認知戦とは? メディアが上から「民意」を強制、あなたが兵器となる時代

認知戦とは? メディアが上から「民意」を強制、あなたが兵器となる時代

ロシアによるウクライナ侵攻から21日、フェイク動画などを用いたプロパガンダは醜悪さを増してきました。

全てのメディアが足並みを揃えて同じ視点からの物語を叫び続ける、言わば“全方位プロパガンダ”の絨毯爆撃です。

これは民間人に対して行われるハイブリッド戦としてのプロパガンダです。

このように民すなわち一般大衆をターゲットした洗脳戦術を、最近では「認知戦」「認知戦争」と呼ぶそうです。

相手国を攪乱する目的で偽情報を流す「情報戦」とは定義が異なり、プロパガンダでマインドコントロールした民(大衆)を兵器化して使役するための戦略だと言われます。

つまり先日引用した苫米地氏の言葉を借りれば、「認知戦のターゲットはあなた!」ということです。

自身が殺戮マシーンとして消費されることを防ぐため、「認知戦」の手法を学び“精神の防衛”をする必要があると思います。

★この記事後半では中国思想『孫子』などと認知戦の違いを説明します。現在ネットで「認知戦は中華思想!起源は中国!」と嘘を吹聴している人たちがいるので(これも認知戦の一種)、騙されて誘導されないよう基礎知識を身に付けましょう。

 

認知戦争とは何か? 定義

この概念が提唱され始めたのは2010年代後半から。

デビッド・ゴールドファインというアメリカ空軍の将軍が最初の提唱者だそうで、NATOの戦略定義に加わり研究されることになりました。

 

言葉の定義を簡単にご説明します。

「認知戦」または「認知戦争」とは、英語では“Cognitive Warfare”といい、Cognitive(認知)領域でのWarfare(兵器、戦闘)のことです。

どういうことか?

現代の軍事では戦闘が行われる戦場領域として、

・陸

・海

・空

・宇宙

・サイバー空間

の5つに分かれると定義されています。

ここへ新たな領域として加わったのが、

・認知(脳)領域

です。

これは「人間の脳が戦場である」という定義なのですが、もっと正確に言えば国家トップの脳はターゲットではなく、“世論”を担うとされる一般大衆(民)の脳が主な戦場ということになります。

民主主義において「権力の主」となるのは一般大衆すなわち民。このため、相手国の情勢を握る“民の脳”を自在にコントロールするための調教こそが肝要となる、だからこれからは脳が戦場の最前線だ――というわけです。

具体的に!

実際どのような作戦が行われるかというと、

大手メディアや工作員を用い、一般大衆(民)へ特定の情報を浴びせて思考を乗っ取り(脳をハッキング)大衆を兵器として自在にコントロールし、敵国を内部から崩壊させ敵政権・社会・文化を破壊する

となります。

共食いのジェノサイドへ誘う悪魔の戦法

「思考を乗っ取る」「脳をハッキングする」とは恐ろしい表現ですね。

カタツムリに寄生して自殺へ誘導する虫を思い出しました。

 wikipediaより

この寄生虫は鳥の体内で卵を増やし、フンによって拡散することで繁殖します。そのために卵を食べたカタツムリの脳を乗っ取り、行動をコントロールして鳥が食べやすい葉先などへ誘導します。つまりカタツムリの自殺を誘導する。

「認知戦」で行われるプロパガンダ工作はまさにこの寄生虫に似て、本人の意志を奪いコントロールし自滅へ誘導するものです。

ただし人類が生んだ脳ハッキングプログラムはカタツムリの寄生虫よりも遥かに質が悪く、敵国の社会を根底から崩壊させ文化も消滅させる目的を持ちます。最終的に共食いのジェノサイドへ誘う悪魔の戦法と言えます。

【良動画】基本についてもう少し詳しい話。苫米地氏の解説動画を引用した記事

「ロシア人がネオナチに虐殺されている」はデマ? 正反対テンプレの解

 

認知戦、近年の具体例

この認知戦が実行されたと思われる近年のプロパガンダを挙げてみます。

・2020年初頭頃。新型コロナウィルス発生初期から生物兵器だとの声が専門家たちの間で上がっていたが、この声は全メディアによる一斉の「デマデマ」大合唱によって検証されることもなく潰された。WHOも生物兵器の疑いを大声で否定し、SNSでは生物兵器説を唱えるアカウントは削除されるか低浮上となった。

・2020年アメリカ大統領選挙直前、警察官によって黒人が殺害されるという事件が(民主党にとって何故か非常に都合の良いタイミングで)起きる。その後「トランプのせいで黒人が殺された」と主張する左翼メディアの一斉プロパガンダが行われた。同時進行で、アメリカ全土において極左集団ANTIFAが誘導したBlack Lives Matterのデモ隊が蜂起した。その後アメリカ各所で左翼暴動が頻発し、歴史的建造物が破壊されたほか、傷害や殺人も多発。一部地域では共産主義による国家独立が宣言され無法地帯と化した。この事実を大手メディアが報道することはない。

・「ファイザーの新型コロナワクチンは重篤な副作用ゼロ。死者ゼロ。安心安全」というリスク情報を握り潰す非科学的な報道が横行。反論者には「頭のおかしい反ワクチン陰謀論者!」とのレッテルを貼って言論狩り。さらにインターネット検索、SNS等における広範な言論統制が行われた。

・2020年アメリカ大統領選では明らかな不正投票の証拠があったにも関わらず、全メディアを使い「デマデマ」大合唱にて反論を全力で潰した。ワクチン同様に反論者へは「頭のおかしいQアノン信者」とのレッテル貼りをして口を塞ぎ、SNSでも反論者のアカウントを抹消するなど現実に共産国同様の言論弾圧が行われた。

・米国議事堂襲撃はトランプが誘導したとの反転報道、ナチスと同じ自作自演の報道で政敵トランプを全力で潰した。

・2022年現在、ロシア侵攻後のウクライナ戦におけるメディア報道、SNS全方位の「プーチン悪!」「ウクライナは善、ゼレンスキーは正義の味方!」という大規模プロパガンダが行われている。ウクライナ側のフェイク動画は検証なしにテレビで毎日流され、ロシア側の動画は「嘘」と断言されて吊るし上げられる。

等々です。

大手メディアが真顔で稚拙な断言をする(嘘をつく)

今もウクライナ戦に関して行われている通り、どちらが真実か分からない時点で大手メディアが「Aが嘘を流しています」「Aが完全に悪い」と断言。自分たちに世界の真実を創作する権利があると思っているらしく、客観的な調査もなしに幼稚な“判定”を降して強制してくる。

この客観性ゼロの一方的な判定の押し付けがおぞましく、筆者は吐き気を覚えます。共産国そっくり。まるでソヴィエトや共産中国、北朝鮮に住んでいるかのようです。

プロパガンダは「民意」もどきである

これらのプロパガンダに共通するのはメディアが強制する「民意」もどきだいうことです。上から大声で考え方を押し付けているだけのことで、決して一般から沸き上がった本物の「民意」ではないということ。

どこが「認知戦」で思考ハッキングなのでしょうか? 共感を得るための努力も工夫もない。丸分かりの単純な嘘をメディアという圧倒権力を用いて叫んでいるだけ、反論者を言論弾圧の実力行使で黙らせているだけという頭の悪い力わざ。

つまり、彼らが言うところの「認知戦」とはあくまでも「脳をハッキングしたつもり(笑)、民意の強制戦」だと言えます。

古臭いプロパガンダ手法「嘘を百回唱えれば真実になる」を相変わらず信じている。「民は家畜の羊だから我々が支配してコントロールしてやらねばならない」と考える、少数1%のトップによる傲慢な意見の押し付けです。

認知戦は失敗している

そんな稚拙なプロパガンダで民意が得られるわけがありません。

実際に今のところ一つも「民意」を焚きつけることに成功していないと思います。

左翼メディアが「民意」と呼んで映し出すデモの映像も、よく見れば現実にデモをしているのは極左活動家だけ。

 

ロシアについて言えば、一般大衆をプロパガンダで焚きつけ革命を起こし、プーチンの帝国主義を打倒してソヴィエトを再興させる計画があるようです。しかしいくら左翼が騒いでもいっこうに大衆への火はつかず革命計画は難航しているようです。当たり前ですがね。

武力侵攻した点については明らかにプーチンが悪いにも関わらず、メディアがあまりにもチープな勧善懲悪を叫ぶせいで次第にプーチンの支持者を増やしているように思います。西側左翼の「認知戦」は完全に逆効果です。

ウクライナについても同様。ロシアのプーチン大統領を悪者にするため罵倒すればするほど、ゼレンスキー側の闇にスポットが当たり多くの人が知るところになっています。左翼あるある、「雉も鳴かずば撃たれまい」です。

【再リンク】

【ウクライナの深過ぎる闇】

 

2020年アメリカ大統領選の「認知戦」でも同様の結果となりました。

新型コロナウイルス流行、黒人の死亡事件という民主党のために有利な事件ばかりが何故か起きたうえ、全面的に大手メディアが支援したプロパガンダ戦が遂行されたのですが、「民意」を動かすことは僅かもできませんでした。蓋を開けてみれば当時のトランプ大統領が史上最高得票数を獲得。このため対立候補は不自然な“バイデンジャンプ”をする他なかったわけです。スマートな「認知戦」の要素など欠片もありませんね。

その後も全メディアが「バイデン様の不正選挙はデマデマ」、「トランプは極悪非道な犯罪者」「我がバイデン様は完全正義の人格者!」と大絶叫したのですが、本当の民意は下の通りお粗末な結果となっています。

【真の民意】

 

以上の通り、ここ数年のNATO・左メディアによる「認知戦」は完全に失敗だと私は思います。

しかし大衆が誘導されないからといって引き下がる者たちではありません。

上からのプロパガンダに効き目がないとなれば、今度は金や権力を使って実力行使するしかないでしょう。そのうち反論者の肉体を拘束して拷問、言論封じのための大量処刑が始まるはずです。

 

古代中華思想と認知戦は同じではない!

さて、ではこの認知戦という定義はいったいどこから生まれたのでしょうか?

「中華思想こそ認知戦の起源だ!」と吹聴している人たちがいるので、誤りを指摘しておきます。

 

「認知戦」は中華思想だと誤解している人が多い

『超限戦』で記されたハイブリッド戦、現代の中国共産党が行う謀略戦にも共通項があるため

「認知戦は古代中国が起源だ」

「中華思想こそ諸悪の根源だ」

と勘違いしている保守の方が多いようです。

例によって“人類の悪い行いの起源はすべて中華思想”というアクロバットな謎の理論によって全ての罪を古代中国人へなすりつけるつもりらしい。

 

実は、この中華思想ヘイトも「認知戦」の一種で、東アジアに血で血を洗う民族紛争を起こすためのジェノサイド誘導だということをご存知ない? 「モンゴル帝国は漢民族による中華思想帝国」などという矛盾そのもののお馬鹿な説を主張される前に、一度中学生程度の世界史を復習してください。

【復習】元(モンゴル帝国)はモンゴル民族の国。それと古代中華は中央集権ではなく封建制です… 要、基本歴史知識:

「中華思想」の嘘を暴く。漢民族は恐怖の侵略民族だった!?

たしかに古代中国にも『孫子』があり、「兵は詭道(軍事は騙し合い)」「戦わずして勝つ」との有名な言葉は現代ハイブリッド戦に近い考え方です。(ただし現代ハイブリッド戦は『孫子』の劣化版です)

諸葛亮が言ったとされる「心を攻める」も、現代人には「民を洗脳してコントロールするマキャベリズム」と解釈されてしまうようです。

【詳細】「心を攻める」の意味をどうか正しく理解してください。そもそも諸葛亮は異民族洗脳・独裁・弾圧の意味で言っていない、史実の行動を見て:

「孔明マキャベリスト」? マキャベリ推し世論の欺瞞と真実

 

★以下、『正議』や天道について詳しい話。中華に興味のない方は「認知戦の起源」へジャンプどうぞ。

「見えない力」としての民意には前提として天意がある

今年の初めに私が書いた記事、『正議』翻訳についての解説もおそらく「これは認知戦のことだ」と誤解してしまう方がいるでしょう。

『正議』諸葛亮著 現代日本語訳(原文あり)

残念ながらフィクションの姑息な描き方ゆえに、孔明には“目的のためなら手段を選ばず”なイメージが根強くあります。このため『正議』も「民衆を洗脳して兵器として利用しようとしたんだ!」と考える人が多いのではないかと想像します。

そうではない、「見えない力」としての民意を信じて戦うということは、「民を利用する」とは全く異なるどころか正反対なのだということを強く言っておきます。(現代の認知戦を唱える犯罪者たちへ。歴史を自分たちにとって都合良く捻じ曲げ、自分たちの犯罪を正当化するために利用するのはやめろ)

たしかに上の文を読めば、諸葛亮が「民の支持」も軍事力や国力のうちだということを早くから認識していたことが分かるでしょう。しかし現代のハイブリッド戦と決定的に異なるのは、「偽物の民意」を創作して上から押し付けるということは全くしていない、その逆ですでに存在した「天意(天道)=民意」に従っただけであるということです。

ポイントは多数意見に左右されるだけのポピュリズムとは違い、道義にかなっていることが大前提の話だということ。

たとえば現代のように劣化した教育によって道徳が廃れた時代では、いくら道義に沿った行いをしたとしても称賛されることはないどころか、逆に非難され貶められる逆転現象が起きます。

しかし人類の大きな歴史で見れば、人間の本能は必ず天たる形而上に存在する“道義”へ戻ろうとします。現代中国人が文化大革命で強制されても“天道”を失わなかったように、強制が続かなければ不自然な思想は元に戻る。

人間の本能なのか、形而上に「自然法」のイデアが本当にあるのか分かりませんが、非道な行いが責められ勢力を弱まらせていくのは人類共通の絶対法則です。

もし劣化した時代の多数意見を「民意」と勘違いしてポピュリズムに陥り、悪事をはたらけば本末転倒。だから今のような獣化教育が施された時代の場合は、たとえ全く人の支持を得られなくても信念に従って「天道」を信じる他ないと言えるでしょう。そのためには天道イデアを知覚するセンサーのようなものが必要で、それこそ難しいことなのかもしれませんが。「何が善で悪なのか分からない!」と教えられたことを鵜呑みにして善悪反転に酔っている状態では無理だろうと思います。天道センサーを取り戻すことが先です。

 

以上『正議』の法則を簡潔にまとめると、

1.自然な人類の状態では、民意は天意(天道)を反映したものとなる

2.本物の民意(強制によらない自然な民意であることが前提)という、兵力以外の見えない力を得た者が最終勝利するのは人類の絶対法則

3.民衆虐殺など天道に叛いた行いをした者は一時期は栄えても必ず転落する、あるいは未来の後継者が報いを受ける

となります。

素朴な道徳観を述べているだけなのではありますが、現代軍事や政治論に照らしても間違いのない真実だと私は思います。

 

オマケの話。リアルタイムの三国時代はどうだったのか?

今の「プーチン絶対悪」「ゼレンスキー絶対善」との勧善懲悪プロパガンダを眺めていると、まるで曹操が悪者とされたフィクションの『三国演義』のようです。

そのせいでまたしても、“蜀漢正統論”などというプロパガンダが実在したと信じている陰謀論者は

「三国時代も今と同じようにプロパガンダで曹操様が悪者にされたんだ。ぜんぶ孔明がやった。孔明ってやつはどこまで汚い嘘つきなんだ!!」

と考えるかもしれません。それこそ孔明が魔法使い(笑)なのだと信じるフィクションに洗脳され過ぎ、頭が悪い人の空想と言えます。

 

何度も書いている通り、現実ではリアルタイムに曹操が民に憎まれ、劉備など蜀人物が民からの圧倒的人気を得たのです。

それはもちろん上からプロパガンダで押し付けた善悪などではなく、民間のほうから発生した自然の評価です。

リアルタイムの評価記録:

曹操ってどんな人?〔後編〕 曹操による虐殺・拷問処刑リスト。全て史実です

 

1800年前の三国時代には、テレビメディアもネット検索会社もSNSも存在しなかったことをお忘れなきよう。状況の異なる古代と現代を混同してはいけません。

嘘が圧倒的な大声で叫ばれるプロパガンダは、現代技術があって初めて可能となったものです。

もちろん古代においてもプロパガンダが無かったとは言いません。上に書いた通り『孫子』兵法で説かれているような心理戦はたびたび行われてきました。しかしメディアも匿名SNSも無い時代において、今日のように民をターゲットとした大規模なプロパガンダを行うことは物理的に不可能です。まして、千年も二千年も残るような評価を意図的に創作することなど、古代人には絶対不可能。遥か後世の「蜀漢正統論」などを、生前の諸葛亮がプロパガンダでコントロールできるわけないでしょう。

古代のように匿名が不可能な社会で、知り合いづてに噂話が広がる状況においては真実のほうがより広く強く伝わりやすい。メディアが強制するプロパガンダの無い時代においては、「火のないところに煙は立たない」という諺が正しかったと言えます。

 

ただし古代においては、真実が極端に拡大されて話を盛られて伝わりやすかったという不都合はあったと思います。スピリチュアルな考えと物理次元の考えが混ざり合って区別のなかった古代、中華では「仙術」なども本気で信じられていました。だから必ず人気のある人物は仙術使いのようなフィクションを盛られてしまうことになります。それは日本で言えば二次創作の娯楽みたいなもの、噂を聞く人たちも話が盛られていることは「お約束」として分かっているので喜ぶし、次の人に伝えるときも自ら積極的に盛るらしいです。このため、指数関数的に話が膨らんでいくことになります……。恐ろしや。

ちなみに、蜀人物について仙人のような逸話を盛った民間伝承が語られ始めたのは生前のリアルタイムです(リアルタイムの壮絶人気を史書で裏付けるのは難しいのですが、たとえば諸葛亮の死の直後に廟を建てたいと一般庶民が朝廷へ殺到したという話や、百年後にはすでに蜀人物を山車に掲げて練り歩く祭りが記録されていることなどが証明になるでしょう)。『三国演義』はその当時からの俗話をまとめたものに過ぎないと思われます。後世の『蜀漢正統論』について私はよく知りませんが、おそらく元々存在した蜀人気に乗っかった、それこそポピュリズムだったと推測します。

 

このように極端に走りやすい欠点のある華人ですが、基本的に彼らは史実・現実に基づく評価をベースに話を盛る特徴があります。

つまり、

虐殺などをして憎まれた人物は徹底的な悪人として話を盛られる。

人気を得た人物は仙術も使えるスーパーヒーローとして話を盛られる。

これが中華の絶対ルールだったようです。(現代、共産党統治下での歴史修正を除く)

 

なお、現代の「認知戦」ではこのような古代の勧善懲悪をもとにして話を創作していると考えられます。

どうやら今回のプロパガンダを計画した担当者は、プーチンを曹操、ゼレンスキーを劉備に見立てて話を創っていますね。

きっと欧米の人たちは誰も知らないでしょうが東洋人ならピンときますよねえ。

…したがって、このようなところからも「作戦の計画者は中国人である」と読めるかと思います。

戦闘手法もプロパガンダも、全てにおいて中華臭が臭うのですよ。欧米人はごまかせても東洋人をごまかせると思うなよ。

 

認知戦の起源は? 古代中華の「民意戦」との違い

もう少し根本的な話をしましょう。

現代「認知戦」論の構造を眺めていると、そもそも古代の素朴な「民意戦」とは根本から異なることが分かります。

その違いとは、

✔認知戦 … 人口比1%に満たないごくわずかな支配層(または革命の旗手)が、民へ嘘を教え込み洗脳して殺人兵器として利用する。民は家畜であり道具でしかないのだから、前線に送り込み殺戮マシーンとして消費して良いと考える。自分たちの意に沿わない民は「アウトレット」の欠陥品だから殺処分(虐殺)すべきとする。

✔古代民意戦 … 国政を担う者は「天命」を受けて政治を代行しているだけに過ぎない。「天命」とは事実上、道義で判断している民の意志である。「民意=天意=道義」であるから、為政者は道義に従って行動すべきとされる。為政者の権利の源でもあり親にも等しい民は、献身的に従い保護すべきという考えが自然に生まれる。

です。

お分かりのように、コントロールする者・される者、権力の方向が正反対ですね。

これは思想の起源が異なるからです。

 

現代「認知戦」の根本にあるのは、民を支配し消費する家畜と見たマキャベリの思想でしょう。

後にマルクス・レーニンによって家畜たる民を焚きつけ、革命のための暴動を実行させる殺戮マシーンとして利用する手法が具体化されています。これは一神教を起源とし、支配者が権力を独占するための不自然な統治手法です。不自然であるから恐怖による支配が必要となります。人類史においては比較的に最近の2千年ほど前に生まれた考え方です。

いっぽう古代の「民意」に重点を置いた統治法は、古代人類の本能に基づくもので多神教に属します。かなり古くから洋の東西を問わず存在した真なる「民主」の考え方ですが、西洋ではキリスト一神教が支配した時代以降、弾圧されて地下へ潜りました。

 

なおギリシャのアテナイには後者の民主主義を極端にした投票制度がありました。しかしアテナイの民主主義はまだ未熟で、システムに脆弱性がありポピュリズムという別のものに変化してしまったようです。また中華であっても、始皇帝が独裁支配したときに作られた「性悪説」に基づく恐怖政治は一神教とほぼイコールになります。

悪魔の洗脳プロパガンダを許してはならない

最後に重要なことを繰り返しますと、認知戦という現代軍事の定義は西洋に由来する悪魔手法です。

発祥と実行者の流れは

一神教 → マキャベリ → 悪魔崇拝 → マルクス → ソヴィエト・コミンテルン → アメリカ左翼(ネオコン≒マルクス主義トロツキスト) → NATO(下層の実行部隊はネオナチ。ウクライナにネオナチの拠点あり) ⇔現NATOトップ(アメリカ大統領)の協力者として、中国共産党

となります。

この流れを見れば一目瞭然でしょうが、中国の「中華思想」が諸悪の根源なのではありませんし、まして「プーチンただ一人が悪人」なのでもありません。

私は権威主義のプーチンのことが個人的には嫌いですが、上の囲みで挙げた悪魔たちに比べたらごく普通の古代的な為政者と思えます。むしろ、プーチンはロシア皇帝になりたかっただけの人。皇帝を気取ったために、共産主義者たちが憎悪する「帝国主義者」と見られたので潰されようとしているのです。いっぽうの習近平は皇帝ではなく共産主義の体現者となろうとしているため欧米左翼にも認められ、盛り立てられています。いずれ内ゲバで潰されるのでしょうが。

なお、最近では「DS」などと呼ばれ首謀者であるかのように誹謗中傷されているユダヤ金融界の人々ですが、ユダヤ人だけが悪なのではありません。彼らが悪魔崇拝に関わっていることは事実であり極左活動へ資金提供していることは事実でも、極左がユダヤ人だけということは全く有り得ないでしょう。「ユダヤ民族を抹殺すれば世界は平和になる」などと主張する民族差別陰謀論も、上の赤い囲みに挙げた者たちによる目くらましの認知戦なのです。

 

このような人類の精神を乗っ取り蹂躙する、奴隷支配の犯罪を受け入れてはなりません。

「民の思考をハッキングして殺戮兵器として使う」など人権侵害と呼ぶには足りない。極悪非道、非人道、許しがたい地獄の行いです。

マルクスは「この世に地獄を実現してやる!」と言って『共産党宣言』を書きましたが、今本当に彼の夢が叶おうとしています。

地上が「地獄の楽園」となるディストピアはもう、今ここ

メディアも最高権力も世界最大の軍事力も奪われてしまいました。この世界支配者となった地獄の虫たちに抗えば殺されます。

 

私を含め一般人には反抗は難しいと言えますが、せめてメディアのプロパガンダを鵜呑みにして自ら殺戮マシーンの兵器となることはやめましょう。

どうか騙され続けることをやめてください。

天地をひっくり返す「デモ」を装った地獄革命に加担しないことです。

 

【続き】ウクライナ「認知戦」、フェイクのまとめと今後の予測

ロシア軍のブチャ市民虐殺報道と、南京大虐殺の類似性【歴史捏造リアルタイム】

Translate »