息を吐くように嘘をつき人を殺す共産主義者【共産社会主義の分析1】

息を吐くように嘘をつき人を殺す共産主義者【共産社会主義の分析1】

「左翼(共産・社会主義者)たちは何故、息を吐くように嘘をつくことができるのか?」

「共産主義者の集団や共産国では何故、暴力が日常となりお互い殺し合うようになるのか?」

といった疑問を抱いたことはないでしょうか。

今回から二回に分けて、その誰もが抱く疑問を解くヒントを探ってみたいと思います。

〔当記事は最近の事例まとめです。過去に書いた記事へのリンク多めとなっております。ショッキングな画像も含まれますのでメンタルに問題ある方は閲覧を避けてください〕

用語定義はこちら

 

共産・社会主義思想は、嘘つきと殺人者を生むプログラム

共産社会主義者たちは息を吐くように嘘をつきます。

そして、顔色一つ変えずに拷問や人殺しを愉しみます。

どうしてそうなるのか? については後で解読を試みますが、まずは最近の典型的な「左翼の嘘つき」事例から眺めてみましょう。

池上彰氏の嘘のつき方は、左翼の典型例

先日、池上彰氏がテレビ朝日の番組で堂々と嘘をついた件は大変な話題となりましたね。

池上彰
「バイデン大統領は、中国の人権問題に関心がある。新疆ウイグル自治区で強制収容所に入れられているとか、香港民主化運動による逮捕とか、トランプ大統領はこれまで何にも言ってこなかった。全然、人権問題に関心が無かった」

嘘を吐く池上彰
どこまでトランプさんのイメージを下げたいんだよ

自由@FreeTweet000·1月30日

引用動画:

池上彰 トランプ大統領についてウソを言うシーン

私もちょうど番組を観ていたので本当に驚きました。

「トランプ氏は本当は人権に関心がなさそう」など個人的感想を語るのならともかく。まさか「事実」であると装って、正反対のことを伝えるとは。

事実は真逆。当初は人権問題に関心が無さそうだったトランプ前大統領も後半には劇的に変化しました。世界中が中国へ忖度して尻込みするなか、トランプ大統領は香港市民に対する中国政府の弾圧を正々堂々と批判したのです(このため香港市民たちはトランプ大統領に感謝を示し、アメリカ国旗を掲げて泣いた)。さらにトランプ政権は中国政府によるウイグル人虐殺を「ジェノサイド」と認めた世界初の政権となりました。〔参考〕 ポンペオ国務長官、ウイグル族迫害はジェノサイドと認定

※いっぽうのバイデン氏は「虐殺は文化として認められるべき」と殺人レイプを容認、中国共産党を擁護しています。〔参考〕驚愕 バイデン、中国のウイグルジェノサイドを「異なる文化規範」と呼び、虐殺を非難することを否定

池上氏のことだからこの有名な事実を「知らなかった」ということは絶対あり得ません。明らかに、事実と異なる話を視聴者の頭にすり込む目的で嘘をついたと思われます。

池上氏の嘘は大きな話題を呼び、テレビ朝日には視聴者から苦情が殺到してメディア記事にもなりました。さすがに知らぬ振りができなくなったのか、後に池上氏はネットメディアに登場し
「トランプ氏は本当に始め人権問題に関心が無かった。私は“ご本人はたぶんウイグル人の問題にも興味ないだろう”、という意味で言っただけ」
と言い訳していましたが、そういうニュアンスでは全くありませんでしたよね。

大人が幼稚園児のような嘘を堂々とつく。しかもメディアで活躍している立派な成人の著名人が、カメラを前にして顔色を変えずに嘘を……。

それは衝撃のシーンでした。

私は池上氏のことが好きでも嫌いでもありませんでした。しかしあのような嘘がつける人間の姿をした何者かが存在する、という事実を知っただけで気持ちが悪く、精神的にダメージを受けました。中国共産党の外交官と瓜二つ。恐怖も覚えます。

顔色一つ変えず堂々と、ばれる・ばれないということすら考えず稚拙な嘘がつける。――これは左翼の特性です。

このとき初めて「池上彰は左翼だったのか!」と私は気付いたのですが、後で情報通の方からこのような知識をいただき納得しました。

なるほど“社青同”。学生時代に流行に乗って少し学生運動をやってみた程度の人ではなく、骨の髄から完全なる共産主義者だったのですね……。

【今日の呟き】 池上彰が正体隠さなくなってきた(社青同出身)。

西ジイ@tomoji222

https://twitter.com/tomoji222/status/1355484242273136644

池上彰=社青同了解

社青同解放派(しゃせいどうかいほうは、正式名称:日本社会主義青年同盟解放派、略称:解放派)は、1965年に結成された日本の新左翼党派の一つ。中心的な政治組織は革命的労働者協会(革労協) wikiより

池上も共産主義者 TVなんて見るもんじゃない

カラス大佐@何処か旅しよう@Karasutaisa

https://twitter.com/Karasutaisa/status/1355486265211162624

今まで私は池上氏を中立的な人だと思ってきました。何故なら、ソ連を批判するなど共産主義に厳しいところがあったからです。それがただの内ゲバだったとは気付かず……反省。

※内ゲバ:内部ゲバルト(内輪の闘争)のこと。左翼は少しの意見の違いで対立し分派、お互いを憎み合って殺し合います。

知恵袋を見ても騙されていた人が大勢いたようです。概ね「池上は保守中道だ」とのご意見。しかし上の放送後から意見が違ってきています。皆、正体に気付いたようです。

その後、SNSで下の動画が流れていました。
なんと池上彰氏が「天安門事件で死者はゼロだった」という信じがたい嘘を若い学生たちに教え込んでいます。嘘の歴史を刷り込む洗脳行為です。
武器を持たない若者を中国共産党が殺戮したこの事件。犠牲者一万人とも言われている虐殺事件を「無かったこと」にする歴史捏造……。これは言論人失格と言うよりも、人間失格の犯罪行為。吐き気を覚えました。

これが嘘八百
昔から言われる典型です。

子々孫々まで言い伝える事が大切です。

嘘に嘘を重ねて嘘に塗り固められていく。実に醜い‥

私がこうなったらフォロワー様是非止めてくださいませ。

寡黙侍言之介 (略称 : 寡黙)さんによる

にっぽん親父@@nipppon_oyaji・午後11:20 · 2021年2月15日

池上さん! 死者ゼロはおかしい!

Ryuji@hoshinoryuji1

池上 彰 6・4 【 天安門事件 】
『一人も殺されていなかった』

池上彰の現代史講義 第11回 「中国・天安門広場が血に染まった」
YouTubeさん全編は
⬇️
(1時間36分26秒 )
https://youtube.com/watch?v=XFGmtLWyIZQ
上記動画をお借りし、肝心の部分を2分 08秒 切り出したものがこれ!
〔※冒頭「にっぽん親父」さんツイートの動画〕

【 お願い 】
2分の制約での「切り出し」です。
全編のURLから是非、動画の前後をご視聴いただきたく宜しくお願い申し上げます。
-2019.06.09. 4.54amー

5日から9日目
いまだに「天安門広場では一人も殺されてはいない」の池上さんの発言を擁護しなながら「天安門広場からの無血撤退」を同じ論拠で主張し、我がアカウントへの粘着リプライを繰り返す方がいらっしゃるが、自らの主張としてツイートなさればいいのでは?
【中国共産党が言っていている】と

NHK は9日のスペシャルで「天安門事件」を放映していた。6月11日には再放送した。録画し4回観た。 その NHK の放送の中で示された死亡者の数がプロットされた地図がこれ。 なぜか、全体を出さない手法。天安門広場がほんの一部の地図・・・? それでも死者の数が見えるだけでも6人は記されている。

今回のNHKのスペシャルでは多くの「当事者」のインタビューがある。 長時間のインタビューと思われるが、これまたなぜかインタビューでは死亡者数 (何処で凡そ何人?) については一切のコメントがない。 大虐殺が問題とされる事件、ジャーナリズムとしては極めて不自然ではないか? 意図的に Cut か?

そのインタビューで「天安門広場を制圧した(元)第39軍中尉 李暁明 」氏は、 『いかなる代償を払っても広場を開放せよと命じられました』 『平和的なデモをしていた学生たちを、軍は実弾で射殺した』と涙を滲ませて証言している。 李暁明 氏が言う「実弾で射殺」は広場から追い出した後のことか・・?

NTDTV-JP 【禁聞】天安門事件 弾圧をした軍人が涙の告白 ー 六四事件|1989 ー

寡黙侍言之介 (略称 : 寡黙)@KamokuYuunosuke スレッドより

ニコニコニュース2017/12/21より引用

28年前中国の軍隊が北京の天安門広場で大規模民主化デモに参加した大学生や市民らを武力弾圧した「六四天安門事件」。中国政府は当初「死亡者は一人も出ていない」と発表し、その後「死者200人余り」と修正した。英国政府が最近、当時中国上層部の信頼できる情報源から入手した機密文書を公開した。それを閲覧した香港メディア「香港01」は、文書には死者は少なくとも1万人に達したとの記述があった、と報じた。

イギリス政府の文書保管機関、英国立公文書館(TNA)が11月、同事件に関する数千ページの外交機密文書を解禁した。

イギリスの消息筋が中国国務院当局者から入手した情報によると、国務院の統計では死者は少なくとも1万人に達する。当時、最高指導部は瀋陽軍区部隊、山西省の第27集団軍を北京に派遣した。作戦は4段階に分かれて、第1~3段階は瀋陽軍区が市民と学生を分離させる。第四段階は第27軍が学生参加者全員を射殺する、というものだった。しかし、瀋陽軍区の軍人が市民と学生を分離させている最中、装甲車内の第27軍兵士はすでに銃射撃を開始、学生のほか、市民と瀋陽軍区の軍人も多数銃殺された。

いっぽう、2014年、同事件に関する米公文書も解禁された。当時、香港誌・壱週刊は中国軍部の協力者はリリ駐中米国大使(当時)に、中国政府の内部統計では天安門事件の死者が1万454人、負傷者が2万8796人と伝えた、と報じた。

六四天安門事件とは、1989年6月3日深夜から翌日未明にかけて、天安門広場に民主化を求めて集結していた大学生を中心とした一般市民のデモ隊に対し、軍隊が武力弾圧し、多数の死傷者を出した大量虐殺事件である。…

長年、池上氏は正体を隠してうまく立ち回ってこられたようですが、バイデンが大統領になって以降は正体を隠す必要がないと思ったのか大声で「俺は左翼!!」と名乗ったわけですね。

今、世界中でこのように左翼であることをカミングアウトした人が増えています。

この堂々たる嘘つき集団たち

中国共産党などの恐るべき嘘つきぶりは皆さんご存知でしょうから、今さら例示するまでもないでしょう。そもそも嘘が多過ぎて例示しきれません。

それよりアメリカなど一応は「自由主義」を掲げる国でメディア操作・言論弾圧が行われたことは衝撃でした。身近に行われた犯罪なので分かりやすく、「左翼はこういうもの」と学習する良い機会だったのではと思います。

アメリカや日本メディアで叫ばれた嘘については、このブログでもずっとメモしてきました。検索などで当ブログへ初めて来られた方のためにリンクしておきます。

2020年アメリカ不正選挙の経緯とまとめ、最終版。:

風よ吹け! 不正選挙の証拠、最終弾で風向き変わる(ナバロレポ他)

日本メディアによる善悪反転の大嘘記事が、この時期大量に書かれました。筋の通らない気持ち悪い嘘でも、大手メディアの力を使って一斉にがなり立てることによって「事実」に変えることに成功(したとメディア自身だけは思っている)。:

「バイデンは中国の手先?」民主主義崩壊を目論む者たちと、善悪反転の手法

バイデン支持者たちはナチスと同じ手法を使って議会乱入し、暴力殺人の罪をトランプ支持者に擦り付けました。バイデン支持のANTIFA自身が「自分たちがやった」と自慢しているというのに、未だに「トランプ陣営がやった」という嘘の報道が行われているこの異常さ。:

“米議会乱入で4人死亡”の真相、Twitter言論弾圧の阿鼻叫喚… アメリカ乗っ取り過程を時系列でメモ

Twitter、Facebookなど大手メディアが一斉に行った「電子焚書」という言論弾圧。歴史に刻み未来へ伝えましょう。:

「焚書(ふんしょ)」とは何か? 人類史に刻まれる言論弾圧

…そして最終的には左翼団体自身が、「我々がこのような手法で政権を奪いました」と自慢しています。全て日本なら選挙法違反で逮捕される行為ですが、アメリカでは逮捕されないから自慢してしまったらしい。しかも、これでもまだ「不正選挙」だけは認めていないという真性の嘘つきです。:

「トランプを謀略で追い落とした!」米メディアが罪を自慢(タイム誌記事の感想)

思えば2020年はありとあらゆる不正、嘘が堂々と行われました。正義が通らず、バイデンが政権を奪ったままなのですから、今後も嘘は増えていくでしょう。

共産思想が優位になった社会では必ず嘘だけが語られる社会となります。

 

歴史ジャンルで見られる標本

ついでに狭いジャンルのなかですが、共産主義者がつく嘘の典型手法としてものすごく分かりやすいので例示しておきます。

史実を知っている方はあの左翼たちがつく嘘がどれだけ狂気じみているか、分かるだろうと思います。

「善悪反転!
独裁者の虐殺は無かったことに! 正直者は稀代の悪人に!!
史書は完全無視!!! 自分こそが歴史の創作者!!!!」

このように叫べば過去から書き換わると本気で信じ、歴史捏造に日々励んでいる左翼歴史家たち。心底から気色悪いです。

(妄想家と呼ばれてきた私のほうが、意外と史書を意識しながら自分のイメージを呟いていたことがご理解いただけるのでは?と思います)

三国志ジャンルの偏った布教活動について(ジャンル内体験者談)

ヒストリア『徹底解明!三国志英雄たちの秘密』レビュー NHKの非道な行い【拡散希望】

 

この人たちが『出師表』の歪んだ解釈を声高に叫ぶ理由

「諸葛亮が曹操を崇拝していた理由」? はじめての三国志がYouTubeでまた嘘をばらまいている

 

嘘つきは、殺人者の始まり

以上の例だけでも十分に「左翼は嘘をつく生き物である」、ということがお分かりいただけたと思います。実際はあらゆるジャンルで、数えきれないほど左翼の嘘がばらまかれているので検索して調べてみてください。

さらに左翼は逮捕されないなどの状況さえ整えば、必ず殺人を行います。「必ず」です。

事実、共産国家はこれまでの歴史上ほぼ100%に近い確率で、国家による大虐殺、または国民同士の尋常ではない大殺戮を起こしてきました。これは紛れもない歴史事実です。

【参考書籍】

『共産主義黒書』ステファヌ・クルトワ+二コラ・ヴェルト

【読書が苦手な人は動画参照】

(動画は宗教団体が上げているもの以外を探すのが難しい。比較的に偏りのないものを見つけたらUPします)

 

共産主義は殺戮の要因ではない、という反論

このような共産国が大量殺戮を起こした歴史事実を突きつけると、左翼は必ず以下の反論をぶつけてきます。(台本が配られていて「このように反論しなさい」と教えられているようです。彼らは常にコピーしたように同じことしか言えません)

もちろん完全なる欺瞞なので無視してください。

念のため、反論への反論も書いておきます。左翼自身を説得するのは不可能ですが、SNSなどでは議論を眺めている人が騙されないように反論を書き込むことも重要です。

「その時のトップがたまたまサイコパスだっただけ」という反論

共産社会主義を信じる左翼たちは、

「たまたまスターリンや毛沢東、ポルポトが人格破綻のサイコパスだっただけだ。共産主義は全く関係ない」

などと主張しています。

しかし“たまたま”にしては異常に多過ぎませんか? ほぼ100%ですよ。

万歩譲って仮に共産主義が無害だったとしても、何故か快楽殺人者のサイコパスがトップに居座りやすい、そんな社会システムを整える思想にこそ欠陥があるのだと思いますがそこは無視できる。見事なご都合思考です。

「キューバがあるから共産主義は無害」という反論

共産国による大虐殺の歴史を指摘すると、左翼が必ず口にするのが

「キューバという理想国家がある! キューバは虐殺してない。だから共産主義が悪いというのは誤り、共産主義は無関係で無害」

という話。どうやら左翼の間で台本が配られていて、“虐殺を指摘されたらキューバを挙げよ”と言われているようです。

ただしキューバは建国以来ずっと情報を公開していないため、実際どうなのかは謎です。今のところ「キューバは人民を虐殺したことがない」ということになっているだけのこと。でもソ連も中国もかつては虐殺の事実が秘密となっており、世界中の共産主義者たちは「ソ連・中国は夢の理想国家だ」と宣伝していました。キューバもいずれ粛清や人民虐殺の歴史が明らかとされるのかもしれません。

仮にキューバがたまたま虐殺しない共産国家だったのだとしても、そんな1%以下という少数の奇跡だけを拠り所に生きて行かなければならないとは左翼も憐れですね。

なお現実を言えば、キューバやベトナムなど穏健?とされる共産国家は、アメリカの圧力に抵抗するためやむを得ず社会主義を選択した(ソ連の援助を得ようとして)、という歴史的経緯があります。このため指導者層が本心から共産主義に染まっていなかった可能性があります。従って仮にこれらの国が人民虐殺していないならその事例こそ、「たまたまトップが共産主義に染まっていない共産国家だった例外」と言えるでしょう。

「共産主義は悪くない、民族が悪い」という反論

今の主流は、この反論プロパガンダです。

「ソビエト政府が虐殺を好んだのは共産主義のせいではない。ロシア人がもともと野蛮な民族で、DNAが悪いのだ」

「中国共産党が虐殺を好んだのは共産主義のせいではない。中国人がもともと野蛮な民族で、DNAが悪いのだ」

このように民族ヘイト・血の差別へ誘導し、人々の憎しみの矛先を左翼(自分たち)からターゲット民族へ向けさせるというものです。

そのようにして真犯である共産社会主義思想を生き延びさせよう、という目論み。

この工作は世界中の左翼によって行われています。

今、民族ヘイトのターゲットとなっているのは中国民族(漢民族)です。
香港・台湾・韓国・日本の共産主義者によって、

「漢民族は古代から残虐で周辺民族を虐殺してきた。モンゴル人も殺して支配した」

「中華思想が世界中の全ての悪事を造ってきた。ナチスも中華思想から生まれた」

「中国共産党は共産主義の国ではない、漢民族の国だ。漢民族だから殺戮を続けているだけ、共産主義は悪くない」

という真っ赤っ赤な嘘が叫ばれています。

中学校の世界史で論破できるものすごく頭の悪い嘘なのですが、残念ながら人間の本能として血の差別に惹かれる人は多いので、喜んで飛びつき民族ヘイトに中毒する人は多いようです。

特に日本では保守を装った“似非保守”(実は左翼)が漢民族ヘイトを叫んでいるため、信じてついていく若者が多いのでしょう。かつてのソ連を知らない世代には「中国民族だけが殺人している」ように見えているのだと思います。

私はもともと人道主義と真実に照らし「民族差別するな!」と叫んでいるのですが、左翼について行くのは危険だという意味でも注意喚起しています。

頼むから、中学校の世界史の教科書を開いて学び直して欲しいと思います。

【事実はこちら。中学の教科書を失くした方はこちらの記事を参考にしてください】

「中華思想」の嘘を暴く。漢民族は恐怖の侵略民族だった!?

民族差別する左翼の標本:

Twitterで見かけた「中華思想ガ―」捏造史観をばらまく人々

どこの国のどんな民族でも、共産思想に染まっただけで嘘つき・リンチを好むようになる事実

以上の

「たまたまトップがサイコパスだっただけ」

「その民族が残虐だっただけ」

といった言い逃れをまとめて論破できるのが、国内左翼の暴力を指摘することです。

日本国内においても共産社会主義者は凄惨なリンチ殺人事件を起こしています。これは人類のなかで少数しか生まれないサイコパスによる犯罪ではなく、ロシア民族や中国民族の残虐性による犯罪でもないことの証です。

山岳ベース事件(連合赤軍によるリンチ殺人事件)

この事件について描いた映画:

しばき隊リンチ事件(ごく最近の日本で起きた左翼によるリンチ事件。この記事では韓国人であることが強調されていますが、実際は在日朝鮮系に共産主義者が多いというだけのことです。リンチをするような左翼団体には日本人も大勢所属しています)

このような事例を挙げても左翼は、「新左翼と一緒にするな。それは俺たちと違う集団だ」などと分派のせいにして無関係を装うでしょう。

最終的には「自分だけは違う、自分の共産思想だけは正義」と反論するしかなくなるのです。

「自分だけは」という主張しか残らなくなるということは、それはもう思想自体が悪だという証明にもなります。

99人が脳を腐らせた薬でたった1人だけ無事だったとき、「この薬は誰に対しても優良な薬だ。全人類が飲むべきだ」と言えるでしょうか? 明らかに否、でしょう。

99人の脳が腐って1人だけが無事だったなら、その1人こそたまたま偶然に薬の影響を受けなかった希少な例外だということになります。つまりその薬は人類全体に害をもたらす毒薬である、と判断されます。これがエビデンス。

過去の大量の犠牲者をともなう実験で、すでに「共産社会主義思想は有害な毒薬である」という結果が出ているのです。

共産社会主義者は「社会科学」を自認し、革命による社会実験にこだわっているのですから、実験結果を素直に受け入れるべきです。

しかし、このような明白な結果すら受け入れずに捻じ曲げるのが共産社会主義者というもの。実験結果までも歪めてさらなる犠牲者を求めているのですから、彼らの殺人欲求は果てしなく貪欲です。

もはや処置なし。

左翼を洗脳から解くことは諦めて、彼らを社会から切り離しましょう。

そしてまだ洗脳されていない普通の人類は、この実験結果を客観的に眺めて左翼思想(フェミニズム、偽の平和主義、偽の平等主義、偽の環境運動…等々)へ近付かないようにしてください。

 

>>回答編を書きました

共産主義者が虐殺する理由と、対抗する方策を提言【共産社会主義の分析2】

 

用語の定義

この記事で使っている言葉の定義を掲げておきます。

〔左翼、共産社会主義〕

この記事では文章を簡略化するため、マルクス思想から派生した共産・社会主義思想に感化された者たちのことを、武闘派穏健派関わらず全て一括りに「共産(社会)主義者」または「左翼」と呼ぶことにしています(現代では全ての共産主義者がマルクス主義を源とした思想を学び、程度の差こそあれ影響されているため)。左翼という言葉の本来の意味「革新者」「進歩主義」は、この記事では含みません。

〔差別の定義〕

左翼の行いを批判することについて「差別だ!思想弾圧だ!」と言う人たちがいるでしょう。しかし「差別」とは、本人の意志ではどうにもならない民族・血統・文化・家系的宗教の属性を理由とする不当な扱いを指すものであり、自分の意志で選んだ思想(新興宗教)については含まないと筆者は考えます。

日本国憲法では「思想信条の自由」が保障されていますが、そもそも「自由とは他者の権利を害さない範囲において」許容されているものです。他者を誹謗中傷し人格を傷付ける・嘘をついて他者に危害を及ぼす・国家破壊のための工作を行う・他者に暴行を加える・他者の命を奪う……等々、左翼が行ってきた自己中心の犯罪まで無限に「自由」が与えられるという意味ではありません。

左翼団体はその破壊的活動を理由として「反社会的組織」と指定される対象です。それら犯罪を教唆している思想書があるなら批判せねばなりません。

なお、左翼思想を持つ者を死刑にする、マルクス思想書を発禁処分として現存の書籍は焚書する…等々などの過酷な弾圧までは必要ないと私は考えます。そのような人道に反することはやってはならないと思いますし、弾圧したところでかえって思想が正当性を得て逆効果となる場合があります。

だから弾圧に繋がることのないよう充分に注意せねばなりませんが、殺人を教唆する思想は批判してしかるべきもの。批判まで封じることこそ、「言論弾圧」です。

Translate »