「曹操ファンの人って何かの宗教信者みたい」に激怒する信者の皆さん(知恵袋ウォッチ)

「曹操ファンの人って何かの宗教信者みたい」に激怒する信者の皆さん(知恵袋ウォッチ)

近ごろは劉備の伝記を書くなど明るい方へ向かおうとしていた当ブログですが、また少し地獄ウォッチへ戻ります。

久々の知恵袋メモです。ウォッチャーのために上げる長い記事ですので、興味のない方、殺伐とした話が苦手な方は避けてください。

〔2022/11/21 削除に備え、質問回答が存在したことの証明のためスクショ画像添付。BA回答引用〕

 

「歴史修正主義」に何故か過剰反応する曹操ファン

先日知恵袋にこのような投稿があり曹操ファンの皆さんがお怒りのようです。

ID非公開さん
2022/11/3 14:16

曹操ファンの人って何かの宗教信者みたいですが、どうしてそうなったんですか?

最近『三国志』を学び始めた者で、ここ知恵袋でいろいろ質問回答を読んで勉強させてもらってます。
それですごく気になっているのは、曹操ファンの人たちの歴史修正主義っぽい回答です。

処刑や殺戮を正当化したり。「屠」の言葉の意味を変えてまで曹操の虐殺を無かったことにしたがったり。

フィクション作品によってキャラの描き方が違うので、「この作品の〇〇というキャラは好き」とかはあって良いと思います。たとえば『蒼天航路』の曹操限定で好きという話なら、僕はちょっと首傾げるけどわからないでもないです。

でも史実として現実にあった殺戮や粛清(解釈で程度の差こそあれ史実は確か)を無かったことにしたり、「当時としては殺戮が正しかった」とか過小評価する人って何なんですか? 初心者ならまだしも歴史書に詳しい人がです。

たとえばこういうのとか、正当化する人がいるのにびっくりしました。

「曹操が実際に行った虐殺や粛清」

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13248320968

虐殺人数に争いがあるのはよくわかりましたけど、ちょっと悪口言っただけだったり暗合解いただけで処刑とか、そんなの許容して賞賛できる人の気持ちが全くわかりません。

この事実を知っても「史実が好き」って言えるのはもう殺人鬼が好きな性癖なんだとしか。そう正直に自己紹介してくれれば、まだ理解できるんですけどね。

それで、質問というのはこういう都合悪いことは無かったことにしている人たちが何者なのか? ということです。

何かの宗教信者なのか。

それともフィクションを本当だと思い込み過ぎちゃった人か。

ファンご本人から「自分がどうして信者と呼ばれるくらい強い曹操ファンになったのか」自己紹介でもいいです。来歴回答よろしくお願いします。

補足…
僕はたとえば、こういう回答に疑問持ってます。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11237564841?sort=1&page=2

>曹操には美談もたくさんあるわけで、それもちゃんと出さないとフェアじゃないですね。

××ラーとか××ーリンにもよくこう言って擁護する人がいますけど、僕は違うと思います。

美談というのはどんな犯罪者でも探せばたくさんあるんです。でも注目すべきなのは「やった犯罪」です。
表向きいい顔していた、近所では「いい人」なパパさんでも娘にひどい拷問をしていて殺した幼児虐待者を称賛できますか。そういう話です。

ちょっとの美談を過大評価して「素晴らしい英雄だった」とほめたたえるのは、ヤバイ思考だと思います。オウム真理教とか統一の信者と同じ気がします。

まあ多少過激な言葉はありますが、曹操ファンに歴史修正主義者が多い点は客観的に見て事実と言えます。また「カルト的ファン」という言葉は誉め言葉として使われることもあるため、法的には人格否定の差別用語と判断するのは難しいでしょう。

そもそもこの過激な言葉遣いで、ただの釣り記事だと分かりますね? 通報なんかするまでもなく。

いい大人がこんな罠に引っかかるものかな、と思いましたが、曹操信者の方々は何かやましいことでもあるのか過激に反応されています。分かりやすいなあ。笑

何故か「孔明の罠」を知らない三国志ファン

基本的なことを指摘すれば。

まず、この質問者は「曹操ファン」全体を否定しているわけではありません。曹操ファンは認めているようです。ただ歴史修正をするような過激な信者に対してのみ、ピンポイントで疑念を投げかけています。

またURLを上げ引用した回答者以外、特定の誰かを名指しして言っているわけではありませんので、

「自分は曹操の民衆虐殺を否定したことはない」「自分は曹操の殺戮を正義と思ったことはない」

と自認しているファンの方には関係のない質問です。と言うことは、歴史修正したことがない人は黙っていれば良いのです。

あるいは、どうしても反応したければ「自分はマンガから好きになって、悪役キャラの曹操を好きなだけです。歴史修正したことはありません」などの来歴を正直に回答すれば良かったのではと思います。

それなのに「曹操の殺人は正当」「悪評を修正するのが歴史学というもの」「虐殺しても英雄として崇拝されている歴史人物は多い」等々…、

「自分は歴史修正やってます」と大声で告白するような反発の書き込みが殺到している。

BA以外、誰一人として質問の内容に答えていない。本物の曹操ファンならば「自分はどのようにして曹操ファンになったか」との来歴くらい答えられるだろうに?

少なくともここに反論を書きこんでいる方々は歴史修正をしている自覚があるようです。後ろめたいことがあるから過剰反応してしまうのですよ。火病る(ファビョる)という古いネットスラングを思い出しました。

“ホイホーイ♪ 歴史修正主義者、大漁大漁♪”

と、今ごろ質問者は喜んでいることでしょう。

この人たち三国志マニアを自称しているくせに「孔明の罠」という言葉すら知らんのか。笑

こんなことからも本物のマニアではないことがバレてしまいますね。

 

BA回答は筆者の文がベース

長いですがBA回答を引用しておきます。(11/21追加)

lon********さん
2022/11/7 1:15

曹操村の村民同士かばい合いは見ていられないですね。
他所で晒されていて恥ずかしいからやめてくれ、と言ったのに反省なし。

肝心の質問主の疑問には今のところ誰も答えていない状況だから書き込みます。

私は三国志に趣味としてはまったことはない、言わばジャンル外の者です。
仕事で中国にいたことがあり、大陸の歴史修正の経緯について知識があります。
このため曹操ファンでもアンチでもない客観の立場からお話しできます。
(曹操にも興味ありませんが、史実人物として通常の人間感覚から評価しています)

日本の三国志ジャンルも30年前から眺めており、異常なジャンルへ変化していく様を知っています。

30年前はこのジャンルももう少しマシだったのですよ。
一般素人のマニアが史実派かフィクション派かで争っていたくらいでした。
当時のファンは少なくとも人間としての道理は普通でしたね。曹操の殺戮について「正しい殺人だった」と擁護する者などほとんどおらず、曹操ファンでも(そう名乗る人は少なかったですが)「悪役が好きだから」という理由で好きなのだと言っていました。

捏造史が吹き荒れる異常なジャンルへ変わったのは『蒼天航路』が出版された頃からです。
「『蒼天航路』は100%史実」
「曹操の殺戮はなかった」
「曹操様の殺人は全て正しい判断に基づく、正しい善行だった」
と主張する者たちでジャンル界隈は溢れました。

彼らはまさにカルト信者のごとしで、史実を突き付けても頑なに否定し『蒼天航路』こそ史実だとあくまでも主張。
そして「我が曹操様の行いは絶対に正しい~ 蜀人物は極悪非道だ~ 蜀漢正統論者が~が~」とお題目を唱え続けました。

話が通じない異常な人種なので、まともに歴史趣味の話をしたい人たちは皆さん去ってしまいましたね。
さらに実力行使で、曹操信者たちは蜀ファンを脅迫して追い出すこともしていました。

おかげでこのジャンル、閑古鳥で実質オワコンだそうです。
(との話は出版業界の人から直接聞きました)
ゲーム会社が三国志流行が続いているように偽装しているだけ。ファンのほとんどは「プロ曹操ファン」、すなわち工作員と思われます。

さて、ではその「プロ曹操ファン」の来歴と言うか正体は?
答えはいわゆる
“日本国へ敵対感情を持つ集団”
です。
(具体的に書くと投稿できない設定となっているようなので察してください)
これがずばり質問主さんへの回答となるでしょう。

なぜ彼らが曹操信者となり、アンチ蜀の活動をしているかというと発端の命令はこちら↓です。
「毛沢東は、文革の時、それまでの曹操=悪党というイメージを覆し、曹操を高く評価することで文革に利用した」
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1421511249

反日本国コンビの原作・作画による『蒼天航路』も、日本での中華史文革のためのプロパガンダ教科書として出版されたものです。日本のマンガ出版社は某国からの出資を受けてコントロールされていることは周知事実です。

さらに現在の主席は文革の再現を望んでいるので、彼が政権についた2012年以降は日本における「中華史文革」もいっそう激しさを増しました。

こんなことを書くとまた曹操信者を名乗る人たちが「デマデマ」「妄想妄想」と唱えながら集まって来るのですが。少なくとも例のカルト思想を持つ人々がアンチ蜀活動をしていることは、裏の取れた事実ですよ。

たとえば、かつての知恵袋では回答者の履歴を辿ることが可能だったので来歴を分析調査することもできました。すると、異常な主張を繰り返しているアンチ蜀・曹操信者はほぼ全員が「日本ヘイト」回答を繰り返している者でした。

彼らは決して嫉妬なんかでアンチ蜀となっている曹操ファンではない。
本当は、曹操も蜀もどうでもいいと思っている人たちです。
実は三国志にさえ欠片も興味を持たない人たち。渡された教科書(歴史修正済)をコピーして書き込むよう命令されているだけだから、史実知識などほとんど無いわけです。

現に、彼らは三国志ジャンルで、蜀を日本に見立てて「ブラック国家」と呼ぶのが大好き。本当は蜀ではなく日本の悪口を言いたいだけです。
また、近年多い言説に
「劉備と諸葛亮はさっさと曹操に従うべきだった。そうすれば大陸統一で平和になったのに」
というものがあります。
これは暗に、
「日本はさっさと中国に従い侵略されるべきだ。そうすれば東アジアは平和になる」
と言っているのです。

孔子学院の関係者がよくこのお説をばらまいているから注意して見てください。
親玉は、たとえば渡〇〇浩や、出〇〇明などです。

それから、
“「屠」の言葉の意味を変えてまで曹操の虐殺を無かったことにしたがったり。”
という話も、おそらく孔子学院あたりでばらまかれているテキストに基づく主張でしょう。
これは言葉そのものの意味を反転することによって現実・史実を変えてしまう手法で、西欧における歴史修正の基礎技術です。
近代では共産国によっておおいに用いられています。

 

lon********さん
2022/11/7 1:29

なお、知恵袋で曹操に関する批判的な質問が削除されやすいのは運営会社が×××(察し)だからでしょう。

そんな土壌のせいか。ここ知恵袋では圧倒的に「プロ曹操ファン」が多いらしい。お互いにナイス!を押し合ってかばい合い、蜀ファンを蔑み排除している様はさながら宦官、十常侍。

二言目には
「蜀漢正統論者って嫌ですねぇ~」
などと議論もせずに貶め嘲笑、人格否定している。

それでいて自分たちの振る舞いを指摘されると、「人格否定された! 不愉快だ! 通報してやる!!」と騒ぎ実力行使。
お得意の言論弾圧、垢バン処刑。

自分は他人の人格を否定しても良いが、相手が自分に意見するのは赦さない。
て、あなたがたは曹操のコピーロボットか。

lon********さん
2022/11/7 1:31

自分たち曹操信者だけを「まともな人」と呼び批判者を異常者扱いするところも、エコーチェンバーの見本です。
そういう言動が初学者から「カルト宗教信者のようだ」と指摘されているのに一切自覚ないし、反省もしないんですね。
これぞ思考停止。
さすが曹操の大量殺戮を「全て正当な理由がある善行」と賞賛してしまう人たちです。

kouさんには近代史を学んで現実を知るように忠告したのですが、一切聞く耳持たずで残念です。

過去発言を分析したところkouさんは「プロ曹操信者」ではなさそうと思ったのですけど。
本気でプロ曹操信者の教科書を信じているのでしょうか?

>殺人犯として死刑になった人が、実はすごい、いい人で、殺人にも十bんな理由があった、という場合も。

いやはや…
重症です。
明白な殺人肯定には引きました。「麻原のポアは善行」そっくりの言い分。

lon********さん
2022/11/7 1:33

曹操の毎日殺人を「実はすごいイイ人。全ての殺人に十分な理由があった」と思えるとは。
嫉妬での殺人や、華佗など自分に尽くした者への拷問処刑、自分が権力を得るための皇后殺人…等々。
客観的に見て一切正当性はありませんが。どういう理屈で正当だと脳内変換しているのでしょうか。

そんな歪んだ理屈は公正でも公平でもありませんよ。
99の悪行を1の善行(?曹操の善行って恐怖政治のこと?)でチャラにするのは明らかな偏りであり、不公平です。

「古代の人たちは殺戮でも赦していて、曹操を崇めていた」…などという嘘八百の作り話をばらまくことも罪であり、現代の殺戮に協力する共犯です。当時の人たちも決して曹操の殺戮を許していません。だから曹操は同時代の人々に憎悪されたのです。蜀漢正統論者という後世のイデオロギーが誕生して以降に曹操が悪者扱いされた、との話は捏造。少し考えればそんなバカげた話は嘘だと分かるだろうに。

lon********さん
2022/11/7 1:34

「チンギスハーンも大殺戮したのに英雄と呼ばれる。曹操なんか可愛いもの」も呆れた発言ですね。こんなこと世界に向けて言えばタコ殴りです。モンゴル帝国が殺戮の被害国でどれほど憎悪され軽蔑されているかご存知ないのか。

日本の恥。
在日外国人の方なのかもしれませんが、日本語を使ってこんな人類の価値観に反する書き込みをしないで欲しいです。

そもそも、曹操の美徳とやらは全て魏のもとで書かれた歴史書に基づく。
言わば北朝鮮政府による将軍様の歴史書、といった類のもの。その前提抜きで完全に鵜呑みにできる時点で恐ろしいですよ。

たとえその曹操様の善行、美徳とやらが全て事実だったとしても、日日是大殺戮のご趣味を無視して愛せるわけがないでしょう。まともな人間としての感覚を持つならね。

lon********さん
2022/11/7 1:40

人格否定するつもりはなく憐れに思うので言いますけど、外部の人間から客観的に見て十分にカルト信者ですよ。
と言うか共産国の人みたいに見える、と述べたほうが正確か。

これが人格否定ではないとは、反省して思考停止から抜け出し現実を見れば洗脳から抜け出す望みがあるからです。
マインドコントロールされている信者は、そのことを指摘されたからといって人格否定されているわけではありません。
洗脳されている人たちには、冷静な現実に目覚める日が来ることを願います。

lon********さん
2022/11/7 1:44

※運営へ
私もこの回答をスクショ、印刷しています。都合が悪い回答だからと言論弾圧はやめたほうがいいと思いますよ
消せば増えるだけ。株価も下がりますね。

当ブログの読者様はお気付きと思いますが、この質問のBA回答は筆者が書いた文をベースにしたものです。

…ややこしい表現で申し訳ありません。こちらの「lonさん」のIDは私のものではないのですが※、回答文の下書きで協力しています。

※筆者は中華人民共和国に住んだ経験はありません。それと前にも書いた通り、私のヤフーIDは凍結され書き込むことができなくなっています。もちろん「ルール違反」をしたわけではなく、曹操の史実やヤフー運営者についての情報を書き込んだだけ。しかし書き込み直後にサーバー不具合が起き、復旧したらIDが無くなっていました。まるで中国にいるかのよう、露骨な言論統制のための垢バンです。

lonさんは昔、当ブログで投稿を引用させていただいた方です。その後にブログ経由で連絡をいただきました。先日、彼が知恵袋へ投稿するにあたって当ブログへリンクしたいとお申し出があったのですが、宣伝投稿と誤解される可能性があるのでリンクはお断りしました(知恵民に絡まれたら面倒であるし)。代わりに当ブログの内容要約での引用を承諾しています。

そして今回は上の質問に回答するにあたって作文に協力してくれということで、筆者がベースの文をご提供しました。返信などにID主ご本人のアレンジあり。

ところがその結果、

ずいぶん香ばしい人が出てきましたね

蜀漢通信+1800とか書いてそう


正直統合失調症なのではないかと思ってしまうほどです

(ID非公開さん 2022/11/7 3:56)

などと当ブログが誹謗中傷されてしまいました。lonさん曰く

>迷惑かけた

とのこと。いえいえ、知恵民にもウォッチされていたことが分かって面白かったですよ。

もうここでの投稿はやめていいんじゃないですか? 始皇帝のほうは中共プロパガンダであることを理解している人もいるようですが、三国志ジャンルの人たちは現代話がとてつもなく苦手?な様子。

始皇帝ジャンルの例:

・始皇帝は本当に暴君なんですか?
みーさん2022/10/30 18:51回答
始皇帝は、普通に暴君ですよ。

マンガと三国志本しか読まずに来られた方が多いのか。激しく政治アレルギーのようですから、考えるまでもなく反発してしまわれます(三国志ってもともと政治・軍事の話であったはずですが、謎のアレルギーですね)。

それに現在は社会全体で、保守的な話に「統合失調症!」などとレッテル貼りし差別する風潮が作られています。

メディアやインフルエンサーの話を鵜呑みにするタイプの人は、そういった風潮に流されてしまうのでは。まんまと敵の策略にはまる。三国志好きを自称しているわりに軍事策略にはまりやすい人たち…。

ただ今回のBAは古い人々を説得できなくとも、目の前で起きていることをありのまま見ようとする若い人には届くかもしれません。だから書き込んでくださったことは意義があると思います。lonさん、ありがとうございました。

平気で人を誹謗中傷する知恵民さんへ

“ニックネーム非公開さん”ご本人がウォッチされているかもしれないので、忠告を書いておきましょう。

香ばしい

統合失調症

最低な差別表現。

【参考リンク】この回答者のようなレッテル貼りをする人々の特徴。映画『赤い闇』で裏付けられる「都合の悪い告発は精神病者扱い」の実例

こちらの方は書き込みの内容から、「曹操と織田信長は同じ称えられるべき英雄」といったプロパガンダを鵜呑みにされている一般人であると思われます。曹操ファンのうち一割くらい実在する、ただのファンですね。

lonさんのために私が渡した回答文は、工作員の犯罪を指摘し牽制するために書いた文章なので一般ファンは対象外。つまり夜道で付け回す犯罪者にいきなり「コラー!」と叫ぶようなもの。背景の説明は省いているために、何も知らない一般人から見れば飛躍していて頭がおかしいと思われても無理はないです。

しかし残念ながら、ニックネーム非公開さんの書き込みは法的にアウトです。

「香ばしい」は侮辱罪、「統合失調症」は名誉毀損罪が成立しますね。

匿名の知恵袋(ニックネーム公開されていても本名特定できないため匿名です)と違って、ブログ主は誹謗中傷を受けて毀損される“名誉”を持っています。この場合、刑法上・民法上の責任を問われることになります

特に私の場合は本名を知る人たちもブログ閲覧しているため、上のような誹謗中傷で発生する損害が大きなものになります。裁判すれば賠償請求も可能でしょう。むやみに人を「統合失調症」などと罵倒してお楽しみにならないことです。

…それにしても曹操信者さんたちは「人の人格を否定するのはダメ」と言った、その舌の根も乾かないうちに他人のことは精神病扱いで人格否定しています。みごとな偽善者の見本だなと思います。さすが日ごろから、虐殺などの暴力を正当化している方々です。

もしかして「暴力振るったけど非暴力」が口癖ですか?

「天才は天才を知る」の反対

さらに非公開さんの投稿から引用。

私も昔似たようなことを考えていたのでどういう思考回路なのかある程度わかってしまうのが悲しいところ…

失笑。ご自分と一緒にされても困りますよ。

この方は、ネトウヨの流行に乗り中国人・韓国人ヘイトをしていたのでしょうか。それともトカゲ型宇宙人とか、そういう類の話を信じていた方なのかな。どこかのインフルエンサーの話を鵜呑みにされるタイプなのでしょう。異論者を頭ごなしにバカにするいっぽうで、権威には弱い方と見ました。

彼女は「諸葛亮が好き」とのことですが、この方に諸葛亮の思考を読むことは不可能でしょう。全体から本質だけ取り出して語る諸葛亮の話は、たいてい一般人には飛躍していると思われますので。

(たぶん非公開さんは諸葛亮に「統合失調症だ!」とレッテル貼りするでしょう。自分の頭が悪くて理解できないだけだというのに。笑)

天才は天才を知る、ということは、愚者は相手が誰であれ愚者としか見えない…のでは。

虐殺礼賛は「日本人ではない」のではなく「人間ではない」

もう一点、重要なことを。

曹操好きは日本人であるはずがない!

このようなことを、当ブログで主張したことは一度もありません。勝手な作り話をばらまかないでください。

実際、私は「曹操ファンは日本人ではない」などと思ったことはありません。ID非公開さんのことを外国人だとも思いません。

ただ民間人虐殺や捕虜生き埋め、拷問処刑を正当化する者は人間ではないと思っているだけです。

そもそも『三国志』は日本の物語ではないのに「蜀ファン以外は日本人ではない」と言うのは意味不明でしょう、笑。現実はむしろ中国人(共産党員を除く)のほうが圧倒で蜀ファンが多いそうですし、曹操の殺戮を正当化するファンが多い日本人のことを「頭がおかしい。道徳心がない」と言っています。下のようにニュース記事にまでされている。恥ずかしいですね。

このままでは日本人は千年以上にわたり、「虐殺を称えたマジキチ民族」ということで軽蔑され続けることになりますよ。日本民族を貶めたいコリアンにとっては狙い通りのことで、だからわざと日本語で虐殺礼賛を書き込んでいるのでしょうが。

参考:

「三国志、中国での一番人気は曹操」!? 周来友氏の話は虚偽か誤解か

繰り返し強調しておきますと、私が中韓ヘイトしているなどとは脊髄反射のレッテル貼りです。

この作り話癖にこそ歴史修正主義者の本性が出てしまっていると言えるでしょう。

(知恵袋の曹操ファンの方々を観察していると、彼らは相手が言ってもいない話を創作し、その作り話を批判して相手を論破したと言い張る癖があるようです)

たとえば以下の記事では、現実を観察した結果、「在日コリアンと日本人左翼が歴史修正で曹操を美化・称揚し蜀人物を異常に貶めていることが分かった」という事実を書いているだけです。

また、「諸葛亮は我々の先祖のようだ」と言ったのは昭和初期の日本人であり、私ではありません。

その歴史を根拠とし、日本国を蜀に見立てて憎悪しているのは在日コリアンです。これは単なる歴史事実と、観察による現状報告というだけ。

なぜ孔明は貶められているのか?【回答】諸葛亮が“日本人に転生”したから

つまり、現状観察が先。推測は後

差別が先にあり結論を創作するあなた方とは違います。

lonさんが

日本の恥。在日外国人の方なのかもしれませんが、日本語を使ってこんな人類の価値観に反する書き込み(虐殺の美化正当化、虐殺王の賞賛)をしないで欲しい

と書いていたのも(ここはlonさんのアレンジ部分)、彼は外国人が日本の知恵民の書き込みを嘲笑している現状をよく知っているからです。

曹操やチンギスハンの虐殺を称えている日本語書き込みは、中国だけではなく世界中で嘲笑、軽蔑されています。知恵袋の書き込みなどが転載され、「日本人はなんて愚かで残虐なことを好む民族なのだ、道義はないのか」と笑われているのです。そのような嘲笑を常に眺めて苦痛を覚えてきた彼は、「恥ずかしいから日本語で虐殺を称賛するな」と言ったのだと思います。

私も「曹操ファンは100%外国人だ」と考えているわけではありません。当たり前ですが。

割合として、在日コリアンと日本人左翼が曹操ファンの多くを占めるのは事実。しかし、ごくたまに何を勘違いしたのか日本人保守の曹操ファンにも遭遇します。そのような方はあまり歴史知識がなく、マンガの『蒼天航路』を史実と信じ鵜呑みにしているだけ。あるいは倉山満などの話を鵜呑みにしている。

彼らは韓国を憎むあまり、ケント・ギルバートなどキリスト教徒による儒教ヘイトを鵜呑みにして、「韓国のように歪んだ儒教を弾圧し、儒家を処刑した曹操様は素晴らしい! 曹操様は我が日本人の英雄だ」などと勘違いの主張をされています。『蒼天航路』が自分たちが憎むコリアンのマンガだとも知らず。悲しいですね。

結果として左翼と足並みをそろえ「共産主義の文化大革命」に加担しているわけです。

つまり狼の群れの中心で「曹操様マンセー! わたしを食べてください」と言っている。騙されていたと気付くのは自分が餌となって食べられる時でしょうか?

最後の時まであなた方は忠告する声を「統合失調症患者の妄想」と最低な呼称で嘲笑し、毛沢東と習近平※を崇拝しながら身を捧げるのでしょう。それほど殺されたくてたまらないなら、どうぞお好きに。

しかし日本民族の名誉を貶め虐殺者を我が国へ迎え入れ、他の日本人に迷惑をかけているのは許せないと思います。

※毛沢東は自らを曹操と始皇帝になぞらえた。毛沢東の後を追う習近平も同様。したがって曹操と始皇帝は毛・習の象徴。これは私個人の妄想ではなくて世界が知る事実

 

kouさんのことは読み誤っていました

もうお一方の話。

たぶん前にこのブログで引用したことのある回答者、カテゴリーマスターのkou********さん(以下kouさん)についてです。

この方は諸葛亮へのえげつない人格否定、歴史ねつ造が溢れている知恵袋にて独自の視点から史実を書き込まれていました。たかが知恵袋ですが、初学者を騙すためのプロパガンダを冷静に制するこの方の投稿で救われたこと多数。したがって、私は恩人と思っています

たとえばこちらのkouさんの回答には、te9さんのBA回答とともに非常に救われました。

「諸葛亮は気に入らない人物は粛清した?」知恵袋回答引用

こちらも秀逸な回答、嬉しかったです。

・「諸葛亮は臨機応変だったかもしれない」との独自解釈

ただ、純粋に客観的で冷静なマニアだから史実を書き込んでらっしゃるのかな?と思いきや、今回の回答で共産主義者の可能性が濃厚と感じました。

何故そう感じたのかと言うと、次の3点の回答履歴からです。

1.kouさんはイデオロギーの話をされて激怒した。(自分たちは「蜀漢正統論」というイデオロギーで蜀ファンを叩いているにも関わらず。過剰な反応は、何か無意識に不都合を感じていた様子。「政治話はカテゴリ違い。許されないから黙れ」などと言っているが、二つのカテゴリにまたがる質問・回答は知恵袋にたくさんある。システム上も二つ以上のカテゴリに投稿することが可能で、そのことはルール違反でも何でもない)

2.lonさんに「あなたは共産主義者なのか? 違うだろ?」と問われた時、kouさんはめずらしくだんまりで反論しなかった。

3.他の質問にて、当初『曹操論集』さえ知らなかった様子だったkouさんが、後日急に詳しい反論を始めた。

特に「共産主義者なのか」と問われてだんまりだったのは重要。仲間が見ている公開の場で彼らは共産主義者であることを否定できないため、沈黙します。共産主義への批判はご法度だからです。だから「共産主義者か?」という質問は彼らにとって踏み絵となります。

(ただし山上容疑者のように予め身分を隠すべき任務を与えられ、否定しても良いという許可が出ている場合は否定するかもしれません。ポイントは、公開の場で・いきなり尋ねられた時に黙ったりごまかしたりするかです)

ちなみに3の反論とは具体的に以下の文のこと。

ただし、日本での曹操再評価は1960年代から始まってますし、吉川英治の三国志は戦前のものです。
吉川幸次郎博士の、曹操を主に文学面から再評価した三国志実録は1962年の著作で、1966年から始まる文革より早いし、その弟子の井波律子先生らによって正史三国志が日本訳が刊行されたのは1977年~です。刊行されたのが1977年ですから翻訳作業はもっと前からです。文革の影響があったとはあまり思えませんけどね。

『曹操論集』さえ知らなかった人の反論とは思えませんね。当初は知らない振りしたのでしょうか?

ちなみに上の「吉川英治が戦前から曹操の評価を上げていたから文革は完全に無関係」という反論は共産主義者たちが使い回しているテンプレートです。全員が同じ話をするから笑えますよ。

kouさんは当初『曹操論集』への言及に慌てていた様子でした。その後、孔子学院の先輩方にでもテンプレートをもらって反論に臨んだのかもしれません。

ついでだから述べておくと、曹操称揚を真っ先に始めた魯迅も共産主義者です※。日本にも戦前から共産主義者は多く、そのような歴史学者が虐殺王の評価替えを行っていた様子。吉川英治は微妙ですが、反儒教の共産主義による曹操称揚の影響を受けたかもしれません。これらの下地があったからこそ中国は日本に目をつけ、中華史文革の最前線として工作を始めたのでしょう。

※現代の共産主義者たちが曹操や始皇帝を持ち上げているのは恐怖支配を正当化するためと、儒教弾圧(=文化破壊)を正当化するためです。これは毛沢東の後継者であることを国内外にアピールし、文化大革命の再現を掲げている現中共トップ、習近平によって推し進められている現行の政策です。いっぽう魯迅ら戦前の共産社会主義者は、儒教・道教などの中華文化を“迷信”と呼び憎みました。それは革命の準備としての伝統破壊を奨励する、原始マルクス主義に基づく思想的な活動でした。(古代において曹操は伝統を否定し大粛清を行い近代の共産主義者のように振る舞った。このため共産主義革命の象徴として利用された)

【参考】曹操称揚は現中共の国家政策である

三国志展のガイダンス映写から読む、中国共産党の思惑

なお日本での異常な曹操歴史修正が始まったのは、中国が経済的に力をつけて外国工作が可能となった1990年代からです。工作員が増えたのも中国経済が好調だったからでしょう。それ以前の中国はあまりにも貧しくて、日本への工作をかけることなど不可能だったのです。

歴史修正とは、このような犯罪レベルでの工作のことを指す用語です(冒頭画像、コトバンクの解説参照)。かつての日本人の歴史学者が行っていたような解釈の違いは歴史修正に当てはまりません。

にもかかわらず、わざと定義を広げて一括りに否定しようとするのは、共産主義流詭弁の常套です。

〔追記〕知恵民がまさかの「知恵袋の書き込みなんか無意味」発言

激しく疑問だったことを書いておくと、kouさんは参考に張り付けられたURL(知恵袋の回答)を「たかが知恵袋の書き込みごとき」と言わんばかりに馬鹿にして、知恵袋の書き込みであることを理由として否定しています。

lonさん曰く「中国語が理解できない日本人には、中国語論文を貼っても無意味なだけではなく曲解して有害だろう。この日本語による知恵袋書き込みなら理解できるかもしれない」とのことでした。確かに知恵袋の書き込みは知恵民の皆さんにとって分かりやすいでしょうし、住民ゆえにその書き込みの信頼度も理解できるはず。そのような判断で参考URLとして引用したのですが、まさかの知恵民による「たかが知恵袋ごとき」扱いには失笑しました。

あの発言は、自分たちの書き込みも全く無意味で馬鹿馬鹿しいから信じないでください、と宣言したことになりますね。

なお私は知恵袋だろうとヤフコメだろうとSNSだろうと、そのプラットホーム自体ではなく内容で判断するようにしています。「朝日新聞だから100%事実で絶対的に信頼できる」「知恵袋だから100%誤り」ということは無いからです(むしろ知恵袋のほうが朝日新聞より真実性が高いことも)。

匿名書き込みだから信頼できないとレッテルを貼るのは思考停止。まして住民なのに信頼できないと切り捨てる自己否定は、愚の骨頂ですね。

曹操に続き、諸葛亮の史実修正も行われている

kouさんははただ、曹操・諸葛亮といった中華で「悪評を得ている」★とされている人物の評価を反転させる要員だったようですね。残念過ぎます。

信じたくはなかったが、どうやら彼も共産主義者なのでしょう。穏健派ではあるけれども、共産主義者は共産主義者。

共産主義思想に染まった者は普通の人間とは違うので、いざというときに平然と嘘がつけ暴力も平気。どんな犯罪でも正当化できる、罪悪感を感じない脳を持つ。言わば後天性サイコパスです。

共産主義者である限り革命のための暴力を容認しなければなりません。特に、曹操や始皇帝など独裁支配をした者の暴力は、どれほど理不尽でも民が受けるべきだと考えます。それが共産主義のカルトたる所以。

この属性のために彼らは、どれほど人としての道義を説かれても「民間人虐殺や拷問はいけないこと」と理解することはできないでしょうし、

「支配者の拷問処刑は正しいことだ。民は独裁者に支配されたなら平和な世界を享受するから、家畜となり屠殺されても幸せと言える」

と頑なに言い張るのでしょう。

★要解説。

曹操と諸葛亮を同列に置くのは通常の人間感覚ではまったく理解できない話なのですが、近代の中華で毛沢東が何故か

「諸葛亮は曹操と同じ善人(一般の人間の価値観では悪人のこと)」

と定義したために、毛沢東派の共産主義者にとっては諸葛亮も称揚する対象とされているようです。と言っても、「曹操を目指したがなれなかった、憐れな人物」として褒めてあげるというだけですが。誰が曹操なんか目指すか(笑)ふざけんなって感じですね。腹立たしい。

ただ毛沢東は文化大革命を進めるにあたって儒教・道教を弾圧しなければならなかったために、後で儒教道教のイメージを担う諸葛亮も「悪人(人間としては善人のこと)」へ評価替えし、吊るし上げの対象としたようです。

日本人のオールド左翼はマルクス主義者として儒教を潰す必要があるので、今も文革命令を有効とし諸葛亮の吊るし上げを続けていますし、コリアン左翼たちは独自に「日本国=蜀」「日本人=蜀人物」と投影し憎悪を叫んでいます。

いっぽう近年、毛沢東原理主義である習近平政権下では「諸葛亮は曹操と同じ共産流独裁者」という解釈に戻されと推測されます。このため中華ドラマでも孔明をモチーフにした表現が認められる傾向があるらしい。(例、『琅琊榜』『晩媚と影』。中華の人々にとっては劉備を称えるのはご法度なので、かろうじて許されている諸葛亮モチーフに想いを託していると思われます)

中共の方針を受け継ぐ渡邉義浩など孔子学院の面々は、この最近の中共方針を反映して「諸葛亮が好き」などと気色悪いことを言っています。もちろんその“好き”は決して史実を正しく見ての感情ではなく、自分たちが作り変えた「共産ふう独裁者・孔明」というキャラクターを持ち上げるためですが。

知恵袋回答者に潜む工作員のうち、「諸葛亮が好き」と言っている人たちはこの近年の中共方針を受けて動いているようです。つまりどうやら彼らは日本人左翼ではなく、孔子学院の下に属する者たちであるらしい。(他に極端な左翼も常駐していて、えげつない蜀の悪口を書き込んでいる。いずれも共産主義者)

推測、憶測されて嫌がるのはおかしい

ところでこのようにkouさんについてあれこれ語っていると、「憶測と偏見で人を解釈するな」と怒られるかもしれません。

え、日ごろご自分たちは歴史人物を憶測と偏見で勝手なことを言い当っているのにですか!? ずるいなあ。

(知恵袋なんて匿名で傷つけられる名誉もないのにね。ブログのように、実際に名誉毀損で損害が出るならダメだと言うのも分かりますが)

常に自分たちがしていることは棚上げで「相手がするのはダメ」と言える、その思考回路はどうなっているのでしょうか。やはり共産主義者ならではの独善主義か。それともやはり、曹操のコピーロボットなのか…。

また彼は香港デモで弾圧された人のことを上げて「人間を否定してはダメ。言論弾圧はダメ」などと言っていますが、曹操のした拷問処刑は究極の「言論弾圧」です。話すべき口を奪ってしまうのですから。そんな曹操のした拷問処刑を「正当」と思う人は、香港デモで若者が殺されたことも「正当」と考えるはず。そうでなければ矛盾が生じるでしょう?

ご自身や家族が、曹操のような独裁者に殺されるときは「支配されて幸福だ」と叫んで欲しいです。支配され、殺されることが人民の幸せなんでしょ? ご自身の虐殺容認の主義を翻してはダメですよ。

新世紀、虐殺を望む者が虐殺される

次世代には世界全体で大虐殺が起きると予測されます。

自分がしたことは自分へ還る。すでに世界中で、共産主義者の犯罪への怒りが爆発寸前に膨れ上がっています。

おそらく虐殺を望む者が自ら虐殺される側になるのでしょう。

この人たちが虐殺されるとき、私は同情しないようにしようと思います。虐殺を称賛した人たちなのだから。

個人的なBA回答

最後に、いつも真っ当な史実を書き込んでくださる方の回答を引用させていただきます。保存のため長文をそのまま引用することご容赦ください。

te9********さん

2022/11/3 15:38

あの時はどうもです。
まずは最近恒例のやつ貼っときます。
「史実の曹操は善良だった」みたいな認知の歪みから絡んでくる人はこれで撃退できるでしょう。

【考証】史実の曹操の悪行一覧
https://warerano3594.com/public/posts/65

で本題のほうに移ります。

曹操の「ワルさ」をやたら否定したがるのはやはり被害者意識からでしょうかね。

「曹操は不当に扱われてるんだ!」という類のやつです。
「世間では不当に扱われてるけど俺は曹操の良さを知ってる」という立ち位置はやはり気持ち良いのかな、という気がします。

被害者意識というのは客観性を失わせる最強の魔法です。

史実がどうなってるというより
「立派な曹操が悪いことするわけない」という気持ちが先行してるから

ホロコースト否認する歴史修正主義者っぽい、公平性も何もない理屈になってない謎理論で曹操の悪事を軽視、否認しようとするのでしょうね。

よくある手口
①曹操を悪く言ってるのは曹操アンチの歴史書ばかり→☓☓☓
幅広くあります

②被害者(孔融等)、敵対者(劉備)の人格を歪めて悦に浸る

③ワットアバウティズムを多様

例(長坂で民を攻撃した曹操の道義的是非ではなく、劉備の保護責任やら民の自己責任をやたら強調する)

④どっちもどっち論、ニヒリズムを多様

曹操程、大量虐殺した人は同時代にいませんが、他人の悪徳ぶりをやたら強調して同じ土俵に並べて「みんな悪い」ということにしたがる

⑤公平性がない。基準が異常

これは後で例を出します。

 

 

te9********さん
2022/11/3 15:48

⑤は本当に腐る程あって書けませんが代表的なのをいくつか紹介します。

曹操ファンは「劉備は自称皇族(笑)」等と根拠のない妄想で劉備を歪めて気持ちよくなりがちです。

歴史書に書かれてるように劉備が皇族の末裔なのは明らかですが
「祖父より上の家系図を出せ」とかなんかやたら劉備にだけ厳密な証明を求めてきます。他の人には言いません。

そういう曹操はどうなのかというと陳寿三国志で父は誰から産まれたか分からない胡散臭い血統であると堂々と書かれてます。

何をどう見ても「曹操は自称曹参の末裔」という表現が的確ですが
彼らは曹操にそういう形容はしませんからね。

胡散臭さでは
曹操が劉備に圧勝してるのを分かってて劉備サゲ言説並べて気持ちよくなってるのかな?と心配になってしまいます。

 

te9********さん
2022/11/3 15:53

⑤で曹操ファンのおかしな主張

代表的な妄想は「曹操は忠臣だった」というものでしょう。

献帝の妻子を殺害して朝臣を殺害して専横しても生きてる内に皇帝にならなかったから曹操は忠臣らしいです

女性をレイプしたけど殺しまではしなかったから強姦犯罪者を「彼は女性に優しい紳士だ」と称えるようなものですね。

逆臣ぶりは曹操も董卓も変わりません。だけど曹操ファンは曹操の逆臣ぶりは強調しませんが董卓は逆臣扱いしがちですね。

te9********さん
2022/11/3 16:10

余談ですが③で出した
長坂の戦いでは曹操ファンは

しょーもない邪推を並べて悦に浸りがちですね。もちろん歴史書には何も根拠はありません。

劉備が民を武力連行した
民を人間の盾にした
曹操にワザと攻撃させた
曹操に降伏しないのが悪いっ!
民は劉備に煽動されただけ
劉備の保護責任ガー

「民を攻撃した曹操が悪い」
「民に逃げられた曹操の悪徳ゆえ、民がついていったのは劉備の徳ゆえ」

という簡潔な結論を意地でも認めたくなくて
くだらねー言説を延々と繰り返してましたね。

 

te9********さん
2022/11/3 19:21

>曹操を悪一辺倒であるかのように言うのは違うでしょう

>虐殺がそんなに珍しくない時代でもあります

>特にチンギス・ハンと比べたら曹操もかわいいもんだと思います

まあ典型的な曹操ファンの主張って感じですね。
悪事を否認しない常識はありますが

悪事を軽視してるのは間違いないですし被害者意識ありありなのが透けてますし、別人を引き合いに曹操がまともな人のような印象操作を行ってますね。

 

te9********さん
2022/11/4 22:06

陳寿の評価通りなら

曹操は才覚は素晴らしいですが
徳行は褒めるところがありません。

 

te9********さん
2022/11/4 22:55

曹操は才覚は素晴らしいが
凶悪なのは歴史書を見る限り客観的事実です。

その事実を認められず発狂したり話を逸らす(他者を歪めて気持ちよくなる)のが曹操ファンです

好き嫌いがあるのは理解しますが
論破されつくした謎理論を振りかざして悪事を否認、軽視しようと
歴史修正主義っぽい言説を垂れ流すのはやはりよくないですね。

 

te9********さん
2022/11/5 11:29

陳寿は曹操の人間性を以下のように記してます。

太祖少機警、有權數。而任俠放蕩不治行業、故世人未之奇也(三国志武帝紀)

初、太祖性忌(三国志崔琰伝)

おっしゃるように陳寿の最後の評価で直接的にバッシングしてないのは事実ですが行間を読む必要があります。

そもそも陳寿が褒めたとされる曹操の才覚は悪徳なものです。

引き合いに出した人選を見るに
大量虐殺と酷吏スキルに長けていた、と言ってるようなもんです。

正統王朝の始祖なんで
露骨に否定できませんが、
陳寿三国志で劉備を礼賛し曹操を否定する論調があるのは客観的事実です。

 

te9********さん
2022/11/5 11:36

曹操の才覚を否定する人は
誰もいません。それは客観的事実ですから。

それと同様に曹操を立派な人のように語るのはこれまたおかしな話です。

曹操が劉備と違って本当に胡散臭い血統(自称曹参の末裔)で重犯罪経歴持ちで虐殺王、パワハラ属性、逆臣

なのは客観的事実です、と言ってるだけです。

曹操ファンが客観性度外視で曹操の悪徳さを否定してるのがそもそもおかしいです。

 

te9********さん
2022/11/5 11:51

美談を挟まないのはフェアじゃない
とよく言われるんですが

曹操の大量虐殺と釣り合う程の美談は曹操にありませんね。

公平ってなんでしょうね。

 

te9********さん
2022/11/5 20:52

やはり、アンチだの何だのレッテルを貼ってきましたね。

今まで曹操ファンのおかしな主張、ロジックの穴、公平性の無さを尽く論破したおかげで

曹操の悪行そのものを否定する異常言説は少なくなりましたね。

曹操が忠臣だとか人格的に立派だとかおかしな主張も少なくなりましたね。

劉備は自称皇族(笑)みたいな公平性のかけらもないくだらねー言説も
曹操の血統の胡散臭さを強調したら減ってるような気もします。

 

te9********さん
2022/11/5 21:08

曹操ファンは
傾向としてネオナチに近いです。

権威主義に惹かれがちですし、
曹操に処刑された人は愚か者みたいに歪んだ見解を持ってます。
曹操の判断は合理的な理由があったはず‥みたいに思い込む傾向にあります。

まあ端的に言えば
曹操批判を「不快なノイズ」として認識してますし
「不快なノイズに負けなかった曹操は偉い」「曹操の良さを理解できない奴は馬鹿」ぐらいに思い込んでますね。

こういう排他性はカルトに近いというのは全くおっしゃる通りです。

歴史修正主義者たちの酷い主張が分かる、貴重な記録です。

>こういう排他性はカルトに近い

という意見、私もまったく同意です。

人として普通の感覚を書き込んでいるのはこの方おひとりで、本当に救われます。また歴史修正主義者たちとのバトルによって得た、敵方の手法を書き込まれていることが助かります。体験者の話は何より貴重だからです。

彼がカルトな歴史修正主義者たちに攻撃され、一人吊るし上げに遭っている状態であることは胸が痛い。

一般マニアはもう存在しないか、遠巻きにこのバトルを眺めているだけのサイレント・マジョリティなのでしょうか?

そう言う私も仕事を持つ一般人であり、ましてアカウントも持たないため参戦できず申し訳ない限り。

 

この方まで工作員であったならもう救いがないなと思います。

何故そう考えてしまうかと言うと、共産工作にはガス抜きのための反論者も用意されていることがあるからです。

疑い始めるときりがありませんが、一般人で稼ぎにもならないのにこのような活動を長く続けられているのは不思議でもあります。

純粋にボランティアなら頭が下がる。

たとえ工作員であったとしても、書かれている内容は正当なので(一部疑わしいとされる史書からの引用があってもそれは解釈の問題)救われておきます。周りの全てが工作員ではないかと疑わなければならないディストピアでは、意見の内容そのものに救いを求めるしかないですね。

 

追記。【劉備が民を人間の盾にした!? 狂気のカルト発想に驚愕】

特にこの歴史修正に驚きました。

>劉備が民を武力連行した
>民を人間の盾にした
>曹操にワザと攻撃させた

背筋が寒い……。これは完全なる狂気の発言です。

まず劉備が十万人の民を武力で脅して強制連行したということはあり得ません。よくここまで嘘がつけるものです。理論的に考えても不可能だと分かるでしょう。化学兵器で脅迫し、戦車で追い立てることが可能な現代だったらまだしも、古代であの短時間で十万人を同意なく武力連行することは不可能です。同意がなければ、必ず暴動が起きて少数の劉備陣営など殺されてしまったでしょう

>民を人間の盾にした

お寒い知能ですね。

現代、アゾフじゃあるまいし。古代で民間人をわざと戦乱に巻き込み、敵を騙して攻撃させるなど物理的に不可能だということすら考えられない低知能なのでしょうか?

「人間の盾にする」ということなど、敵に背後からミサイルで砲撃されている状況でなければあり得ません。古代の兵士は剣などで人を殺傷するわけで、民間人と武装兵士を見分けて攻撃することが可能だからです(ま、相当のバカでなければこんなことをわざわざ書かなくても理解できると思いますが…)。

したがって故意に民間人をターゲットとし虐殺しろという命令が出ていない限り、古代の兵士は民間人を殺さずスルーして前方へ駆けていきます。たまたま戦場近くにいた民間人が流れ矢に当たるということはあっても、十万人が全て流れ矢で当たって亡くなることなどありません。

そもそも「民を人間の盾にする」という発想は近代、ナチスや共産主義者など悪魔崇拝者によって考え出されたもの。歴史修正主義者たちは、常日頃から自分が指揮者だったら民を盾にして殺してしまおうと考えているので、このような発想ができたのでは? よほど他人の命を軽いものと考えているのでしょう。

>曹操にワザと攻撃させた

お薬を飲み忘れた?

わざと攻撃させるも何も、曹操が民間人を攻撃しなければ良かっただけです。狙いが劉備陣営だとすれば民間人はスルーして前方へ進むのが通常の軍隊。それなのにわざわざ時間と労力を消耗し、武具も消費して十万人の虐殺に力を注いだということは、曹操は始めから民間人虐殺を計画し兵士たちへ命令していた※ということになります。

※軍隊は命令なしに動くことはできません。兵士が勝手に民間人を虐殺したりすれば罰せられます。

Translate »