八代弁護士の発言で晒された日本共産党のヤバさ。「共闘」の意味を知ろう(追記あり)

八代弁護士の発言で晒された日本共産党のヤバさ。「共闘」の意味を知ろう(追記あり)

2021年の衆議院選挙が近づき、何かと話題を集めているのが日本共産党の言動です。

立憲民主党と「共闘」したり、八代(やしろ)弁護士のテレビ番組での発言を批難して炎上させたり。

“野党で手を組みたいのは分かるけど「共闘(キョウトウ)」って何? 変な言葉~”

“八代弁護士の言ったことで共産党の人たちはなんであんなに目くじら立てて怒ってるの?”

と、若い方々は首を傾げることが多いと思います。

彼らの言動は独特なので、理解するためには少しだけ共産主義のことや共産党の歴史を知る必要があります。

この記事ではまず、今の野党が掲げる「共闘」という言葉の真意を考えてみます。

八代弁護士の発言の件は、よくまとまっているYouTubeなどをリンクしておきますのでぜひ見てください。

あなたが大切な一票を入れるかもしれない政党の“本質”を知るために、党員によって修正されていない客観的な歴史を学びましょう

〔追記 日本共産党の歴史と体質がよく分かるリンクなど追加〕

 

今回の選挙のキーワードは「共闘」

2021年、日本国の衆議院選挙で特に目立っているのは「共闘」という宣伝文句でしょう。野党のポスターの多くにこのワードが大きくプリントされています。

若い有権者向けに柔らかい言葉や横文字を使うことが多い近年の選挙では、ちょっと違和感のあるゴツイ言葉ですね。なんだかいかめしい、戦時中の言葉のようです。

そのイメージ通りこれは昭和から使われている言葉。

と、言っても国がとなえた軍事用語などではなくて、共産主義者たちが使っていた言葉です。

なぜ「闘争」というキナ臭い言葉を使うのかというと、暴力革命の意味を含んでいるからです。

「共闘」とは「共同闘争」の略

「共闘(きょうとう)」は現代では二つ以上の組織がともに闘うという意味の一般用語となっていますが、もともとは共産主義の思想を持つ団体の連合を意味する、「共同闘争(きょうどう・とうそう)」の略。

たとえば1946年の2月1日に行われた「二・一スト」では、複数の労働組合が連合して「全国労働組合共同闘争委員会」を名乗りました。これは始め労働者による賃上げストライキの体裁をとっていたのですが、社会主義国家の樹立を目指す暴力革命へ移行しかけたので、当時の日本を統治していたマッカーサーによって禁止され危ういところで共産国化が食い止められています。

これ以降も、共産主義のイデオロギーを持つ団体が手を組み「政府打倒」のための活動をするとき、必ず「共闘」という宣言がなされます

つまり「共闘」とは共産主義者たちだけには分かる、胸をときめかせワクワクする国家打倒・暴力革命をイメージさせる合言葉なのです。

“暴力革命”と言うとまた共産党員たちが「デマデマ!」と怒ると思いますが、共産主義者において、革命と暴力がイメージとして結び付けられて切り離せないものであると述べるのは事実でしかありません。現に彼ら彼女らの教祖であるマルクスは、暴力のない革命を認めていないからです。

共産主義の聖書から有名な言葉を引用:

共産主義者は、自分の見解や意図をかくすことを恥とする。共産主義者は、彼らの目的は、既存の全社会組織を暴力的に転覆することによってのみ達成できることを、公然と宣言する。支配階級をして共産主義革命のまえに戦慄せしめよ

〔1848年『共産党宣言』マルクス、エンゲルス〕

マルクスの死後、エンゲルスは暴力革命を否定し普通選挙も認めましたが、多くの共産主義者にとって暴力革命はうっとりしてしまうファンタジー。憧れてやまない“美しい夢”であると言えます(あのおぞましい大量殺りくのどこが美しいのか、普通の人間である我々には理解しかねますが…)。

同じ思想を持つ者だけに呼びかけるダイレクトメッセージ

「共闘」とは、このような共産主義のお仲間に呼びかけて血を沸き立たせるための、“秘密の合言葉”なのです。もちろん公然の言葉ではありますが、現在50代以下の世代にはピンと来ないという意味で「共産主義者だけに響くダイレクトメッセージ」となっています。

この、暴力革命を呼びかけるための秘密のメッセージという本質を持つ「共闘」を、あえて選挙スローガンに掲げる今の野党。

かなり怖いと感じませんか。

「もしかしてまだ世界統一共産革命の夢を諦めてなかったの!?」と思うのは、あながち気のせいではないかもしれません。

二段階革命とは? 「共闘」が持つ真の意味

さらに重要なことを言えば、選挙によって政権を獲るための「共闘」は、共産革命において二段階革命の第一段階を意味するということです。

「二段階革命(にだんかいかくめい)論」とは?

ややこしいのですが、現代社会に合わせてざっくり述べると

「封建制度または、外国に占領されている未熟な国では、まず民族革命で民族による独立した資本主義国を造る。その後、労働者が資本主義政権を打ち倒して社会主義(共産主義)革命を行う」

という考え方。

参照:『「二段階革命」を狙う日本共産党「野党連合政権」の危険性』

日本共産党は「二段階革命」を党の基本方針としている。「二段階革命」とは「現代日本の異常な対米従属と大企業・財界の横暴な支配を打破する民主主義革命(「民主連合政府」)をまず実現し、次いで社会主義・共産主義革命(「共産党政府」)の実現に進む日本共産党の革命戦略である」(党綱領四及び五参照)。

すなわち、日本共産党の究極の目的は、「二段階革命」によって、日本を共産化する「共産党政府」を樹立し、「共産主義革命」を実現することである。

驚かれるでしょうが、共産主義の方々は今の日本を本気で「被占領国」とみなしているようです。太平洋戦争後、米国によって占領が続いていると考えているわけです。

一面から見れば日本は確かにアメリカの言うなりですから、あたかも占領されているかのようですが、それはあくまでも現状を皮肉る喩えでしかありません。本気で「日本はアメリカ・ディープステートに完全占領されている」と考えるのは陰謀論者(=共産主義者)だけでしょう。

このため共産主義の方々は、日本民族を米国から解放して「自分たちが真の民主政権を建てる」と宣言しているのです。“解放者”と自ら名乗るなんて、中国共産党の人民解放軍と同じですね。実際は政権奪取のクーデターで人民を虐げているのに「解放」という正反対の言葉を使う。

まあ日本が真の意味で自主独立すべきという考えに私も異論ありませんが、共産主義者が「民主政権を建てる」と反対語を言うのは完全に意味不明です。共産主義者は、本能で常に反対の言葉を使うようにプログラムされているみたいです。

どちらにしても、「二段階革命」によって民主政権もどきを建てたあとに共産(社会)主義国家を建てるのが目的なので、民主主義を目指すつもりはさらさらないと思います。

共産党と民主党が「共闘」で目指すもの

ここまでの話をまとめると、共産党と立憲民主党など野党があえて「共闘」という仲間だけに分かるメッセージを繰り返し、共産主義者たちの血を刺激しているのは、遠い昔の理想であったはずの共産革命を今こそ実現しようとしているのではという推測ができます。

笑い話と思われるでしょうが、アメリカで左翼が政権を無理やり奪った事実上の“革命”を見れば、全く非現実的なことではないのです。

【関連記事】2020年アメリカ大統領選挙は左翼による政権奪取だった

資本主義・民主主義の大国だったアメリカを左翼が抑えてしまえば、世界同時革命を起こして一気に民主主義を転覆させ、統一共産国家を造ることも不可能ではないでしょう。

いかに非現実的で馬鹿らしいと思えることでも、世界中のメディアや要人を抑え込んでいる今の左翼勢力なら可能に思われます。

何より、「赤(共産主義)は1989年のソヴィエト崩壊で滅んだ。中国も今はもう共産主義の国ではなく皇帝の帝国主義国だ」と思い込んで油断している世界中の人々は、隠れて行われている革命――シャドウ・レボリューションによって簡単に支配することができます。

日本の野党も世界統一の共産主義組織(かつてのコミンテルンのようなもの)から「今こそ革命を実行して政権を奪取せよ」と命じられているのかもしれません。

もちろん今の日本で共産党・野党連合が票を集め、政権交代を実現させるのはまず不可能。しかしアメリカを見ていれば分かる通り、左翼は革命のためならどのような犯罪的手段でもとります

日本でも「バイデンジャンプ」を計画しているのではないでしょうか。アメリカほどユルユルではない日本の選挙法では難しいと思いますが、コロナを理由とした郵便投票が認められているので接戦となっている地区ではジャンプもあり得るのではと心配です。

その前に、有権者の皆さんがテレビやSNSの工作員に騙されないように願います。特に歴史をご存知ない若い方は、共産党を「平和を愛する弱者の味方。どこから見ても正義でしかない党」と教えられて鵜呑みにしている人も多いので心配しています。

共産党はネット書き込み要員に命じてSNS、各種コメント欄で様々なプロパガンダを行っています。また、テレビメディアの多くも左翼(共産主義)が優位です。

どうかSNSやテレビで叫ばれているプロパガンダを鵜呑みにされませんように。客観的な歴史を調べ、考えてください。

 

八代弁護士の発言から… 日共の歴史を知る手がかり

八代弁護士の発言でにわかに注目されているのが、共産党の歴史です。

八代氏の発言とは:
(立憲民主党が共産党と“共闘”したことについてのコメント)

志位委員長がつい最近『敵の出方』という言い方をやめようとは言ってましたが、共産党は『暴力的な革命』というのを党の要綱として廃止してませんから。よくそういうところと組もうという話になるなと、僕は個人的には思いますね。

TBSの番組『ひるおび』でさらっと言っただけのコメントをわざわざ取り上げ、大規模に炎上させた共産党ネット書き込み要員たち。

ちょっと検索しただけでも、

「八代発言はデマデマデマデマデマデマデマあああああ!!!!」

という狂ったように「デマ」を唱える題目を書き連ねたニュース記事、ブログ記事がずらっと並びます。八代弁護士に対する罵倒も下品で、人間のものとは思えないほど酷いですね。

bing検索より

おぞましい……。ここまで一方当事者の意見ばかりで検索ページが埋め尽くされるとは。

中立性を求められるメディアまでもが総出で、一政党の肩を持ち個人を全力で叩くのが不自然なことだという自覚はないのでしょうか? デマかどうか客観的な司法の場で判断されたわけでもないというのに「100%共産党が正しくて八代はデマを拡散した犯罪者」扱いして叩くとは異常。普段、刑法で重罪を犯した人間でさえここまで全力で叩かないだろうに。

バイデン不正選挙の時を思い出しますね。警察による捜査、裁判なども経ずにメディアが「ファクトチェック」と称し、「我がバイデン様が不正したという噂はデマ!」と公権力のごとく断定する記事を上げ続けネットを埋め尽くした。SNSでは個人に至るまで、バイデンへの疑いを述べるアカウントが片端から潰された。そしてトランプ氏を徹底的に中傷し汚い言葉で罵倒する報道が世に溢れた。言論統制されている中国の状況、特に文化大革命の吊るし上げそっくりです。

メディアも検索システムも支配し、これほど圧倒的な力で自分たちだけの主張を叫び続けることが可能な左翼の強大な勢力に絶望します。どのような嘘も犯罪もまかり通ってしまう。まるでソ連や中国共産党のディストピアのなかで生きているようです。

しかし、世間の人々にはどちらが嘘を言っているか伝わっていることでしょう。

共産党はむしろ自分たちが大騒ぎしたせいで、過去の黒過ぎる歴史が知れ渡ることになりましたね。

昼番組で一瞬流れただけのコメントなど誰の耳に届くこともなかっただろうに、SNS・ブログ・テレビ・新聞で全面的に八代発言を引用し大騒ぎしたものだから、逆に多くの人々が共産党の歴史を知ることになりました。

そして今まで「共産党は善良な正義の党」だと思っていた若い人たちの耳へ、「リンチ共産党」と呼ばれた数々の暴力の歴史が届くことに……。

誰か、「雉も鳴かずば撃たれまい」という諺を共産主義者たちに教えてあげてください(笑)。まあ左翼の皆さんは文化を否定しているから、諺など理解できないでしょうが。

犯罪者ほど自分の罪を隠すため必要以上に騒ぎ立てるもの。この大騒ぎしていること自体が、共産党の犯罪体質を裏付けています。

共産党の歴史:八代弁護士の発言は概ね真実です

結論から言えば、八代氏の番組での発言は概ね真実です。

当ブログでも固定ページでリンクしている通り、日本共産党は警察庁が危険な暴力集団としてマークしている団体です。そんな危険団体が政党として存在しているのは、中国など共産国を除けば日本くらいです。

参照:警察庁サイト 暴力革命の方針を堅持する日本共産党

日本共産党は、警察庁すら「デマを流している」と非難しているのですね。公に認められた権力すら自分たちより下と見て否定する。さすが一党独裁の一神教徒、呆れた独善です。

(それで自分たちが清廉潔白で嘘などつかない立派な人間なら見上げたものですが。実際、自分たちは堂々とデマを流し続けています。本当の「デマ」とは、このような共産主義者による全く根拠のない捏造話、歴史修正のことを言います)

八代弁護士のコメントは短い時間での話だったため雑な説明だったことは否めませんが、裁判官として実務をされた方ならではの、核心を突いたまとめ方だったと思います。

日本共産党は警察からマークされているし、世間からのイメージも悪化しているので、表向き綱領から「暴力革命」の文言を削除しただけのこと。真実として暴力革命の方針を反省し改めたことはありません。八代氏が言う「日本共産党は“敵の出方論”で暴力を否定していない」という話は、当人たちの意見と態度をそのまま観察して述べただけの客観事実です。

参考になるサイトをリンクしておきます。

「敵の出方論」とは

「敵の出方論」とは、共産党のいう「敵」即ち反動勢力や反革命分子が社会主義革命に対して反抗や反革命を行った場合は、非平和的手段即ち「暴力」で打倒する革命戦略のことである。即ち、時と場合によっては「暴力」を行使して、「敵」を殲滅するということである。

『共産党の「敵の出方論」は暴力革命である』より

日本共産党が起こした事件がよく分かるブログ記事

 

共産党員の子が起こした日本史上最凶の凄惨事件

女子高生を監禁して連日レイプ(百人以上で輪姦)したうえ、凄惨な拷問を加えて殺害。コンクリート詰めした事件は共産党員の家で起きた。

これはどのような性質の者たちが共産党を構成しているのか、よく表れた話。共産党の新聞「赤旗」が加害者を擁護し、被害者を誹謗中傷し続けたことも暴力を礼賛する共産思想の性質をあからさまに表している。(虐殺を礼賛し、圧政に抵抗した者を誹謗中傷する中国共産党と全く同じということ)

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1214217277

〔質問者〕pur********さん 2008/1/10 16:16
89年に綾瀬で起きた女子高生コンクリート詰め殺人事件と共産党の関係について
この事件と共産党が関係してると聞きましたが,どのようなことなのでしょうか?

〔ベストアンサー〕

犯人の一人、監禁場所となった家の両親が筋金入りの共産党員。
警察が家宅捜索に入ろうとしたときも、両親は共産党系の弁護士を立てて抵抗していた。
事件後は、連日赤旗で『被害者を誹謗中傷する』記事を掲載し続けた。

Cの両親は2人とも共産党員。警察が逮捕状を取った段階で弁護士を用意し、家宅捜索も弁護士立ち会いの元で行われた。
党は、事件後すぐの段階でCの両親を除名、党とは一切関係がないと発表。そして、「監禁という認識がなかった」「少女は帰る気がなかった」等のCの母親の自己弁護的記事を、機関紙赤旗によって5/20-5/27連載コラムでバックアップ。

監禁場所のCの母親は裁判で、
「あの子には家に帰るようすすめました。でもあの子が『いいです』と言ったんです」と証言し、
「脅されていたんでしょう」と検事が突っ込むと、
「認識の違いで、申し訳ありません」
と答えたり、さしたる脈絡もなく「あの女の子は煙草を吸っていた」などと言ったことがマスコミに批判された。
のちにCの両親は批判的な報道に怒り、弁護士を通じて抗議している。

ちなみにCの両親は共産党員。
当初、共産党の新聞「赤旗」に両親の談話と擁護記事(「監禁という認識がなかった」「少女は帰る気がなかった」等のCの母親の自己弁護的記事)が載ったが、やがて事件の詳細が知れるや、両親は離党(除名?)し、同新聞には「この事件は日本共産党とはいっさい関係ありません」という一文が掲載された。

なぜ、上を詳細に報じないのだ。
両親の間違った思想が、女子高生コンクリート殺人事件を生み出したのだ

しかも、警察の捜査に対して、『弁護士立会いでないと、家宅捜査させない』と拒んでいたのが、この党員両親だ。
なぜ、この事件の犯人を藤井誠二がムキになって、弁護していたか、わかろうというものだ。

〔質問者からのお礼コメント〕
犯行現場が共産党員の自宅でなければ,この事件はここまで悲惨なものになっていなかっただろうということですね。よくわかりました。共産党という政党の体質も見え隠れしてる気がしました。nightdancer6160さん詳しい説明をありがとうございました。回答いただいたみなさんも本当にありがとうございました。

虐殺礼賛の性質

日本共産党や立憲民主党を支持する日本の左翼たち(コリアン含む)は、この大量殺戮を「正義!正義!」と呼び正当化している。参照↓

曹操ってどんな人?〔後編〕 曹操による虐殺・拷問処刑リスト。全て史実です

日本人(と在日)の中華史ジャンルにおける構成員:

曹操ファンは反日!? 中華ジャンル、好みと主張で正体を見抜く

八代弁護士の「デマ」の件、分かりやすいYouTube引用

疲れたため、本日はここまで。

八代弁護士が述べた日本共産党の暴力革命の本質、歴史については詳しいYouTubeに譲ります。

今回は悔しいが、上念司氏の説明が分かりやすくて的確だったのでお奨めです。

上念氏は去年の米国選挙のとき、始めトランプを支持していたのに形勢不利と見ると裏切って「バイデン正しい」と言い出したという裏切り前科があります。このため「似非保守! ビジネス保守!」と呼ばれて憎まれましたが、総合的な発言から少なくとも共産主義者ではないのだろうと私は見ています。

(本当の「似非保守」とは保守を誘導するため保守を装った共産主義者のことです。嘘の程度が尋常ではないこと、必ず共産党の見解に沿った意見をすること等で見抜けます。例はこちら

完全に信頼できる人ではありませんが、この動画に関しては基本的な歴史などの話を抑え、しかも分かりやすくて良質です。

※二段階革命論について:上念氏の定義での二段階革命論(共闘で政権奪取後、内ゲバで勝利し権力掌握)は私が認識していたものとは違いますが、どこかで修正されてそうなった…のでしょうか? もしかしたら現代日本に合わせて、そのような定義で使っている共産主義者もいるのかもしれません。

 

 

 

>日本共産党、TBSひるおび!と八代弁護士への抗議が裏目!

本当にそう思います。

中国共産党も同様ですが、どうやら墓穴を掘るのが大好きらしい。つくづく頭がお悪いな、左翼さんたちは。(そもそも頭が悪いから思想に飛びつき左翼になったのだろうが)

 

追記:Twitterで発信された情報を引用

読者様から教えていただいた情報を引用です。

今、Twitterでは #共産党への一票は言論弾圧への一歩です というタグで共産革命に対する抵抗運動が起きているようです。

他にも、過去の情報を知らされずに洗脳された若者に向けて

#共産党

#比例は日本共産党

#共産党ってこんな政党

等々のタグで正しい情報を発信している人たちがいるので、賛同者は協力しましょう。ただし誹謗中傷目的ではなく、あくまでも正しい事実を知らせる目的で。

選挙期間中に特定政党や候補者について「虚偽の情報や事実を捻じ曲げた嘘」を発信することは公職選挙法で禁じられています。共産党や共産主義者が行ったリンチなど、事実を示すときは当時の報道にリンクするなど資料を提示してください。

また、インターネットで特定政党の応援をすることは投票日の前日までと定められています。当日に「〇〇党へ投票してください!」と発信することは違法となるので気を付けましょう。(これは夜中、日付変更に気付かずやってしまいがち。SNSで発信している方は気を付けて)

以下、共産党について情報発信されている方のツイートから秀逸なものを引用させていただきます。

ジョーンズ@1KWPZagErfgFRix

日本共産党が起こした数々の凶悪事件。
共産党は「分派がやった」と苦しい弁解するんだけど、だとしたら、逆に言うと共産党の思考と体制があまりにも歪んでるから、こういう“分派”も出てきてしまうわけですよ。
結論:日本共産党は危険。
#比例は日本共産党
#共産党への一票は言論弾圧への一歩です

 

九条 ねぎ@naoki_satoh
#共産党ってこんな政党

法律を守れないような政党に
議員が務まると思いますか?

 

伊助@pM4JajVkYNAU2dS

帰宅したらわが家の郵便受けに #共産党 のビラが!
堂々と「比例は共産党」と明記して、選挙の投票方法まで説明してある…
日本共産党中央委員会が発行した「しんぶん赤旗」の号外らしい。
法律を守らない。それが共産党です。

チワワ U^ェ^U(フル・ワクチンの人)@fuku_chihuahua
返信先: @kouzai2007さん

共産党も生活保護受給者からクソ高い党費を徴収してたり、赤旗を押し付け契約させたりしている疑惑を晴らすべき。。。口を開けて笑っている顔口を開けて笑っている顔口を開けて笑っている顔口を開けて笑っている顔

有名だぞ。

#共産党ってこんな政党 #貧困ビジネス

Translate »