安倍元首相殺害事件、真相を探るメモ2 主犯は左翼?DS??

安倍元首相殺害事件、真相を探るメモ2 主犯は左翼?DS??

今回は前記事でメモした情報を手掛かりに、事件の真相を考えてみます。

これは人の死を悦ぶメディアのような興味本位で書く記事ではありません。今回の事件はテロであり国家の危機と思われるため、日本国民の一人として必要を感じ推測するものです。

前記事:

安倍元首相殺害事件、真相を探るメモ1 単独犯ではない証

単独犯ではないことは確実… ではどんな集団が関与した?

前記事でメモしたことから、今回の事件が山上容疑者による単独の犯行ではないことは明白だと言えます。

しかも数年前から入念に計画されて実行されてきたものだと分かります。

そしてその計画には広範に、大勢の者たちが関わっていたようです。個人が旧統一教会への怨みだけで実行したとするストーリーは不自然極まります。

同じように違和感を覚える専門家の方もいるようです

田母神氏のツイートより:

安倍総理殺害の山上容疑者が、彼の家庭を壊した統一教会に恨みを持ち、安倍総理が統一教会の行事に祝電を送っていたとかで安倍総理を狙ったという。何か腑に落ちない。狙うなら統一教会幹部ではないのか。本当に彼の単独犯行なのか。安倍総理を抹殺したかったグループに動かされていることは無いのか。

一般の人も同様の意見です

山上容疑者の供述に疑問を唱える人々の声はたくさんSNSに投稿されていますが、代表例としてタレントの発言を挙げます。『テレビ朝日モーニングショー』7/11で、「個人の単独犯」であることを必死で印象づける玉川徹氏へ真っ向から反論した石原良純氏、要約:

玉川徹「手製の粗末な銃で殺害するのは難しい。この事件は様々な偶然が重なって最悪の結果をもたらした。たった一人の妄想で大統領候補を暗殺するストーリーの映画、『タクシードライバー』を思い出した」

石原良純「映画で言うならこの事件はJFK暗殺を描いた『ダラスの熱い日』のほうだと思う。この事件が一人の犯行であるはずがない。犯人の動機から犯行までのストーリーが、あまりにも気持ちよく当てはまってしまう。気持ち悪いくらいに。そこが腑に落ちない。(どのような集団が関与したのかを把握するために)安倍さんがいなくなったら、誰がどう得をするのかを考えなければならない。外国から見た日本の顔は安倍さん。安倍さんを失ったというのは日本と外国をつなぐ大きなものが切れてしまった。…」

(石原氏の発言に玉川氏は仏頂面、羽鳥アナはだんまり)

皆さん、メディアが流す物語に対して「何か腑に落ちない」と感じているようです。

漠然とですが、この事件は単独犯ではないし背後にそれなりの組織がいるだろうということは、もう日本人の共通認識となっているでしょう。

では首謀者はいったい誰で、どのような集団が実行したのでしょうか? 様々な憶測について現実の手がかりから真偽可能性を考えてみます。

「CIAがやった」説

陰謀論界隈からは再び「DSの命令でCIAが実行した」説が流布されています。

それこそJFK暗殺陰謀論で語られる手法と同じように、単独犯に見せかけて実際にはプロが遠方から銃撃したのだと。

確かに、銃撃を二発目まで映した動画を見るとオリンピック選手なみの腕を持つ射撃手が撃ったようにしか思えません。

参考。前記事で掲載した動画の話

前記事の最後に書いた話をここでも繰り返しておきます。

山上容疑者の持つ自称“拳銃”からは弾が出ておらず、大きな音と煙を発するだけの花火であったことが分かります。もしあれが6発×2の散弾を発する銃であれば、安倍元首相の背後に立ち塞がった人々や周辺の観客を必ず殺傷しています。山上容疑者の立ち位置(特に胸の辺りに構えた銃)からは、多くの人々の頭を飛び越えさせた銃弾を、台上の安倍氏一人だけに当てて殺害するのは物理的に100%不可能。

安倍氏を傷付けたのは山上容疑者の花火ではなく、花火二発目の直前に斜め上方から飛んで来た弾のようです。おそらくこれが首を掠めて傷を付けており、しばらく後に出血を起こしたのではないかと思います。(動画を見ても明らかな通り、安倍氏は即死ではありません。心臓に弾が達していたとの医師の説明が嘘ではないとすれば、この動画の後にその銃撃があったことになります。と言うことは身近にいた者の犯行か、運ばれる時に撃ち込まれた可能性もあります)

【前記事の動画より、二発目発射の瞬間を切り取った画像】銃撃の瞬間、安倍氏の背後にはたくさんの人が立ち塞がっていた。この人たちを避けて12発の弾が安倍氏だけに飛んだとすれば、オカルト的な超常現象が起きたことになる。そんなわけがない。

安倍元首相襲撃の瞬間1

【参考】安倍氏を担当した医師による被弾状況説明

【安倍氏の後ろにいた人の証言】この証言は医師の被弾状況説明と矛盾しています。

二発の爆音は銃声には聴こえなかった。(二発目の爆音の後に)安倍元首相は台から降りてうずくまった。しばらく会話もできていたがそのうち意識を失った。治療のため胸をはだけていたが胸の辺りに傷はなかった。首から少し出血していたものの大量出血ではなかった。

一般人の単独犯に見せかけて、実は他のプロたちが遠方や近距離から射撃。1963年アメリカのケネディ大統領が暗殺された事件そっくりです。

しかし、私が引っかかるのはあまりにもJFK事件とそっくり過ぎるところ。しかもこうして動画を見れば一目瞭然に不自然さに気付けるほど、稚拙で素人臭い。(遠方から射撃した人の腕前だけはプロフェッショナルのようだが)

だからこそテレビメディアではこの銃撃の瞬間を絶対に流せないのだし、YouTubeやSNSで動画を上げたアカウントをBANして言論狩りするしかないのだと思います。

こんな言い方は語弊あるかもしれませんが、もしCIAの仕業であるならもう少し緻密でプロフェッショナルな作戦が組まれたのではないでしょうか。

私が思うに、これはJFK事件を模倣した素人集団の作戦でしょう。

終始冷静だった山上容疑者は経歴などを考慮した選りすぐりの半プロ、遠方から射撃した人はおそらくオリンピック選手や外国の傭兵…など、ところどころにプロを雇っているようです。しかし、作戦を組み立てた者は幼稚な発想を持つ素人。実戦経験のない者でしょう。

せいぜい平和な日本で、甘えた反抗デモ活動をしているあのニートたち(自称プロ市民)程度の中二病頭脳しかないと思います。

事件後の報道「統一教会のせい」という幼稚な脚本も首謀者たちのレベルの低さを表しています。

この稚拙さでは、さすがに百戦錬磨なCIAの仕業と言うのは無理があります。

「DSの命令」について

ただし、ここのところの世界情勢を眺めていると「DSの命令」という点だけは無視できないと思っています。この件、後述しました

「統一教会の内ゲバでCIAがやった」説

これは陰謀論者で有名な、副島隆彦氏が流している説です。

上の説と似ていますが、違うのは「統一教会が首謀者」とする点です。

何故か「統一教会の内ゲバ」で安倍氏が狙われ、CIAが実行した……と仰るのですが失笑しました。動機も理屈に合いませんし、参議院選挙の直前に実行されたことの筋も通りません。

そもそもいったいCIAはどういう政治的な意図に基づいて統一教会に服従し、日本の元首相殺害という大仕事を実行したというのでしょうか? 東アジアの新興宗教団体はアメリカの国益とどう関わっているのですか?

え、旧統一教会ってロスチャイルドやロックフェラーを上回る金融支配力がありましたっけ? 恐るべし、統一教会。嗤…

副島氏が言うにはアメリカ政府には統一教会の工作員が多く入っていて既に牛耳られている、CIAは統一教会の手足として動くとのことなのですが、副島氏自身そんな話を以前からされていたとは思えません。

メディアの報道で旧統一教会の名が出てから、急にそのような話を始めた印象があるのですが気のせいですか。私は副島隆彦氏という方の発言を逐一追っていないのでご存知の方は教えてください。

ちなみに、副島氏とはこのような経歴をお持ちの方です。彼の話を信じるか信じないかは読者様次第ですがご参考までに。

【質問掲示板1】副嶋隆彦は怪しい言論人じゃないですか?

【質問掲示板2】副島隆彦先生の予想の当たり外れを教えてください。

私はロスチャ陰謀論、DS(ユダヤ)陰謀論・中華思想枢軸論など民族ヘイト説をばらまいている言論人は概ねこのような方々だと認識しています。

流言に騙されている人たちはともかく、噂を流している張本人たちは確信犯でしょう。

何より、彼らの口から「共産主義者が首謀犯である」という言葉が一言も出ないことが不自然なのです。近現代史の歴史的犯罪のほとんどは共産主義者によって行われているのですから、共産主義の話を抜きにして歴史を語ることは不可能であるというのに。

今回、統一教会への憎悪が現れた副島氏の文を読んで確信しました。彼らは真相から目を逸らさせるための陰謀論をばらまいている、共産主義者の別動隊であると。

結論:殺害計画を作成、実行したのは「こんな人たち」と推測

もはやこれ以上の分析は必要ないと思うので結論を書きましょう。

私はなるべく結論ありきではなく、イメージによる思い込みを排除して考えたいタイプなのですが、今回の犯罪もどうしてもあの者たちにしか結びつきませんでした。

いつもワンパターな結論となるのは、あの者たちがワンパターンだからです。

みんなの第一印象は「左翼がついにやったな」

イデオロギーなど持たない人でも、皆さん事件当日に第一印象で「あいつらがやったのだ」とイメージした集団があるかと思います。私も当初から同じ集団をイメージしていました。

「あいつら」とは

言わずもがなですが、アベガーと叫び続けてきた「こんな人たち」のことです。あれだけシネシネ大合唱して安倍氏へ怨念を送り続けてきたのですから、真っ先に疑われて当然でしょう。

前記事から画像引用しておきます。

※ただしこの画像に写る人々が主犯だとは言っていないので要注意。反安倍デモで写真に写る人たちは金で雇われたアルバイトの可能性も高いです。犯人扱いしないよう注意してください。(余談。この画像の中に創価学会の旗もありますね。自公連立ですから創価が主犯ということはあり得ません。ただし学会員の中には極左で反安倍のお仲間も多くいるのは現実です)

 

皆の第一印象。犯罪予告が書き込まれた掲示板のスレッドより

https://mevius.5ch.net/test/read.cgi/seiji/1657105382/

安倍晋三氏の死を「天罰」と呼び、殺人犯を「英雄」と称える書き込み者の属性

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/13035351.html

人が殺された翌日にこのような誹謗中傷と、歓喜の書き込みができるとは神経を疑う。まさしく異常な非人間の証ですね。

自分たち偏ったカルト思想集団を“真っ当な国民”と呼ぶところにも傲慢な非人間らしさが出ています。自分たちこそ棲み処の地獄へ帰るべきでは…?

上のgoo掲示板の投稿からも分かる通り「反自公維新」――つまり共産党、立憲民主党などの左翼党員と支持者たちが安倍元首相の死を本気で望んでいたのは確かです。

左翼メディアや左翼アカウントが「政治信条とは関係ない」と一斉に叫ぶ

今回の事件では、発生当初から

「政治信条によって安倍氏を狙ったわけではない」

との容疑者の供述がメディアで何度も報道されました。左翼と見られるSNSアカウントでも、「山上容疑者は政治信条を持っていなかった」との叫びが一斉に投稿されています。

叫べば叫ぶほど怪しくなり疑われるというのに、犯罪を隠したいという本能からつい大声で叫んでしまう。左翼の悲しいサガですね。

2014年の暗殺依頼と、今回の事件との相似

2014年には左翼の個人が安倍晋三氏の暗殺を暴力団に依頼して炎上しました。

「心臓を狙う」や暗殺組織への依頼など、今回の事件にも酷似した投稿です。

まさかこの個人が今回の事件の首謀者だと言うわけではありませんが、左翼集団の間でこのような願望が当たり前として語られ、共有されていたであろうことは想像に難くありません。

このような分かりやすい言動から、事件に関わる中心団体として真っ先に左翼集団が思い浮かぶのは自然でしょう。

第一印象だけで物事を決めつけるのは良くないので、現実の手がかりをもとに先入観を排除して考えてみたのですが……やはり同じ結論に至りました。お粗末。

お膳立てした者が犯人である

当たり前のことですが、犯罪の準備をするのは犯人だけです。

つまり今回も、計画のお膳立てをした集団があればその者たちが首謀者だったと推測できます。

警備を封じ込めたのは左翼弁護団

今回の安倍元首相殺害事件が“成功”してしまったのは演説時における警察の警備が手薄だったからです。そして警備が手薄だったのは、前もって左翼弁護団が訴訟で警察警備を封じ込めてしまったからです。

前記事から転載しておきます。

今回の事件では警察による警備の不手際を非難する声が上がっています。

しかし実は、警察は十分な警備ができない状況にあったことをご存知でしょうか。

2017年に安倍元首相が秋葉原で街頭演説をした際、左翼集団が集まり「安倍やめろ」コールをして演説を妨害しました。違法かつ危険な妨害行為であったため、警察が当然の職務としてこれら団体を排除。

妨害した集団はこの警察による警備を違法とし、各地で裁判を起こしています。

【参考リンク】「安倍やめろ」街頭演説ヤジ訴訟、道警は「排除」を正当化できるか? 3月25日に判決

これらの裁判によって、現在では政治家の演説場において警察が十分な警備をすることができなくなり、危険人物が近付いたとしても排除しづらい状況にありました。

観方を変えれば、今回このような結果となったのは警察のせいではなく左翼弁護団が警備を封じたせいだと言えます。

つまり安倍元首相の殺害は大勢の者たちによって、数年前から計画され入念な準備が成されていた。まずは警察の手足を封じる策略から始まっていた…。このように考えると点が線として繋がるでしょう。

――さて、ではこの計画を立てた首謀者(集団)は誰?

回答:「こんな人たち」※と安倍元首相に呼ばれた反アベ左翼集団です。

幼稚園生でも分かるごく簡単なクイズでしたね。

皆の第一印象のイメージが裏付けられてしまいました。

(もう一つ。駅前広場の工事を発注するよう動いた中心人物は誰なのか、捜査すると分かりやすいと思います)

※「こんな人たち」と呼ばれた団体の具体名称は公表されていませんが、公安警察は把握しているはずです

安倍氏殺害計画を実現させた根本的要因…日本の最大の問題点

はっきり言えば、今回の安倍元首相殺害事件は左翼を放置したことで起きたのだと言えます。

テロ集団である左翼団体が何故、日本では大手を振って活動できるのか? 何故、長年リンチ殺人を続けている反社なのに壊滅させられることもないのか? 大いに疑問です。

その結果が安倍元首相の暗殺でした。いい加減に放置すべきではないでしょう。

日本国と民主主義体制の破壊を目指すカルト思想集団には破防法を適用して即刻解体、活動を禁じる。左翼による左翼のためだけのテレビ局から放送免許を取り上げる。等々、厳しい対応が必要です。

 

【悲報】山上容疑者が左翼団体に所属していたことがバレてしまう

左翼が調子に乗って「僕たち犯人じゃないもん」と叫び過ぎたせいでしょう。

事情通の方によって、山上容疑者が犯行直前に幾つもの反アベ極左団体に所属していた情報がリークされてしまったようです。

以下は雑誌記事から引用、アンダーラインは当ブログ筆者による。

安倍元首相銃撃の山上容疑者の背後に2つの〝反アベ団体〟か 捜査当局が重大関心

安倍晋三元首相(享年67)が今月8日、奈良市で行っていた参院選の街頭演説中に銃撃され、死亡した事件で、元海上自衛隊員の無職山上徹也容疑者(41)は、より殺傷能力の高い銃を選んだという趣旨の供述をしていることが12日、わかった。そうしたなか山上容疑者は複数の過激な“反アベ”の団体に所属していたとの情報が浮上した――。
(略)
そんな中で浮上したのが、山上容疑者は“反アベ”の団体に所属していたとの情報だ。

「山上容疑者はリベラル色が強い“反アベ”団体に所属していたのではないかと言われています。安倍氏の長期政権の“独善的”な姿勢を嫌う団体。会員は数千人規模です」とはテレビ局関係者。この団体は安倍氏だけでなく、父の故安倍晋太郎元外相、祖父の故岸信介元首相の安倍ファミリーをも敵視する。特に団体幹部は、SNS上で安倍氏を攻撃していた。

山上容疑者は奈良県警の調べに、動機について「安倍氏の政治信条に対する恨みではない」と供述。同関係者は「その団体の中で積極的に活動していたというより、団体の活動を“支持”していたのではと言われている」と話す。この件について団体幹部に「山上容疑者は団体会員か」と問い合わせたが、折り返しはなかった。

それだけではない。捜査当局はもう一つの過激な団体にも注目している。事情に詳しい関係者の証言。

団体の実名は明かせませんが、かなり好戦的な思想で、やはり反安倍。しかもこの団体の背景がかなり不気味で、闇に包まれている。山上容疑者が洗脳された可能性がないか重要調査対象となっています」

https://www.tokyo-sports.co.jp/social/4317941/より

事件発生した瞬間に皆が抱いた第一印象の通りだったことになります。

(左翼の集まる掲示板ではこの話を「東スポの妄想」と嘲笑していますが…妄想妄想と唱えるほど疑いが濃厚になるというのに懲りない。いったい、一般人はあなた方左翼の言うことと、この情報のどちらを信じるでしょうか? 東スポだから信用に値しない、との意見は非論理的。今は大手メディアのほうが嘘を報道しがちな時代です)

警察はどうか全力で捜査しその団体を検挙していただきたいです。

今回もまた、左翼の誘導報道によって国家を揺るがす重大犯罪がウヤムヤになってしまいませんように。

 

左翼が統一教会を潰したい理由

補足情報。

皆さんご存知でしょうが、今回の事件が「統一教会のせい」ということにされているのは理由があります。

左翼には、安倍元首相もろとも、統一教会を葬り去りたいという目的があるからです。

統一教会は昔から対北朝鮮で保守的な発言をしてきた団体であり、現在も「国際勝共連合」という反共活動をしています。このため左翼には統一教会を何としても潰さなければならない、との目的があるのです。

 

勝共連合サイトより

今回、安倍元首相を殺害したついでに、統一教会に責任をなすりつけて両方を葬り去る――

これこそ左翼にとって「一石二鳥のうまい作戦」に思われた脚本なのでしょう。

賢い人なら同じことに気付いているはず。

旧統一教会を利用した自民党へ苦言

おそらく日本の自民党は共産主義の脅威に対抗するため、韓国の保守として統一教会と手を組んだのだと思われます。“利用した”とも言えるでしょうか。

同じ悪でも、全国民の財産を奪ったうえ大量虐殺を必ず行うカルト思想・共産主義より、せいぜい少数個人の資産を奪うことくらいしかやっていない宗教団体のほうがマシだと思ったのかもしれません。

【参考】世界最凶のカルトは共産思想である

共産主義者は世界中で何をしてきたのか?【共産主義虐殺リスト】

確かに、反共団体が少なくなった現代において「勝共連合」は頼もしい存在ではあります。

(もちろん私は宗教団体は嫌いなので統一教会を支持する気持ちはありませんが、「勝共連合」のサイトは勉強するため訪れたことがあります)

しかし自民党も、宗教団体を利用するのは良くなかったですね。特にキリスト教系カルトを日本で蔓延らせるのは良くない。また今後は韓国籍の人々による日本侵略の野望が現実的脅威となってきていますから、偽装結婚で永住権取得の温床となっている“合同結婚式”を禁じるなど法改正をして移民流入を防ぐべきです。

ただ、それと今回の事件とは別

旧統一教会に悪いイメージがあるからといって、安倍元首相暗殺事件の濡れ衣を着せるのは違います。

今、統一教会を叩くのはただ共産主義者たちを利するだけ。当たり前ですが真犯人は必ず突き止め、断罪すべきです。

日本にとっての本当の脅威は小規模な宗教団体ではない。今も世界革命を夢見ているカルト思想団体です。現代左翼のコミンテルンこそ真っ先に潰すべきです。

最後に…DS陰謀論の現実的な解

陰謀論について否定した項目で、「DSからの命令という点だけはあながち無視できない」と書きました。

私は一般で流布されているDS陰謀論を信じる者ではないのですが、あえて私の定義する存在を“DS”と呼ぶならば、今回の事件もその“DS”絡みだったと言えるという意味です。

【私の定義するDSとは】

DSとは何か? 世界支配を目論むビックブラザーの正体に迫ってみた

何故なら、日本で起きたこの事件は昨今の世界事情の流れに組み込まれているとしか思えないからです。

アメリカではトランプ氏が大統領の座を奪われ、オーストラリアも反中政権が潰され、イギリスでも保守の旗手ジョンソン氏が追われ……その直後に、日本の保守代表とされる安倍元首相が殺害された。

これは世界で続いている、一連の「保守潰し」での暗殺だったと考えるべきではないでしょうか。

特に中国共産党に厳しい態度をとった政治家たちが排除され、または暗殺されたことに注目すべきです。

(なお、バイデン米国大統領は表向き中国に厳しい政策をとっているかのようですが、実際はそうでもありません。バイデン氏の政策を見れば、バイデン氏及び米国民主党が水面下で習氏と繋がりうまく中国に利益を与えているのが分かります)

日本だけが首相を辞めた安倍元首相の暗殺という悲劇に見舞われたのは、日本は“黒幕政治”の土壌であるからでしょう。日本にはトップを退いた政治家のほうがかえって力を持って国を動かしていく文化があります。安倍氏もこれからが活躍の時だと考えられました。だから政権から追いやるだけではなく殺さなければならないと考えられたと思います。非道なことです。

このように考えれば、DSことアメリカ左翼と中国共産党らが黒幕であることは明らか。

実際に「アベを暗殺して罪を統一教会になすりつける」という絵図を描き実行したのは、上述した日本の左翼団体だと思います。ただしそれは現代の“世界コミンテルン”からのGOサインがあって初めて実行できたことだったでしょう。おそらく2022年の参議院選挙直前でなければ駄目だったのです。

直後の選挙では共産党など野党は惨敗し、自民党による改憲が可能となりましたが、これもアメリカ左翼から見れば期待通りの展開だったかもしれません。

Translate »