんたちも開いた口が塞がらないでしょう。怒りを通り越して言葉を失う状況。まさに

「それはひょっとしてギャグで言ってるのか!?」

としか言えません。

堂々たるウソの善悪逆転が気持ち悪くて、こちらが具合悪くなってしまいそうですね。初めてこのような病的嘘つきを目撃した方はショックで、吐いてしまうのではないでしょうか?

しかしこの種のは、中国共産党や左翼の言動を毎日眺めている現代中国ウォッチャーにはお馴染みです。

【参考】善悪反転の嘘は最近の三国志ジャンルでもよく観られる:

柿沼陽平『劉備と諸葛亮 カネ勘定の三国志』絶賛レビュー。諸葛亮は偉大な共産リーダー? 

このような加害者・被害者反転の嘘は、現代の世界中で行われています。そのうえ、相手方は被害者ヅラするだけでは終わらせません。自分たちが完全に罪を免れるために、先に被害者へ罪をなすりつけて加害者に仕立て上げてしまう傾向があります。

たとえば、中国共産党が新型コロナウイルスの発生源をアメリカや日本になすりつけようとしているように。

三国志ジャンルでは、『はじめての三国志』のような剽窃を行った加害者のほうが、元記事を書いていた被害者を訴える可能性があります!

あくまでも“可能性”に過ぎませんが、こちらの引用赤線部を見ればとても高い可能性と思います。

パクられた被害者の皆さん、どうかご注意を……。

以下の対応策を今すぐに実行してください。

 

1.インターネットアーカイブに保存

パクられた自分の記事をインターネットアーカイブに保存してください。

(注意:自分のサイトやブログの記事が存在していることを証明するのが目的です。人気サイトなら既に自動で保存されていることでしょうが、必ずURLを検索して保存されているかどうか確認のこと)

インターネットアーカイブとは世界中のネットページを保存しているサイトです。

日本で言えば魚拓のようなものですが、インターネットアーカイブのほうは欧米で権利侵害の裁判に用いられることが多く、外国では法的にも信頼性の高いサイトです。魚拓よりも裁判資料として望ましいと言えます。

日本の裁判所ではまだネットシステムの評価が低いため、インターネットアーカイブで必ず著作権が証明できるというわけではありませんが、少なくとも

「その日時に・そのURLで・その文が存在していた」

ことを推測する手がかりにはなります。

あとはそのURLを自分自身が持っていたことを証明する資料を添付すれば、真正な著作権者の推定が果たされる可能性があります。(この場合、自分のドメインが望ましい。ただしレンタルブログでも諦めないこと、登録メールアドレスや電話番号などで証明できる可能性はある)

実はこの、ある時点で著作物が存在していたことの証明、「存在証明」こそがとても難しくて重要なのです。

もしパクった側から著作権法違反で訴えられ裁判となってしまった場合には、この著作物の存在証明だけが身を護るための盾となるでしょう。

できればパクられた日より以前のアーカイブが存在することが望ましいのですが、今からでも遅くありません。まだ保存されていない方は今すぐにアーカイブを保存してください。

保存法:

http://archive.org/web/

へアクセス。URLを入力してクリック。引き続き「SAVE PAGE」が表示されるようなら、再びクリックする。

 

2.アーカイブを印刷。公証役場で「確定日付」スタンプをもらう

もう一歩、高度な方法を伝授いたしましょう。

まずは1の通りインターネットアーカイブで保存します。

次に、アーカイブしたページを日付表示させた状態でPDFに印刷します。または、紙に印刷します。

PDFファイルはCD-ROMやUSBメモリに移す。紙はそのまま。

このファイルが入ったCD-ROMやUSBメモリ、または印刷した紙を、封筒に入れます。封筒は何でも良いですが押印する必要があるので、紙の材質のもので。

この他、下記の事柄を書いた紙を用意してください。

・著作権者の氏名(ファイル内文書を作成した人の氏名)

・保存した記事のタイトル、内容を簡単に説明(公証人が分かるように内容を説明する。「インターネット上で公表した三国志の~に関する文書」など)

・手続きをする人の氏名

準備ができたら近くの公証役場へ電話して、「確定日付(かくていひづけ)をお願いします」と言います。事務の方や公証人と電話口で話し合い、公証役場へ行く日時を決めます。「あらかじめFAXで文書を説明した紙を送れ」などの指示があったらその通りにします。

※準備の前に電話してアドバイスをもらっても大丈夫です

「公証役場」とは皆さんあまり馴染みがないと思いますが、遺言書などの公正証書をつくる役所のことです。公共の役所ですから、分からないことは質問すれば事務の方が丁寧に教えてくれます。

近くの公証役場はこちらから調べてください。

 公証役場一覧|日本公証人連合会

あとは指定の時間に印鑑・上の封筒・内容を書いた紙を持って行くだけです。印鑑を押す箇所などは一般の方には難しいので、必ず当日印鑑を持参してアドバイスに従いながら押印してください。

なお、「確定日付」とは「その日・その時に文書が存在したことを証明する」公共のタイムスタンプです。

内容を証明するものではありませんので、著作権の証明にはなりませんが「著作物存在証明」としては絶対的な力を持ちます。

インターネットアーカイブより強い武器だと思えば分かりやすいはず。

公証役場でこのスタンプを押してもらうためには多少の料金が必要です。でも、それほど高くない料金で著作物の存在を証明できますから、被害に遭われた方は必ずやっておくべきと思います。

3.最強の手段を使う

最後の最強な手段があります。その記事の著作権者が確かに自分であると証明しておく方法。

……しかし、公開の場で詳しい手法を書くと、加害者であるパクった側が逆利用する可能性があるので控えます。

この最強の手法を希望する方は、著作権に詳しい法律家へ依頼してください。

または筆者へメールフォームから連絡くだされば返信します。

筆者は法律家として仕事を受けられる身ではありませんので、一般的なアドバイス程度しかできませんが、可能な限り問い合わせ先や方法をご案内します。ただしその際は連絡をくださった方が被害者側であることの確認のため、お持ちのブログ等から本人確認の連絡をすることご了承ください。

※これは勧誘目的の案内ではありません。筆者は趣味でブログを運営しているだけの者、報酬をいただきません

著作権侵害の罪

最後に、ご存知とは思いますがパクリで受けることになる罪と刑罰を書いておきます。

どのような罪が成立するか?

「パクリ」とは正式には他人の著作物を勝手に利用する行為のことで、「著作権侵害」という罪になります。

出典の明記なしに他者の記事を転載してネットに上げたりすることは「複製権の侵害」および「公衆送信権の侵害」などに当たります。

※著作権侵害とならないのは出典を明記した「引用」です。別サイト参照→引用の要件

よく“リライト”と言われる、ネット上の文章を引っ張って来て表現を少し変えて掲載する行為は、著作物を勝手に書き換えられる「著作者人格権の侵害」としてさらに重い罪に問われることになります。

『はじめての三国志』は弁護士に訊いて「あなた方のサイトには全く違法性がない、問題がない」と言われたそうですが嘘でしょう。あるいはその弁護士が法的な資質のない者だったのだと思われます。弁護士氏名と、弁護士会が分かっていれば罷免請求もできそうです。

罰則

著作権侵害の刑罰は次の通りとなります。

 個人 … 1,000万以下の罰金・10年以下の懲役、併科あり

 法人 … 3億円以下の罰金

このように、甘く見られているパクリ行為ですが実は非常に罪が重いので、もし被害者の方が訴えて刑罰が科せられたなら相手方にとって大変な打撃となります。

(ただしこれは国が科す罰金であって、被害者本人が手にする額ではありません。損害賠償の請求は別に訴えを起こす必要があります)

会社倒産・サイト閉鎖のためにも被害者の方は訴えて欲しいなと思います。もちろん裁判費用は必要ですから大変な負担とは思いますが……。

逆に、もし自分に対して上記の訴えが起こされたら人生が破壊されるくらいの打撃を受けることがお分かりでしょう。だから今すぐに自分が著作者であることを証明するため、防衛手段を講じる必要があるのです。

 

Translate »