三国志(趣味雑談)

1/4ページ

蜀嫌い、孔明嫌いは“自然の流行”…? 三国志ランキングでわかる実態

Togetterまとめにて、さっそくいただいたコメントのなかで「曹操人気(蜀嫌い、孔明嫌い)は自然に起こった流行だ」という書き込みがあったのですが、本当なのでしょうか? 現実に行われたアンケートやランキングの結果を見ると、どうも「孔明は日本人に不人気」という話も嘘。 つまり曹操人気や孔明不人気は、自然発生の流行ではなかったどころか現実を反映してさえいないようです。   goo三国志武将ラ […]

曹操はサイコパスだった! 現代の脳科学・精神医学で裏付けられる人格障がい

『三国志人物をMBTI(現代の性格分析)で考えてみた』にて、私は「曹操はサイコパスだった」と書きました。 「三国志(正史)でMBTI」、参考に考えてみた 昨今の“曹操崇拝教”の布教活動によって凄まじい曹操上げが行われたため、“曹操信者”と呼ばれる妄信的なファンを増やした曹操のこと。彼を「サイコパス」と表現したことに反発を覚える方も多いでしょう。 しかしその反発心のベースには数々の誤った知識があると […]

劉備とは仲が悪かった? 操っていた? 人間同士の信愛を否定することが許せないという話

〔2019/7/25筆記事、復帰〕 昨今蜀に対する下劣な悪口を書いている人々が、なんと 「劉備と諸葛亮は、実はそんなに信頼し合っていなかった。仲が悪かった」 と主張し始めています。 悪口が言いたいからと言って、人の信愛まで否定しますか。人間として悲しいですね。 ※人間として悲しいどころか「鬼畜」「獣」でした 三国志ジャンルの偏った布教活動について(ジャンル内体験者談) 『はじ三』の無知な歴史ライタ […]

「劉備が一国一城の主になれたほんとうの理由」…劉備は自信家という話

〔昔書いた記事の移動〕 『蜀通信』というタイトルであるのに三国志雑談が少なくてすみません。これから(21/6/3)増やしていきます。 私にとって三国志の話題は疲れるものでして、心のエネルギーが充分ではないと見られないのです。それで意識的に避けてもいます。 ところが……。 本日ヤフーニュースを眺めていて、気になったニュースがあったのでクリックしようとしたら、記事タイトルにぎょっとしました。 ※大津事 […]

「オタクは軍師になりたがる」で一考。“軍師”向きの資質とは?

軽めの雑談、現代のネタです。(ビジネス・勉強)   オタクに軍師は無理、という意見 昨日こんなツイートを見つけ笑っていました。 オタクはすぐに軍師とかプロデューサーになりたがるけど、そこは人身掌握とか根回しとか一番必要になってくるポジションなので無理です。 アンザイさんのツイート 「オタクはコミュ力ない」という絶対的な決めつけ(概ね真実)のもと、「無理です」とバッサリ言い切ってしまうとこ […]

孔明ってどんな人だったの?に回答。諸葛亮の史実・性格分析【年表あり】

『三国志』フィクションで派手に描かれることの多い諸葛亮・孔明。 「奇策を弄する天才軍師」「冷たく厳しい法家」という描かれ方をされていますが、史実はその一般イメージと大きくかけ離れた人物です。 当記事では初心者さんから中級者さんのために、史書に記録されたエピソードを抜粋しながら諸葛亮の実像をご紹介していきます。 ※ご注意※ 「現実の孔明ってどんな人?」ということを知りたい方向けの記事です。ある種のネ […]

『三国志TK』陸毅さんは諸葛亮のイメージに合わない…ですか??(追記あり)

ちょっと息抜きで雑談。 当ブログのプロフィールを少し書き換えました。 記事で年寄りぶっているわりに年齢を書いていなかったことに気付き、このブログに来られる方なら分かりやすいだろう例にて、ぼんやりと世代を示してみたもの。 ほぼ年齢そのものを書いているようなものですが(笑)、数字を書かない事情は察してください。 ※数字を書くとネット上で色々不都合があるゆえ   上のプロフィールでリンクするた […]

曹操、葬礼が華美ではないだけで名君扱いの謎と、孔明「七縦七擒」

先日※、NHKで真夜中にひっそりと放送された『古代中国英雄伝説「曹操と孔明」』という番組を観た。 前半は曹操の墓についての話だった。「人々に憎悪されている人物は墓を掘られて骨もバラバラにされてしまう」という実例を見た。 後半は諸葛亮。「蜀を攻撃してきた異民族たちを拘束しても、すぐに解放して客人扱いした(これを七回繰り返した)」エピソードについて。   ※これは2018年7月4日に書いた記 […]

かつて蜀に存在した?孔明の生まれ変わり

前半は軽めの三国志雑談、「孔明の生まれ変わり」と言われた人について紹介。 後半は「大紀元」という反共メディアで、この件について書かれた記事が中共のウイグル・チベット弾圧を褒め称えていると気付いたのでメモしたもの。 「大紀元」は日頃ウイグル・チベット弾圧を責めているから何かの間違いだと思いますが。たぶん裏側のメッセージに気付かず、中共メディアの記事から転載したのでは…? 「大紀元」編集者さんには記事 […]

空旅中国「孔明が挑んだ蜀の道」レビュー 。人道主義の痕跡

疲れる現代政治話が続きましたので、息抜きとして、純粋に歴史が好きな方のために書いた記事を上げておきます。 これはマニアさんにも好評を博した記事です。2020年8月14日放送『空旅中国「孔明が挑んだ蜀の道」』の感想。(NHKの番組なのにめずらしく問題ない内容でした。→NHK問題参照) 内容は中級者以上向けです。 『三国志』のフィクションを一通り読み、これから史実も学ぼうとしている方でなければ少々難し […]

1 4
Translate »