共産主義

1/2ページ

中国「堀墓」風習と、死後世界に関する思想【ご質問回答3】

前回に引き続き、若い方々からいただいたご質問に回答していきます。 今回は中国人が「悪人の墓を掘る」風習と、死後世界に関する思想について。長い話となりましたので単記事としました。 前回のご質問回答記事: 中国ってなんであんなに残虐なの? 皆の疑問【ご質問回答2】 〔アイキャッチ画像:兵馬俑 byacworksさん〕   質問:中国には悪人や暗愚の墓を壊したり掘り起こしたりするのはどんな思想 […]

三国志展のガイダンス映写から読む、中国共産党の思惑

東京国立博物館で開催されている※『特別展 三国志』も残すところ本日のみとなった。 祝日でもあり相当に混雑することが予想される。 本日行かれる方は押し合って怪我などされないよう、気を付けてください。   ※2019/9/16筆です。前記事の関連としてこれも新着に上げておきます。〔常体記事〕 『三国志展』ネットの反応 『三国志展』について私は良い印象を持てなかったが、 ネットの反応を見るとや […]

曹操、葬礼が華美ではないだけで名君扱いの謎と、孔明「七縦七擒」

先日※、NHKで真夜中にひっそりと放送された『古代中国英雄伝説「曹操と孔明」』という番組を観た。 前半は曹操の墓についての話だった。「人々に憎悪されている人物は墓を掘られて骨もバラバラにされてしまう」という実例を見た。 後半は諸葛亮。「蜀を攻撃してきた異民族たちを拘束しても、すぐに解放して客人扱いした(これを七回繰り返した)」エピソードについて。   ※これは2018年7月4日に書いた記 […]

中国ってなんであんなに残虐なの? 皆の疑問【ご質問回答2】

こちらは二十代くらい、若い方々からいただいたご質問です。おそらく現代ニュースを眺めて、多くの若い方が同じ疑問を抱いているのではと思います。 匿名にてご質問を引用、回答させていただきます。   質問:中国はいつから今のような独裁的な感じになったのか? 回答:1949年、中華人民共和国が建国したときからです。※ “独裁的”な王朝は古代から何度か興りましたが、民や豪族の反乱に遭って比較的に短命 […]

かつて蜀に存在した?孔明の生まれ変わり

前半は軽めの三国志雑談、「孔明の生まれ変わり」と言われた人について紹介。 後半は「大紀元」という反共メディアで、この件について書かれた記事が中共のウイグル・チベット弾圧を褒め称えていると気付いたのでメモしたもの。 「大紀元」は日頃ウイグル・チベット弾圧を責めているから何かの間違いだと思いますが。たぶん裏側のメッセージに気付かず、中共メディアの記事から転載したのでは…? 「大紀元」編集者さんには記事 […]

ヒストリア『徹底解明!三国志英雄たちの秘密』レビュー NHKの非道な行い【拡散希望】

  『空旅中国』ではめずらしくまともな内容を放送したNHKでしたが、2019年8月に放送されたこちらの番組は“通常運営”で、中国共産党のプロパガンダを堂々と流しました。 歴史捏造の大嘘をテレビで大々的に放送することがまず、許せませんが。(いつものこと) かつて『人形劇 三国志』が好きだったファンの心を徹底的に踏みにじる目的で、わざわざ当時の人形・本物の声優たちを使って嘘を流した行為に激し […]

新型ウイルスがもし「生物兵器」だったら、目的は何? 習近平の思惑を探る

現代中国の話。 これは新型コロナウイルスが世界に蔓延し始めた頃2020年2月16日、他の場で書いた記事です。今の目で答え合わせしつつ、ここに掲載します。 内容について:事実として書くものではありません。拡散する場合は事実と断定しないよう充分注意してください。ただし言論自由がある社会において個人の考えや感想を述べる権利はあります。他所でこの記事内容を話す場合は文責として当URL明記をお願い致します。 […]

この人たちが『出師表』の歪んだ解釈を声高に叫ぶ理由

〔中級以上マニアさん向け記事です。基礎知識はまた初心者さん向け記事で解説します。本文常体〕 初心者さん向けの解説はこちら: 「出師の表」とは何か? 世界で一番やさしい解説   『三国志をあびるように読みたい』というブログの『出師表』解説記事を読んだが、気持ち悪い解釈でおぞましいものを感じた。 『2020-06-01 「出師の表」とは何か-劉禅の動きを封じ北伐に集中するための呪縛-』htt […]

若い人に知って欲しい、日本等における共産主義の本当の歴史

先に言っておくと私は手放しで安倍首相を個人崇拝する者ではないし、ネトウヨだったことも一度もない。 日本の歴史も知っている。かつては歪んだファシズムに侵されていたのだから、良くないことをしたのは事実だろうと想像できる。(ただし左翼が語る話に酷い誇張があることは間違いない) それなのにブログ等で事実としての共産主義者たちの蛮行に触れると、脊髄反射にて「ウヨ!」とレッテルを貼り敵視する。そんな若い人たち […]

柿沼陽平『劉備と諸葛亮 カネ勘定の三国志』絶賛レビュー。諸葛亮は偉大な共産リーダー? 

アンチ蜀が出版した捏造歴史書から、裏側の思惑(中国共産党の工作)を読み説いていく。 〔常体記事です。上級マニア向け。現代社会の知識が必要〕 蜀をブラック国家として描いた歴史捏造本 柿沼陽平『カネ勘定の三国志』のなかで捏造された新・諸葛亮は、民を虐げて異民族を虐殺して利益を得るという、共産主義者たちが憧れる理想的リーダーの姿だ。 その自分が捏造した新キャラクターを著者の柿沼氏は「尊敬している」らしい […]

Translate »